FC2ブログ
2009-10-22(Thu)

やまだ紫 復刊第一弾「性悪猫」発売中

性悪猫広告画像

皆さん、お待たせいたしました。
2009年10月22日、やまだ紫の、不朽の名作『性悪猫』が発売されました!
<10/21>
★Amazonさんから購入可能になりました。
性悪猫
やまだ 紫
小学館クリエイティブ

このアイテムの詳細を見る



著者:やまだ紫
書名:性悪猫(しょうわるねこ)
発行:株式会社小学館クリエイティブ 発売:小学館
定価:本体1,400 円+税
ISBN978-4-7780-3129-9 C0079 1400E

判型はA5判並製で、総ページ数は164ページ、うちカラーグラビアが4Pです。
解説は中野晴行さんです。
収録作品は1980年に刊行された青林堂版「性悪猫」〜ちくま文庫版「新編・性悪猫」〜筑摩書房「やまだ紫作品集5巻」収録の「性悪猫」に準拠していますが、今回はそれに「長ぐつ はかない ねこ」の単行本未収録作品2本を新たに収録しました。

さらに復刊特典は
・青林堂版のカラーイラストの復活
・「猫ギャラリー」にオリジナルワインと日本酒ラベルの猫イラストを収録
・「性悪猫」発表以前に描きためていたと思われる、猫の細密画などをモノクロイラストギャラリーに収録

です。
また、今回の復刊に際し、作品の収録順もオリジナルの青林堂版を巻頭に、発表年順にいたしました。

中野晴行さんの解説部分では、あの「COM」休刊後に一部スタッフが刊行した幻の「あっぷるこあ」に収録された、「性悪猫」の原型が一部見られます。これはファンにとってはたまらない貴重なものとなっています。


白取より僭越ながらひとこと。
「性悪猫」という作品は、出逢った人がその人生の節目節目で、必ずどこか心に響くところがみつかる作品です。すでに持っておられる人、かつて持っていた人も、まだ出逢っていない人は必ず、買ってくださいね!
また今回は「復刊」ですので、部数はとても少ないです。
けれどもその分、長く、切らさずに伝えていっていただけるということを、小学館クリエイティブさんに了解していただきました。心より感謝申し上げます。
お近くの書店さんに無い場合は、上記の書名、版元名を言っていただければ注文することが出来ます。書店さんでお受け取りになれば、送料もかかりません。
皆さん、やまだ紫の素晴らしい作品を、これからもよろしくお願いいたします。
Amazonからはこちら

◆10/23追記
今回、復刊ということで部数が少ないため、本来ならば謹呈せねばならない方すべてにお送りすることが出来ません、申し訳ありません。
この名作との「新たなる出会い」を優先させていただきたく、ご容赦願えれば幸甚に存じます。
関連記事
スポンサーサイト



2009-10-22(Thu)

twitter公開しました

10月22日(木)

夕べは12時過ぎに寝られた。今朝は長い夢の途中、6時過ぎにいったん目が醒め、うとうとして8時前に起きる。今日も穏やかな秋晴れ。
帯状疱疹は、夕べ寝る前に抗ウィルス剤入りの軟膏を疱疹に塗り込んでから寝た(塗った時の痛かったこと!)せいか、痛みは鈍くなっている。だが相変わらず擦れると痛い。ただ発症時の、内側から疼くような鈍く強い「嫌な痛み」はだいぶ無くなった。体内のウィルスは息も絶え絶えという感じだろう。はやくバスターされやがれ。

それから階下に降りて朝のことを済ませる。昨日までと違って右足を引き摺るようなことはなくなったものの、まだ痛いことは痛い。今日は花を買いに行きたかったが、スーパーで買い物しての行き返りはまだ無理っぽい。
朝は買ってあったサンドイッチとカフェオレ。抗ウィルス剤を飲む。しばらく転がってBSを見ながら様子を見ていたが、半身を起こそうとすると痛いので、一応ロキソニンも飲んだ。
しばらくすると効いてきたのか、体表面以外は痛みが薄らいだ。メールをチェックしたり、仕事の連絡を今のうちにやろうとPCを起こす。知り合いから「その後帯状疱疹大丈夫ですか、ご飯とか食べてますか?」と心配のメールが入っている。
とにかく病人の一人暮らしになっちまったので、何かと遠方の身内や知人友人に心配をかけている。とはいえ毎日ブログ更新だとちょっと面倒なのは事実。というのも、このgooブログは異常に書き込みや画像貼り付けなどのシステムが面倒で使いづらい。ていうか他のブログ知らないけど。
手元の画像ファイルをアップロードし、記事に貼り付けるなんて作業、これ絶対高齢者とか出来ねえぞ、と思う。しかも俺の場合はgooブログのイメージ貼り付けがかなりおバかさんなので、自分でアンカーを作っている。時々面倒くさいのでタグを手打ちしたりもしている。そんなんhtml知らん人は絶対無理だろう。ローカルのフォルダからドラッグとかさせるわけに行かないんだろうか、無理か。

とにかくブログ更新だと、今こうしているように、日々つけている日記を整形してアップロードするというハードルがやや高いのだが、Twitterなら仕事の合間でも、寝転がってでもちょろっと書き込めるな…と思い立った。

実は、アカウントはもうけっこう前に取っていた。オバマ大統領がツィッてるとか、先日は日本の若者に「Twitter依存症」が増えているというようなニュースも見た。
その一人暮らしの大学生は朝起きたら携帯から「起きたなう」(笑)と書き込み、数分後に歯を磨いたとか飯食ったとか家を出たとか電車に乗ったとか学校着いたとか、もうそれこそ分刻みで「つぶやいて」いる。
正直、これがもし本当の口に出しての「つぶやき」を一人でブツブツやっていたら、完全なガイキチだよなあ、と思った。
自分は強度の「記録魔」人間であると高校時代から自覚はあるのだけど、さすがに分刻みで自分の行動を世界に発信しようという、ある意味露出狂的な部分はない。

だが、俺のような独居病人が「生きている」ということを、気にしている人たちへ知らせる手立てにもなるわけだ。取ってあったアカウントは非公開にしてあったので、公開する。そのついでにいくつかつぶやいた。
といっても「〜してるなう」はとても恥ずかしくて使えないが(笑)。だいたい「超なになに」という言葉遣いが恥ずかしくて出来ない世代だ、仕方なかろう。

昼は薬を飲むためだけに、カップ麺を食べる。食べていると下のI内科医院の奥さんから電話があり、「いらっしゃいますか?」と言われるのでハイと答えると、わざわざ上まで野菜ジュースを持って来て下さった。
先日オートロックの鍵を忘れて大騒動を起こし、迷惑をおかけしたので、御礼にとやまだ紫Tシャツなどをお渡しした。それへのお返しで今度はジュースをいただいてしまうとは情けない。
今度お持ちしようと思っていた復刊「性悪猫」に、もう「贈 I内科クリニック様」と書き入れてあったのを一冊、お渡しする。何だか贈り物合戦のようになるので、本当にもうお返しはしないで下さい、とお互いに恐縮し合って、何だかおかしな光景であった。

twitterはここです。 白取千夏雄 shiratorichikao on Twitter
関連記事
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる