FC2ブログ
2011-04-02(Sat)

散歩

4月2日(土)

早朝、階下でどんがらがっしゃん! という音がしたので、フッ飛んで降りた。いつの間にか人の布団の上で重しのように寝ていたユキがいない。降りてってみると、案の定ユキが階段を上がってくる途中で固まっていた。
耳が聞こえない猫だが、そのぶん人やものの動き、目からの映像や衝撃には逆に敏感だ。
さて、何をやらかしたか…。
そう思って電気をつけると、「カリカリ」(猫用の乾燥エサのこと。非猫飼いには通用しないことを数年前に気付いた)と水のトレイ脇に立ててあった、プラ製の密封容器が倒れて転がっている。どうやらカリカリの新しいのが欲しいらしく、隣の台の上にある大袋を覗こうとして(といってもちゃんと口は閉まっている)、空のプラ容器に手をかけて転がしたらしい。すごい音はプラ容器が床ではねて食器と当たった時のもので、何かが割れたり飛び散っていることはなかった。

やれやれ脅かすなよ…とちょっと安心し、ごはん皿に残っていたカリカリを捨てる。要するに湿気てる、まずい、新しいのよこせ、くれないなら袋覗き込んで勝手にひっぱり出すぞ…という行動だったようだ。
皿を一回洗ってからよく拭いて、新しいカリカリを入れてやると、それらをじっと見ていたユキは「よし!」と言う風情で食べ始めた。この野郎。いやこの女、か…。

時計を見るとまだ6時前、トイレへ行ってふらふらとまた二度寝に戻る。しばらくするとユキが上がってきて、布団に入れろという。もう勝手にしろ…。

その後9時過ぎに起きてトーストと紅茶を食べ、ベランダへ出ると、かなり暖かい。そよそよと風が通り、うす曇りからの陽射しも柔らかくて気持ちが良い。散歩でも行くか、冬の間に萎えた足腰をちょっとでも戻そう。
そう思い、段ボール類を畳んだりゴミをまとめたりした後、昼ころに着替えて外へ出た。

頭が今海兵隊状態(超短髪)なので、一応ニットの深い帽子と、感染予防のマスクはいつもの通り。近所のT交差点方面へ歩き、川端に出て?野川を南に下る。本当に気持ちがいい。昼過ぎになって何か食べたくなってきたが、外でうかつに何かを食べるとたちまち「下る」ことが多いので、外で食べる時はあらかじめ覚悟をして来ないといけない。今日は覚悟をしていない。
しばらくゆっくり歩いたり立ち止まったりしつつ、ベンチで一休み。ああ、カメラを持って来れば良かった、また忘れたな…とぼんやり考えながら、ただじっとしていた。年寄りか。
休日で暖かいせいか、歩いている人も多い。犬連れの散歩、子供連れの家族、若いカップル、老夫婦。御蔭橋まで出て、それから東大路へ出る。つらつら歩いているうち、本格的に腹が減ったので、スーパーへ寄った。

先日、気に入っていた大振りのマグカップを洗っていたら、ボキッと取っ手が取れてお払い箱になった。新しいのを買おうと上階へ行くが、どうも中途半端な大きさしかない。ガブガブと飲みたいんだよ、チマチマ入れ換えたりするの面倒じゃん! という人用のどでかいカップは見あたらないので、しょうがなく一番大きいのを買った。それでも前に使っていたのの3/5くらいで、不満。きっと別なのを買ってしまいそうな確信に近い予感がある。
同じフロアで日用品などもゆっくり見て、それから食品売り場で、まずは目的の菜の花と鯛の切り身を買った。
こないだテレビを見ていたら上沼恵美子のおしゃべりクッキング(笑)で「菜の花と鯛の中華風卵スープ」(だっけ?)というのをやっていたので、作る気満々。
その他適当に細かい買い物をしていると、精肉コーナーで「はい、ただいま牛肉全品4割引ですよ!」と呼び込みの声。4割だと!?とピキーンと反応して、くるりと売り場へ引き返す。
反射的に戻ったとはいえ、1600円のサーロインステーキや3800円の焼き肉セットとか、4割引になってもとても割高なので、結局チラッと見ただけ。
そしてなぜかポークソテー用の豚肉を一枚購入。これは負け惜しみ。

買い物袋を下げて戻ってくる頃には、軽く汗ばんでいた。家の近くのバス停には、くたびれた表情で観光客らしいオッサンが、半袖Tシャツ一枚で腰を下ろしていた。さすがにそれはどうか、と思ったが、マスクをしているのはかなりうざいほど、暖かい。
帰宅2時過ぎ、心地良い疲労感。京都は19℃越えだそう。
買ってきたものを片付けてから、昼飯を買い忘れたことに気付いた。

花菜なので早速、「鯛と菜の花の中華風スープ」を作ることにした。
京都産の菜の花というか「花菜」が1パック、けっこうな量でたったの210円。スープには半分でも多いくらい、残りはおひたしか冷凍か、と思いつつ洗ってから塩で下ゆで。スープ用は後で煮るから早めに水にあげて色止めしておき、中華スープを別に沸かす。
味付けは塩・胡椒のみ。味を調えたら火を消して片栗粉でとろみを先につけておく。

鯛の方は一口大の切り身にして、塩・胡椒・酒・片栗粉を混ぜたものをボールで全体にまぶしておく。
スープに先にとろみをつけるのは、鯛を入れた後だと混ぜる時に鯛の身がほぐれてしまうからだそうだ、なるほど。
とろみのついたスープに鯛を一つ一つ間を置いて落としておき、その上に菜の花を並べて、再び火を弱くつける。鯛に火が通ったらもう完成なので、その間に卵を一個、強く攪拌しておく。
最後に卵をけっこう高い位置から泡立てるように廻し入れて、仕上げにごま油をたらせばもう完成。


…なのだが、溶き卵の混ぜが甘かった。本当は泡のようになるまでかき混ぜて、ふわふわで黄色い彩りになるはずが、ただのかき玉になってしまった。
しかし見栄えは悪いが味は実にいい。鯛のうま味と中華スープ、あとは塩胡椒のみなのに、春の味を堪能。
完成
関連記事
スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる