FC2ブログ
2005-04-05(Tue)

クラス会があった。

 4月2日、池袋でかつての担任のクラスのクラス会があった。といっても卒業した後も定期的に飲み会を開いている女子生徒数名から、「先生もぜひ」とかねてからお誘いがあったもの。去年から何度も誘われていながら、スケジュールが合わなかったり直前でドタキャンせねばならなかったりと、いつも申し訳なく思っていたので、今回は参加の意向を伝えておいた。ところが直前に連れ合いが入院。今回もダメか、と思っていたところ義姉や親戚が「たまには行ってあげなさいよ」と言って連れの方は見てくれたので、約束通り行けることになった。
 それにしても何度も何度もキャンセルが続いていたので、あんまり断り続けると生徒たちに「自分たちは嫌われているのではないか」などと思われるのではと気にしていたので、久々にみんなの顔を見られて嬉しかったっす。
 自分で言うのも何だけど、俺ってけっこう厳しくて怖いと思われるのか、卒業後は疎遠になる子の方が多い。この不況で業界への就職もままならず、失意のうちに帰郷したり、全く別の畑の仕事に就いた生徒もいる。今回集まった子たちは皆出版業界かその周辺にいるようで、2年ほどキャリアを積んで逞しくなっていた。「取次さんの話は習っていて良かったです」とか、「あの頃教わったことはこれだったんだ、と思うことがあります」とか言われると少しは役に立ったかな、と思う。
 6時半からの飲み会は9時過ぎまでワイワイと。彼氏との関係とか人生相談ぽい話にもなったりして、とにかく皆元気そうで何よりでした。
関連記事
スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる