--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-11(Sun)

あれから一年

いわゆる「311」である。東日本大震災から一年。
いつものように、朝、自分のご先祖様や連れ合いに茶と線香を手向けて合掌するが、震災被害者への黙祷も。
あれから一年、早い。
2011年3月の日記
読み返してみると、関西は被害がほぼ無かったために、比較的冷静でいられたことに少し安心する。
もっとも、節電の呼びかけをしたところ「関西でやっても意味無い」などと頓珍漢な反応も来たが、この災害を「地域」で見るか「日本の国難」と見るかの違い。現実に今も、日常的に関電の「節電のお願い」がCMで流れている。

現地にいたのにしっかりと気持ちを保ち他人の助けになった人、遠くにいるのにおたおたと怯え惑い冷静さを失った人や愉快犯まで、ツイッター時代だったこともあって、さまざまな「人」の心根が透けて見えたような気もする。


さて。
この日になったのは偶然だけど、今日は大阪から劇画バカが一人来るので、酒を飲んでバカ…じゃなくて劇画や漫画について色々と意見交換をする予定なのだが(といってもいつもの会合)、しみぢみはいいがしんみりとせず、やることをやる。いつも通り、いやもっと頑張って経済活動を行う。それが一番日本のため、と当時から言ってきた。被災地の友人も全く同じ事を言っていた。

その経済活動が一番大変な今の状態であるが、病人とはいえ気持ちだけでも。
スポンサーサイト

テーマ : 東日本大震災
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメントありがとうございます。

> 私は「しんきらり」の主人公の女性と、
> 二人の娘たちとのやりとりが好きなのですが、

自分も大好きです。
毎日大事件は起きないけれど、子供や家庭にとっては大小のうねりが
ドラマになって起きている。そんな瞬間瞬間の光景や思い、そして心の
「ことば」を紡いでいく。日常がドラマになる。
それを、30年も前から漫画で、淡々と描いてきた。
私小説マンガとも言われましたが、もちろんフィクションであり、作家が
作った「作品」つまり読者を意識したものです。それがプロですよね。
いずれにしても、今読み返しても読後にほおーっ、といい感じが蘇ります。
そんな作品が多いひとですね。

> 最近はツイッター中心だそうですし、
> 返信などお気遣いなく。
> お体お大事にお過ごし下さいませ…

いえ、逆にツイッターのTLが追い切れず、何というか余裕がないと出来ない
ツールなんだな、と思います。つくづく。

これからもやまだ紫作品をよろしくお願いいたします。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。