FC2ブログ
2005-08-18(Thu)

入院しました

今日、N大学医学部付属I病院(匿名にする意味あるのか不明…)に入院しました。
抗癌剤投与は月曜からだそうです。やはり、副作用は初回の投与がかなりハードな様子なので、正直ビビっています。とはいえ命が助かるんならハゲようが吐こうが耐えますが。
ちなみに今ここしか空いてないという立派な個室で、ベッド周りは感染予防の空気清浄機とビニールカーテンで覆われています。従って来訪者はマスク着用、入り口で手をアルコール消毒必須という状態。点滴は入ってるし、いきなり重病患者になった実感がひしひし、です。
抗癌剤投与が始まると体内で悪さをしている癌細胞、この場合は白血病細胞が死んでいく(死ななかったらこっちが死ぬ)ので、その蓄積される死骸が体外へ排出されるために腎臓に大変な負担をかけるそうです。そのために尿酸の生成を抑える薬をもらいました、今日から毎食後飲めということ。(サロベール錠100mg)
こうしてキーボードを打っていると左手首の点滴んとこが痛くなってくるので、とりあえずこの辺で。

ところで皆さん、重ね重ね、励まし、応援のメールや書き込み、お電話などありがとうございます。貧血がありなかなか個別にお礼が言えず(書けず)申し訳ないです。
骨髄バンクへのドナー登録の呼びかけなども、自分のためというより、同じような病気で延命治療を受けながら提供者を待つ身のすべての人たちのために、健康な人はぜひお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる