--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-03(Sat)

いろいろ大変です

2012年03月03日(土)
ちょっとだけ最近の顛末の続き。
Microsoftのサイトを見たところ、win7のシリアルでサポートは弾かれ、買ったマシンの
メーカー=マウスコンピュータさんへどうぞ、とのこと

でマウスさんからは丁寧な「Microsoftサイト内の」該当すると思しきエラー報告と対処例を
示したメールをいただいた。

でそれを試してみたが結果は同様。
マウスさんにMicrosoftの「Updateできない問題」専用無料メールサポートの窓口を教えて
貰ったので、ダメ元で問い合わせのメールを出した。

一応現在の状況を詳しくと思い、「Updateできない」「システムの復元点も設定できない」
「システムプロパティでエラー」の三点ある状況と伝えたところ、返事が来た。

要約すると、

ここはWindowsUpdateができないという問題に対するサポートである。
問い合わせされた事項は三点、私(サポート)の認識によれば
お答えできるのは「Updateできない」だけになり、
その他の二点についてはコンピュータのシステムの問題になる。
従ってそれら「根本的な問題」の改善なしにUpdateだけ改善しては
お客様に大変な手間をかけてしまう。
なので他の二点の問題についてまず、適切な窓口で相談して欲しい。
その改善後、こちらでUpdateの問題については対処する。
適切な窓口というのはOEMの場合、PCメーカーになるので…

というわけで、マウスコンピュータさんで聞け。
それから戻って来い。そしたらUpdateできない問題についてだけ、答えてやる。
(というようなことが丁寧な言葉で綴られておりました)


ま、おっしゃること間違ってはいませんね。もうええわ。



ところで!
そんな事より予定していた案件が頓挫。
うわーアテにしてたのになあ…という感じで凹む。
フリーランスは仕事の案件が一つ飛ぶと、それだけ収入のアテが無くなるということ。
世の中おかしいよね。支払いのアテはたくさんあるのに、収入のアテがほとんど無い。
バランス悪いよね。どっかで逆のバランスの人がわんさかいるんだろうね。うらやましい。

とりあえずビールとか以ての外、PCの不調とかどうでもいい感じに危険水域に入ってきた。
ぼーっとラジオを聞いたり食事の時にテレビを見ていると、どっかしらで募金とか
チャリティオークションをやっている。
誰かやってくれねえかなあ(笑)
と半分真剣に思った。

今日はユキがいつにも増して傍から離れない。
時々にゃあにゃあ言いながら、つま先立ちをして両手を椅子の肘当てに伸ばして立つ。
そして何かを言ってくる。
ご飯やかまってくれとか甘えさせろとか、トイレ掃除せいとか、大概の猫語は理解してるのだけど
たまにこういう「何? 違うの?」「何が言いたいの?」という時がある。
まさか「今日はひな祭りだにゃ!」じゃないし(笑)。
「あんた死相が出てるよ」
じゃなければいいんだけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

暫く御無沙汰をして居りました。
「難病患者を救え」とかありますが、白取さんの場合もHIV感染者並に免疫抑制が起きているのに、無援助なんですよね。
やまだ先生の遺作を守っていただくお仕事、さらにご自分の闘病、そして生活がおありになる、自分が億万長者であればと今程願った事はありません。それも大変失礼な話なのですが。
せめて心静かに、煩わしい事がなるべく無き生活を送れますよう、お祈り申し上げます。

Re: No title

御無沙汰してます!
ああ、何か「俺を救え」みたいな感じに聞こえていやらしいですね(笑)。
連れ合いもそうでしたが、公的な扶助に厄介になるのはもう最後の最後、あとは自殺くらいしかない
って時だ、という変な意識があって。失業した時は速やかに手続きをしたんですが、それはその時
突発的な事件だったし借金も作ったし、連れ合いの病気や入退院があったり、やむにやまれずって
感じでした。
税金払ってんだから、イザって時は補助して貰うのが当然…とは全く期待してませんでしたから。
だってそんな心意気のある役人たちが国を支えていたら、天下りも特殊法人乱立も公共事業談合も
異常に高い民間との賃金格差問題などあれこれ起きないわけですよね。
税金は特権階級が自由に使えるために庶民が拠出する金とずっと思って来ました。
とか悪態をつきつつ、それでも病気をして、高額医療費補助では本当に助かりました。
でももっと助かったのは、自腹で払っていた民間の保険と、都民共済でしたが。
それやこれやで本当に正直言うとつらいです。
それでもなぜだかいまだに生かされているので、その間は辛くても生きていかねばならないようです。
苦痛、苦行であっても、いっそ死が楽であろうとも生かされることが、自分に課せられた「生」なのだと思います。

大変ですよね

僕も病気というか手術入院が長くって、もうちょっとで解雇でした。
今は固定給が貰えるありがたみを噛みしめております。
病気を理由に解雇できるとか、できないとか、法律の問題より、現実の職場の問題がありますよね。
解雇なんて別の理由いくらでも正当につけられるし。
いつの間にか自分もそろそろアラフォーで、本当に健康の有り難みと、仕事がある事へ感謝しています。
病気してなかったら、ぐいぐい行ってたかも知れないですね・・・。
ご病気のお体にはさぞかし。心中お察し申し上げますと、何ともおかけする言葉も手段も持たない自分の不甲斐なさだけです。

ストレスは色々あって、白取さんの場合はご病気はもちろんやまだ先生の事もおありでしたから・・・。
楽しい事だけ考えましょう!なんてポジティブな意見を笑顔で言いたいですが、そんなイノセント・イコール無責任な放言を言える年齢でもありませんし。
ずいぶん離れてしまいましたが、いつかお酒をご一緒したいと思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ユキちゃん

ユキちゃんがうるさかったの、やまださんがひな祭りでいらしてたのではないかしら、などとふと思ってしまいました。
もちろんひな祭りだけではなく、いつも見守っていらっしゃると思います。。。

Re: 大変ですよね

いやいや、最近いっぱいいっぱいなんでつまらない話題ばっかりで申し訳ないです。
Tさんころご自愛ください、本当、いつか飲めるといいですね。

Re: ユキちゃん

やっぱり猫語って難しいです(笑)。

生かされていることは本当にありがたい、それだけ充分…
と思ってますが、思ってはいても、現実の問題としてアレコレとありますよね。
そういうところで「生きるのが面倒になってきた」と思うことがあります。
そういう時に、生きるというより生かされているんだ、と思ってつまらぬ
考えを払拭するよう努めます。
その、「辛い生」に何の意味があるのか、今のところまだ解りませんが…
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。