--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-02(Fri)

あきらめも肝心

2012年03月02日(金)
朝から雨の京都。比叡山の山頂は靄っていて見えない。
さーて。

■あいかわらずWindows7のUpdateが「再起動しろ」と表示を出してくるので無視して「4時間後に再通知」とする。
Updateをインストールして再起動すると起動途中でインストールに「失敗」し、更新前に戻す、という余計な工程が加わる。
PCって色んなソフト…常駐ソフトなどやスタートアップ項目が増えるたびに元来「起動が重くなるもの」であり、もっさりしてくるのは仕方が無い。が、そこに、
Updateインストール→失敗→元に戻す
という非常に無駄な時間が加わるのだ。ただでさえ起動が遅いのに。

■もう一つの問題点、「ページングファイルがうまいこと設定されなかったみたいっす」というメッセージも、起動後に確実に出る。
これはメインメモリ、物理メモリとは別にスワップする場所と量を指定するものと理解しているが、当然対処法としてはシステムドライブとは別な場所…比較的高速で大容量のHDDなりに、推奨値の上限を確保する。最小値と最大値に差を作ると断片化が起きやすいので、同じにしとけ…という情報もあるので、双方同じに設定する。
メインメモリが8Gb「しか」なくノートなので増設するには今の4Gb2枚を抜いて8Gbを2枚買ってくるしかない。高えよ。
従ってスワップ先は必須…と考えるのだが、これが設定したのに再起動するたびに
「うまいこと設定できなかったわ、すまんな」と言われる。
すまんな、とは言わないか。言ってくれよむしろ。

PCの立ち上げのたび、この2点のために非常に時間を食い、ついでにストレスも増えるのだ。

■もう一つの問題点。
「バックアップと復元」がブッ壊れている件。
「前回のバックアップは正しく完了しませんでした」なのでバックアップを取ろうとすると失敗。システムの復元点の設定も必ず失敗。


この上記三点の困った問題に関してはご報告通り、当然ながら自力での解決をさんざん試みた。
トラブルシューティングやヘルプを頼りに、いくつかの手順を試し、また順番を変えてテストもする。
どうしても解らなければサイトを調べたりMicrosoft公式を参照する。
またこの公式の役にたたなさ加減はあきれ果てるが、それでもこちらの推察で、まるで推理ゲームでもさせられているかのように「求める解決法」へ近付こうと、ユーザー自身が甚大な努力、時間的肉体的精神的な浪費を強いられる。
こういう「探索」に耐性があり、ある程度愉しむくらいの感覚がないと、おそらくブチ切れるかサポートに電話して悪態をつく人が多いだろう。
まあ探索したところで公式では大概何の解決にもならない。事実、上記三点について、何ら解決法はなかった。
「おそらくこういう原因でしょう」くらいまでは判明する、しかし「なのでこうすれば正常に戻ります」がない。

さて、何でとっととサポートディスクへ電話なりしないの? と言われそうだけど、元々サポートを煩わせるタイプではなく自力派であるということもあるが、当然今回に関してはお手上げなので当然サポートのページへ向かうしかなかった。
でOSのシリアルを入れたら、
「お客様の製品はサポート対象外です」ということで、要するに買ったマシンのメーカーに聞けと。

自分とこが作ったソフトなのに供給先のハードメーカーに聞いてくれという木で鼻をくくった対応。
で、信じられないことに「それでも聞きたい場合は金を払え」という事(有料サポート)らしい。
おほほほほほほ!
いやあ、ここで本当に笑っちゃいました。
そこら辺の怪しげなソフト作ってるメーカーじゃないんですよ。Microsoftが。

あとの対応としては、時間が空いた時にクリーンインストールをする。
その前にデータやソフト類、その設定などのバックアップを自力で作っておく。
市販ソフトを何か買わされることになるんだろう。
結局、今どき必須と言われるセキュリティ対策としてWindowsデフェンダー、ファイアウォールがあるが、
みんな市販のセキュリティソフトを入れざるを得ない状況。
さらに、7でバックアップや復元が容易になったと謳っておきながら、この体たらく。
結局市販のバックアップソフトに頼らせるという構図。
本当、こんな中途半端なもん世の中によく出せると感心します。
もういいわ…。
諦めも肝心。


年食っても貪欲な人も多い昨今、自分のような病人は残された時間がどれくらいか解らない。
「PCをあと3,4年持たすつもりで…」と昨日書いたのは、そこで血液の癌を宣告されて10年になるから。
10年生きる人はほとんどいないという病気で6年生きた。
先生がたも内心「何で生きてられるんやろ、この状態で」と思ってるかも知れない。自分もそう思う。
当初5年生きられるなんて、本当に夢にも思わなかった。口では「生きてやる!」と言ってたけど、もちろん「希望」であり「目標」で、カラ元気だった。
でも実際、半数くらいの患者が死んでくという5年を超えているわけで、ならもうちょっと生きられそうかも、
なんて色気が出て来ている。

病気の前に生活苦で死ぬかも知れないが。

------------------

<追記>

上の記事のあと、とりあえず来るべきクリーンインストールに備えてバックアップを取らねば、と思った。
色々比較サイトなどを参考にさせて貰い、ノートンゴーストにしてDL。
他にも玄人筋がオススメするフリーソフトなどもあるが、フォルダごとのバックアップやOSまるごと、スケジューリング、その他もろもろを比較検討して結局製品を買うのが一番手っ取り早く確実と判明。
イタイ出費である。

でOSはともかくドライバやソフトとその設定、それからついでにパーテーションで切ってあるデータドライブのバックアップでも取って…と思ってインストール。
何かDOS窓がチラチラ何回か出現。何か嫌~な予感。
でもDOS窓出ること、あるよね…はは…フリーソフトとかだと…だけど…。
と思いつつ進行を待っていると、エラーでインストール出来なかったという表示。
そしてインストール進行のウィンドウはそのまま、これまで進行度を表示していたバーが消えたまま存在している。
再起動しろという表示が出たので、とりあえず再起動。
OS再起動を挟んでインストールされるソフトもたくさんある…し、ね…。ははは…。

そして起きた最悪の事態。
シャットダウンする、再起動する→DOS窓に文字化けぽい変なメッセージが3行ほど出て、Windowsが起動。
更新をインストールします表示→失敗したので元に戻します表示
ま、ここまではいいや、と思っていたら、そのまま起動せず
シャットダウンします
になった。おいおいおい困るねえ…いやあ、参ったなわっはっは…(笑)
という感じで待っていると、再起動→DOS窓に変な文字数行→win7起動→更新インスト→失敗→元に戻す→シャットダウン。
いかん、無限ループに入った。
これはさすがに笑ってはいられない。

しょうがないので落ち着いて対処。(とりあえず一回間違ってBIOS出したりしたけど今回BIOSは無関係だと思う)、11月時点の修復ディスクで立ち上げる。
ああそうだった、これには「復元ポイント」も「バックアップイメージ」もないから意味ないんだったな…と思い、セーフモードのネット接続だけアリで立ち上げ。
結果は同じ。
デバッグモードで立ち上げ。
結果は同じ。
何かそのうち「スタートアップ修復」というのが出て来たので試す。


これが何かコリコリと働いてくれている。
待つこと十数分、各種テストを行った模様で、終了したあと再起動を促す画面でログを見てみる。
先頭に異常の「原因は1つ」とあり以下、異常なしが続くログの一番最後に
「システム構成に対する特定できない変更が原因で問題が発生した可能性」とあり、
修復動作は「システムファイルの整合性チェックと修復」、
結果は「正常に完了しました 0x0」だそう。
特定できない変更が原因なのに修復できるなんて、Windowsもなかなかやるじゃん


ほほう。何か期待させるような結果ではないか。
というわけで再起動。
→DOS窓に変な文字数行が出なくなった→win7起動→更新インスト→失敗→元に戻す→
さあここで…と思ったら、幸いシャットダウンループへは入らず、いつものOSが立ち上がった。
ホッと一息って、…いや全然問題は解決していないのであった。

さてこんなおバカさんなOSはほっといて、データのバックアップだ。
ノートンゴーストさんは「プログラム一覧」には入っている。
起動したので、使おうとしたら「権限がない」と弾かれた。
ユーザーアカウント一人しか作ってないしそもそも管理者アカウントなのに権限がなければ、いったい誰にあるのかなー♪…なんてもうこういう事にいちいちイライラしない耐性を身に付けている。
そうじゃなきゃWindowsマシンなんか使えない。
ただこの場合はシマンテックさんには想定済みのようで、即座にブラウザで「この権限を実行する充分な権限がありません」エラーへの対処法がブラウザで表示された。
手順1:一回インストールしたものをアンインストールせよ、
手順2:レジストリのアクセス許可リセットツールを実行せよ、
手順3:再インストールせよ

というもので、細かい注意と、レジストリのツールボタンもある。

Microsoftとは雲泥の差である。トラブルシューティングってのはこういう対応を言うんだよ。
…と思いつつ、コンパネからアンイストールしようとしたら、「まだインストール中だからダメ」と言われる。
あらあら、嫌だわこの子ったら。インストール終わったって報告したのあなたじゃないの、やあねえ。
もう慈愛に満ちた母親のような心境である。そうじゃなきゃWindowsマシンなんか使えない。
つまり再起動させて、その上でアンインストールをして、それから…ということになる。

再起動…。

こういう場合に最悪の事が起きることが多いので、とりあえずソフトを使用する前に、セキュリティソフト付属のオンラインストレージにバックアップしてくれるというツールで、マイドキュメントとブラウザの設定やお気に入りはそっちへ。
それ以外の、cドライブとはパーテーションが違うだけで同じHDDにあるデータドライブにある、もの凄く重要なデータを外付けHDDへバックアップ。おそらく2時間近くかかるだろう。
そんな感じで数時間を不毛な作業に費やしているわけだが、これくらいの事は当然と考えていないと、Windowsマシンなんか使えない。
知り合いがメールをくれたが、別に対処法とかではなく「自分の場合はすぐ修理に出しちゃう」とのこと。
いや修理なんかでマシン引き揚げられたらその間困るっしょ。でもあんまり困らないか…。
とにかく世間の人は普通、おかしな事になったらすぐメーカーなりサポートに電話するらしい。
んで結局、対処法を説明されるのだが、DOS窓が出て来ただけで「何じゃこりゃ!」な人が多いそうで、
何でこっちがそんな面倒な事せにゃならんのか、いいから直せ、戻せ、で「修理」に出すのが普通みたいです。
俺もそうしようかな今度から。

とにかくこの「東京トホホ会」に投稿しても失笑しか買わないであろう顛末はまだ続いている。

<その後>

いやまあ何というか余計な作業があれこれ増えて大変です。
知り合い、匿名さん、通りすがりさん7名様!からコメントなどもいただいて
恐縮ですが、
・同じような症状ですが原因不明のまま使用中
・自分も調べたけどわからんかった・・・
・ある日何もしてないのにおかしくなり、ある日突然治った
・ハードメーカーに聞けと言われてその後は?今後の参考にしたい
・あんた一方的にいじったりしたんでしょ、おかしいのはアンタじゃないの?

などなど、概ね同じような感じですが、最後の人だけちょっと。

いやあ、いじるといってもよくあるxp長く使ってた人の「上へ」ボタンが欲しい
ってのと、これは前から思ってたんだけど右クリックで「すべて選択」がないので
つけたり。それとsend toに自分のよく使うソフト入れたりなどなど、当たり前の
チューンナップの程度で、レジストリいじったりごちゃごちゃ改造したりしてないです。
あとセキュリティソフトもavast!を長年使わせてもらってたけど、7マシンには
マカフィーがついてたんで、無償期間の後お支払いして継続してますよ。
今どきセキュリティソフト無しでネットにフリチンで立つ勇気はないです(笑)。
それと、Cドラがバックアップ先になってるのを知らず、そのうち一杯に…というのも
ないです。マイコンピュータって日に何回見るか解らん画面ですが、7って残量表示が
出るし、そもそもシステムドライブにバックアップ先を指定するほどマヌケでもないです。
そうとうマヌケだけど。
あと別の方で、ハードメーカーに聞いてみたらという事で、別の人も結果を気にして
おられますが、丁寧な対応で「こういう操作(DOS上のコマンド)で回復した事例が報告
されていますので、お試しになっては…」ということでした。
いやまだ忙しいので(何かもの凄く時間取られたので大変)、仕事終わってから試して
みようという予定です。結果だけ報告しますね。

という感じでいろいろ皆さんすいません。
PCの話延々されてもつまらんでしょうし、こういう案件って「こうなんじゃないの」「これ
試した?」みたいなことって「いやそうじゃないし」「もうとっくに」みたいな、傍にいれば
一目瞭然なことをネット上だとむちゃくちゃ隔靴掻痒なのはお互い様で。
なのでこの辺でやめましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コンピューター

コンピューターは、15年ほど昔、Macを使っていてさんざん泣かされました。もともとアナログ人間で、デジタルが不得意です。今はネットとメールぐらいしかしません。Macに比べウィンドウズはトラブルが少ないイメージでしたが、いろいろあるのですね。コンピューター便利なようで移り変わりが早く金食い虫で、具合が悪くなるとだだっ子のようで、どうしようもなく大変です。そして直すのに戦ってると、あっという間に時間が過ぎます。白取さんは大切なお仕事の道具、具合悪くては深刻です。早く調子よくスムーズになりますよう願っていますね。

Re: コンピューター

すんません、何かくだらぬ更新が続いて。
もともと人間ってアナログじゃないすか(笑)。デジタル=1/0の世界って、細胞レベルとか
分子レベルがどうこう言われたらどうしようもないけど、そういうものが複雑に組み合わさった
生き物で、しかも脳が体を動かすって単純な問題でもなさそうな気配のある、心や精神といった
1/0じゃ説明できないものがずーーーーっと有史以来語られてきて。
いやなんか話大きくしすぎですね自分(笑)。
PCなんてしょせん道具、機械、振り回されるなって上から言う人もいるんですが、人間が生身で
アナログだからこそ振り回されるんじゃないかな、という気がヨワイ46にしてするのですなあ。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。