FC2ブログ
2006-05-30(Tue)

5月分更新について

ええと、最近更新なくてすみません。
ていうか一ヶ月ってはええなああああ…と、オッサン実感しています。

実は連れ合いであるやまだ紫が今春から教授に就任した京都精華大学というところに、今月一緒に行ってきました。このあたりのことも含めて、いずれ5月分はまとめて時系列にアップしますので…。
で、当初3日ほどの滞在の予定が、やまだの入試説明会への出席が入り、5泊6日となりました。んで、やまだは去年秋から何度も京都へ出張しているものの、結局ホテルと大学の往復だけだったので、観光も全くしてなかったということで、じゃあ観光でもすっか、と。例によって祇園とか八坂神社とか金閣寺とか妙心寺とか、まあ行き倒したんですよ、そしたら去年入院、退院した後は病院や近所以外はほとんどヒッキーだったので、足が萎えてたんですな。そこへもってきて突然物凄い距離を歩いたので、足首と膝がガクガクになってしまったわけです。
東京へ帰ってきて次の日から、もう歩くのも痛くてキツく、さらになぜか両手の指もごわごわにこわばり、全ての指がつき指をしたかのような痛みがありました。以前、手首の付け根、外側の折曲がる部分にコブのようなものが出来たと報告をしましたが、それが両手に、また指の関節にも小さなものが出来てます。さらに、膝が痛くて正座はおろか胡坐もかけなかったんですが、これがよく見ると、膝の関節の上あたり、だから手でいえばちょうど手首のコブがあるあたり、つまり膝小僧のちょい上の両側に、やはりぷっくりとコブができている。これが痛みの原因だったわけです。
よく膝に水が溜まったとか言いますが、それとは違うみたいで、医者も病気と関係があるとは言わず、ないとも言わず、痛みがひどいようだったら、あるいは続くようなら整形外科で中の成分を調べてもらってとのこと。

というわけで歩くにもキーボード打つにも痛みと戦いながらなので、ちょっと更新も萎えていました。
このところちょっと良くなってきたので(というか慣れ?)、5月分、また更新しますのでよろしくです。

タミオさんご心配おかけしてすいません(#^.^#)。
まりさんや龍ちゃん、いつもいつも本当にありがとうございます。あなたたちの励ましがなかったら、世をスネて線路に置石とかするような人間になっていたかも知れません。というのは冗談ですが、ともすればダウナー系に落ち込みがちな気持ちを、あなたたちのコメントによって救われてきました。感謝します。
「ナンだ、癌だつうからすぐ死ぬのかと思ったらなかなか死なねえじゃん」と思ってる人たちも、そういわずにコメントなどしてくださいね(笑)。
すぐ死ぬかも=というのが=いつ死ぬかわからん=になっただけで、治ったわけではないんで、引き続き生きてる間にお話でもしましょう。
関連記事
スポンサーサイト



カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる