FC2ブログ
2005-09-07(Wed)

不在者投票

9月7日(水)

夕べは仕事のデータがメール添付で来たので、データをダウンロードさせたままノートPCを閉じて寝てしまった。ADSLのスピードが恋しいが、病院で受信できるだけ有難いと思わねば。久々に点滴がないせいで久々にゆっくり熟睡できるかと思ったが、意外と何度か目が覚めてしまった。何回か夜勤の看護婦さんが見回りに来るのだけど、そっと来てくれるので問題はない、ただ点滴生活での浅い眠りに慣れてしまったのかも知れない。それでも点滴アリ時よりは概ねよく寝られた方だろうか。6時過ぎに自主的に起きて検温し、洗顔などしたあとボーッとテレビを見ていた。その後仕事をしてデータのアップロードをしながら朝食。なかなか進まないFTPの進行度インジケータをチラチラと見ながら完食、データのアップも終えた後はやることもないのでPCのスパイダーソリティアを始める。ていうかソリティアやりっぱなし。別に何が面白いわけではないのだが、クリアできないと腹が立ち、すぐに次のゲームを開始してしまう。勝てるのは数十回に一回なので、必然的にやりっぱなし、というわけ。
昼食後、昨日貰った病院内での入院患者用不在者投票のカードを持って、衆議院選挙の投票へ行く。ここは7階、特設の投票所は階段を降りて6階のミーティングルームという部屋とのこと。点滴がないのでもちろん手ぶらなのだが、三週間ほどの入院生活で足が萎えているのか、階段を降りる運動がけっこう重い感じがしてショック。この調子だとこの先抗癌剤投与で何ヶ月もベッド生活が続いたらどうなってしまうのか…という感じだ。しかも血小板数も少なめではあるので、転んだりしないように手すりを使い、壁際をソロソロと歩いて会場へ行く。年寄りか俺は。

投票所となった部屋は三方の壁面に長テーブルを向けてあり、パイプ椅子が並べられている。同じ入院患者のお爺さんが一人、すでに投票用紙に書きこんでいる。係の女の人にカードを渡し、投票用紙の入った二重封筒を三枚貰って案内されて窓際のテーブルに座る。部屋に一歩入った瞬間から、この投票用の部屋が異様にタバコ臭いというか、物凄いホコリっぽいような臭いがしたので驚いた。換気扇が廻っているのに、篭っている臭いが凄いのだ。病院内は完全禁煙なのでタバコ臭いわけはないので、ホコリや昔のヤニの臭いだろうか。ともかくマスクをしていて良かったが、係の女性は普通にしているので、普通の人はこの強烈な悪臭は感じないのかと不思議な思いがした。何せほとんどの時間を病室のベッドに取り付けられた大型空気清浄機のエアカーテンの中で過ごしてるわけだから、綺麗な空気に慣れきってしまっているのかも知れない。小選挙区、比例代表の投票、最高裁判官の罷免の3つの用紙、書き終わって二重封筒に封をして、係に確認してもらって3つの封筒に判子をもらい、輪ゴムで束ねたものを投票箱に入れて投票完了。投票は納税者に与えられた権利だから、行使するのは当然。投票にも行かない馬鹿には税金が高いとか消費税が高いとか年金がどうとか言う資格はなし。黙って為政者がやるのを大人しく受け入れてろ、というのが昔からの持論。「投票行動をしない有権者は罰金200万円」にすればいいのにといつも思う。あと違法駐車も一般市民の携帯写メールでの通報証拠採用OKにしてガツンガツン取り締まって一回で罰金10万円プラス減点10、にすりゃ無くなりますハイ。
投票を終えてゆっくり階段を上がって部屋に戻る。息が切れるほどではないが、この程度の「運動」でも用心して動かないといけないというのは、自分が普通の体ではないことをつくづく思い知らされてしまった。しばらくすると看護婦さんが「蓄尿ももうしばらくはいいですからね」と瓶を下げられた。点滴もなく蓄尿もないと、本当に何かただ静養中という感じがしないでもない。その後主治医のS先生が来て腹を触り、容態に変化もないので週末外出をしてもいいということになった。連れ合いにその旨メールすると、家の中を掃除しなきゃと慌てていた。ていうかどんな生活してるのだ。夕方MDr.も来て、同じようなことを話していった。「何か質問とか気になることはありますか?」と言ってくれたので、ズバリ「一番気になるのは助かるかどうか、Mさん「いや、でも昔みたいにこの病気は不治の病ではありませんからね。大丈夫ですよ」と言ってくれた。

その後夕飯前に連れ合いから電話があり、俺が一時外出の許可が出たことをおふくろに言ったら、急遽上京して顔を見に来るということになったという。で、ホテルを調べてというので、一旦切ってネットで検索する。すぐに見つかったので予約の電話番号などをメールして、それからおふくろに電話で確認した。今さらながらネット時代で良かった。おふくろには「別に今来んでも」と言ったが、「顔が見たいから」という。思えば上京してから20年以上、その間実家に帰省したのは5、6回くらいか。そのうちの1回は帰省というより「ガロ」の取材でほとんど実家では寝ただけ。別な一回は正月に帰省したが風邪を引いて寝てただけだった。おふくろが東京に来たのは連れと暮らし始めたばかりの頃に一回、あとは15年ほど前の合計2回だったか。20年間に数えるほどしか顔を合わせいない上、今度は癌だという。考えてみれば何と親不孝な子だろう。親に対する最大の親不孝は逆縁だと思う。それだけは絶対に避けたい、頑張って生きなければ。
関連記事
スポンサーサイト



カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる