FC2ブログ
2006-04-16(Sun)

微熱続き

4月15日(土) 朝36.5℃ 夜36.8℃
前の晩は久々に食欲が通常に戻って、連れが買ってきてくれたサバ塩弁当を完食。夜は12時ころ寝た。朝のバイタル、血圧と心拍数がここのところちょっと高めなので気になる。微熱も相変わらずだが、やや低く落ち着いてきたか。めまいはずいぶん治まった。4時ころ、病院の帰りに連れがマクドで買ってきてくれたダブルチーズバーガー、ポテト、あとコーラで遅い昼飯。連れは明日からまた京都行き。最初の講義が始まるクールなので、夕方5時過ぎからバタバタと荷物支度をしている。

4月16日(日) 朝36.2℃ 夜37.1℃
夕べは12時ころ寝たが、その後2時半ころ胸というか胃の辺りに痛みを感じて目が覚める。ただ先日のような吐き気を伴うほどの強烈さではないし、息苦しさもないのだが、どうも胸から腹にかけて全体が苦しくて痛い。便秘を疑い、まずは一度起きてトイレで踏ん張ってみるが、少量の便が出ただけで変わらず。しばらく様子を見るためにそのまま起きている。
実は病院へ行く前、胆石かもな…とは思ったのだが、病院で「風邪」と言われたのでそうかな、と思っていた。ノートを立ち上げて、改めて胆石を調べてみると、やっぱり微熱、せん痛、右肩への放散痛その他、全てが当てはまった。油こいものを食べたり、過度に消化に負担をかけるようなことをすると、胆汁を出そうと胆嚢も頑張るが、石があると当然詰まったり当たったりしてひどく痛むというメカニズムだ。
というか、だいたい俺は胆石持ちであることは去年の夏、入院中のエコーで判明している。特に痛まないので放置しているところだが、それがこうして痛んでいるということだろう。何せこれほど自分でも自覚するほど、唐揚だの肉だの天ぷらだのトロだの、これまで油こい高コレステロール食品が大好きでバクバク食ってきた人間が、数年前に板橋区医師会病院の勝呂先生にお願いした際の血液検査では、先生に「コレステロール値が低い」と言われて首を傾げたほどだ。その時は俺が原因不明の目眩や首・頭痛などに悩まされた頃で、今にして思えばストレスだと思うのだが、連れ合いが心配して検査を受けるように引っ張って行かれた時だった。勝呂先生は今や名誉院長をされており、そろそろ引退をお考えということだが、その当時はニコニコといつものように柔和な笑顔で俺の手を握って、「旦那さん、いろいろ心配が続いてますからね、マグロの刺身とかたらことか納豆とか、栄養のあるものをしっかり食べて」と言われた。それらは俺も大好物でよく食べていたから、「はい…」と言いつつも心中「おかしいなあ」と思った次第。
それから数年の後、去年の夏に日大病院で「血液の癌」と言われて、ひょっとしたらこの病気のせいなのかと思ったが、よく考えれば説明にはなっていない。編集者って理詰めの生き物なので、理屈が通らないと納得できない、というより理屈を理解しないと納得できない。
…胆石はその成分も成り立ちも、大きさも数もその保有者によって千差万別だそうだ。また、一番多いのはコレステロール石だそう。俺の場合、推測だが長年かけて胆嚢がせっせとコレステロールを石にしていたので、血中では逆に薄かったのじゃないだろうか? あれほど高コレステロール食を摂っていたというのに、医師が注意するくらい低値だったというのは、そうならば合点がいく。
胆石だとすれば、まず石の数や大きさ、成分分析をして、それを取るかどうか、薬で溶かせるか、衝撃波で破砕できるか、などを決める。もし手術となれば、腹腔鏡でも一週間、開腹なら二週間から三週間の入院となる。薬で散らせればいいが、こういう痛みという症状が出てくるとダメな場合が多いらしいし、先日の採血によるCRP=炎症反応が風邪のせいではなくもしコレだとしてら、すでに胆嚢炎を起こしているかも知れないし。となると、緊急に摘出するなりしなければならないだろう。
どっちにしても今は我慢しとくしかねえや、と思ってパソコンを閉じて布団に戻る。その後痛みは徐々に薄れて何とか眠れ、今朝は連れ合いが先に起きた後、9時半ころ起きた。朝は昨日買ってきてもらったおかかのおにぎり1個と野菜スープ、食後にコーヒー。連れ合いは支度をし、11時半ころ京都へ出かけていった。その後は痛みも幸い今日はないので、仕事をする。昼ころ小腹が空いたので残っていたたらこのおにぎりと、カップヌードルのカレーを1つ食べた。これだけ食欲が回復すりゃあ大丈夫だろう、という無根拠の自信に、我ながら呆れる。胆嚢炎を起こしているのならこうした小康状態も長くはないだろう、どちらにせよ無症状の場合はほっとくしかないのだ、俺の癌のように。
夕方になって一人で近所に買い物に行く。炭酸飲料、晩御飯用の野菜炒め用野菜、パソコン雑誌などを買って帰宅。ひさびさにちょっと歩くと動悸がする、ヒザの関節が笑う。年寄りか俺は。夕飯は結局ご飯ではなく、簡単にジンジャーエールと唐揚とジャムパンで済ませてしまった。唐揚なんか食べたら、また胆石が痛み出すのではという思いもあったが、反面試してみたいという気持ちもあった。幸いそれから4時間ほど経った今は10時前だが、痛みはない。
連れ合いからはホテルに着いてから一度電話があった。何か風邪気味だという。今日は風呂に入って暖かくして早く寝ろと伝える。
関連記事
スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる