--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-01-22(Sat)

イッセー尾形演じる昭和天皇ベルリン映画祭に

イッセー尾形演じる昭和天皇ベルリン映画祭に (WEB報知<--YTDさん)

 いやあびっくりしましたね。巨匠・アレクサンドル・ソクーロフ監督のロシア映画「太陽」に、イッセー尾形が昭和天皇役で出演とか。皇后役は桃井かおりだそうで。桃井はどうでもいいですよ〜(byだいたひかる)なんだけど、イッセー尾形は「都市生活者カタログ」時代からのファンなんで。
 若い人には最近だと時々CMに出てる変なオッサン、という印象しかないかも知れないが、この人天才ですよ。天才というか、努力型の天才的演技者、という方が正確か。このところ若手お笑い芸人ブームとやらで、一人芝居系の役者も出てきている。劇団ひとりとか友近とか青木さやかとか陣内智則とか。はっきり言って、イッセー尾形の足許にも及ばないですな、全員。もっともっと精進せんとあかんですよ。
 例えばもう十年以上前の「バーテン」の演技。伝説の「アトムおじさん」。今思い出しても凄いの一語に尽きる。うちなんか今でも普通に
「もっとクーラー、きっかっせっよ」(byバーテン)
とか夫婦で使ってますからね(笑)。もうほとんどの人知らねえ、つうのこんなネタ。
 最近では「歌モノ」と言われる楽器(主にギター)を使ったものもあって、芸域をさらに広げている。中でも昔のアングラフォーク女性歌手を演じる「歌姫」、演技も凄いがその「歌」そのものが傑作。本当に当時あったあった、と言われそうな傑作だ。ここ数年の歌モノでは「大好きマイルーム」も凄い。というか、80%以上は間違いなく傑作(たまに?もあるが)。

 というわけでイッセー尾形が昭和天皇を演じる、ということだけで必見の感じがしないでもない。んがしかし、1945年・終戦直後の日本を舞台に昭和天皇の苦悩を心理的描写も中心に描いた作品…というから、問題はやはり昭和天皇の「描かれ方」だろう。
 我々の世代だと親は戦前に生まれ、祖父は実際に各地へ戦いに行った。で、けっこう「昭和天皇は短気で有名で、御前会議では戦局が悪化するとイライラして怒鳴ったりしてた」とかいう話は普通にあちこちから聞こえてきていた。いやもちろん、御前会議でそれを直接聞いた人からこれまた直接聞いたわけじゃないですよ。でも知り合いのオッサンに右翼がいて、その人でさえ認めていた。「陛下は戦後日本の平和のために、生かされたのだ」つってたし。それが生き証人がどんどん死んでいくと、いつの間にか「軍部とりわけ陸軍の暴走で、陛下は心をいためておられた」…とか美談になってるし。そうして結局世界三代独裁者=「ヒトラー・ムソリーニ・ヒロヒト」は日本だけ「東條」と教えているわけだ。それどころか最近じゃ「朝鮮併合」も「731部隊」も「南京大虐殺」も「従軍慰安婦」も、日本人が「悪いことをした」つっただけで「自虐史観」呼ばわり。いやはや右傾化物凄い昨今。

 戦前の大日本帝国憲法では間違いなく国家の最高権力者であった「天皇」が、「戦争遂行の罪」であるA級戦犯に問われることもなく、生かされた。もちろんそれはマッカーサーら日本占領軍、アメリカが共産主義陣営との対立構造をにらみ、日本を防共の防波堤にするためにとっとと舎弟分として立ち直ってもらわなければならなかったからであり、結果的にそのために天皇を利用しようとした側面がある。
 歴史に「もし」「たら」はない、とよく言うが、もし天皇が「Death by hunging」になっていたら、日本人は一億総火の玉になり占領軍と徹底抗戦しただろうか、今のイラクのように日本全土がゲリラ戦で焦土と化しただろうか。民主化が遅れただろうか。
 あるいはGHQの当初の占領政策が「戦前の右翼国家主義の駆逐・日本の民主化」から「防共」へと大転換していなかったら、もし当初の目的通り戦犯の断罪をキッチリ行っていたら、日本は解放された社会主義者や共産主義者など左翼勢力が跋扈して、結果スターリンが欲した北海道を取られて日本は南北に分断されただろうか。
 まあいろいろ想像は勝手なんだけど、「もし原爆を落とさなかったら日本は本土決戦をやろうとしていたんだから、間違いなく戦場となり焦土と化していた。だから原爆投下は正しい」という論理にちょっと似てる。もちろんこの論理は「ありもしない『最悪の仮定』を引き合いに出して『自分たちの悪行』を肯定する」卑怯な論法であることはもう明らかなんすけどね、アメリカ人以外には。

 日本は戦争中、悪いことをたくさんしました。でもいいことも、しました。アメリカも同じです。戦争というものはそういうことでしょう?

 そんなこんなでもう、日本の戦争への道、戦争で行った所業、そして戦後をフガフガしないでキチンと描いてもいいと思う。それがロシア映画ってところが何かアレですが(笑)、興味深いことは興味深い。イッセー尾形が演じることも併せて、楽しみだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ああ〜

舞台に足を運んでたのがかれこれ5年ぐらい前まで。
なんかチケット取りづらくなってから足が遠のいちゃったんですよねー
ビデオは近所のレンタル屋にも置いてないし。

あ、でも、最近はネットでチケット取れるし、イザとなりゃオークションって手もありますな(笑)

もう、どうでもいい話がなんであんなに面白いんだろう。
今度久し振りに行ってみるかなぁ。

東京の、おぢさんだ。

「懐かしい」ということは、最近は見てないってことすか? ウチはいまだに笑ってます(笑)。
「おめぇよりバカ、駒田ぐれぇなもんだ」とか。現役。「南砂!」とか聞くと笑っちゃいますな。すぐに「あ、マーマ、あ~たた~めてぇ~」が出てきて。
ってここイッセー尾形知らん人にはチンプンカンプン。
どっかの喫茶店とかで、バーテンのフレーズとか、往年のネタを大声で使ってみたいっすね。んでピクッと反応する人とかニヤリとする人がどれくらいいるか。。

半分ハンガー!

 いや懐かしいっすイッセー。(敬称略)
 今はなきジャンジャンでの公演も何回か観に行きましたわ。あと草月会館の秘密公演とか。
 印象に残ってるネタと云えば、売れないムード歌謡歌手「ツヤマヒロシ」かなぁ。今でもあの「ツヤマヒロシでゴザイマス」ってフレーズが時々頭に鳴り響きます。

 そんなイッセーが昭和天皇ですか。うーわー。何とも感慨深い。色々な意味で。

バーテンネタDVD!?!

いいなあ。サイン付かあ。。。いや、悔し紛れに言うんじゃないですけど、あんまり本人と近くなると別の感情とか入るんで、俺あんまり好きになった人と仲良くならないようにしてるんです(笑)。負け惜しみじゃないです。ああ悔しい。

以前あるバンドのメンバーと仲良くなって、よくライヴにも招待していただきました。んで当然お礼に終わったら楽屋とかいくでしょ、そうすっと関係者ヅラしたそういう連中が特権意識みたいなもの持っちゃって、俺らが入っていくと「フウン、新参者?アナタだれ?」みたいな、鼻持ちならない表情と目線でこちらを嘗め回すわけです。そういうのがイヤでもうご招待はお断りするか、行っても後でお礼を言うようになりました。ええ、全然関係ないですね。畜生。

ところでイッセー尾形に目をつけ役者としても高い評価をしているソクーロフ監督、慧眼といえましょう。なので映画も期待大ですが、イッセーさんの演技に関してはもう全然安心していても、映画そのものについては本文にも書いた通り不安と期待が入り混じっています。右でも左でもない、真実と言わないまでも事実に近いかたちで描かれるといいなあ、と。
右的には降伏後に火事場泥棒みたいに無法の限りを尽くした「ソ連軍」への恨みがあるんで、ロシアがこういう映画を作ること自体がもうトンデモないことだろうし。左的には天皇をちょっとでも良く描いたら描いたで、嘘だ虚構だ奇麗事だ転向だプロパガンダだと言うだろうし。ってそんな時代じゃないか。。。それにしてもサインかあ。うらやましい。。。

みっちゃん。

去年の初頭頃のイッセーさんのライブで配られたアンケート用紙に添えられた近況で「ソクーロフ監督の映画の撮影をしている」と書かれていました。なんでも海外公演等の噂を聞きつけた監督がわざわざ一人芝居のビデオを取り寄せ、大変お気に召して「彼が私の3部作を完結させる俳優だ」と熱烈なラブコールを送ったそうです。映画の内容については一切触れられていなかったので、まさか昭和天皇を題材にした映画だとは思いもよらず大変驚きました。日本で公開するときつまんない横やりが入らないのを祈るばかりです。
実は僕も白取さんご夫妻のお好きなバーテンのネタが好きなんです。ライブ会場に行くとジアンジアンのライブのDVDが会場限定で買えるんですが、バーテンのネタを網羅したDVDもあって3000円くらいで買えますよ。会場で買うとイッセーさんがサインしてくれるので僕のバーテンのDVD-Rにはイッセーさんのサインがでかでかと書かれてます。15年ほどビデオで観るだけの一方通行の片思いだったので握手してもらったときバカ緊張しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。