--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-27(Sun)

頑張った、自分。そしてむくんだ。

引越その後。
4月から余裕を持って始めた引越作戦。
ところが早く始めすぎて家の中が乱雑になり、中だるみするという体たらく。
何と言おうか、つまり、脳が劣化してきてるんだな、き、きっと。

▼5/18時点でこんな感じ。缶ビール飲んで酒のアテか何か食った皿をなぜか
ウェットティッシュのボトルの上に置いてあるとか。
20120518-1.jpg
▼同じく18日、元の4年半使った猫トイレは廃棄処分。数日間用の簡易トイレを作った。
20120520.jpg
▼真夜中、とうとう日付は引越当日になったがこの有様。
20120522-1.jpg
▼4月の段階から手をつけていた、不要品類はキチッと積まれてある。
20120522-2.jpg

★写真など撮ってる余裕もない怒濤の積み込みと掃除などが終わって、新居へ荷下ろし。
▼引越直後は、まだこんな状態。
newroom-1.jpg
▼奥のリビング兼仕事部屋兼寝室。寝る場所がねえ。
newroom-2.jpg

▼よせばいいのに、勢いのままに棚を組み立て箱をガンガン開梱していく。
そして翌日にはここまでに。
20120523.jpg
▼引越当日~5/24までに開けた段ボール箱。40枚~50枚くらい。
20120524-1.jpg
▼玄関兼キッチン兼ダイニングルームはまだまだこんな有様。
20120524-2.jpg
▼奥のリビング兼仕事部屋兼寝室(笑)の方はこの写真だともう何年か暮らしてそうである。
20120524-3.jpg

……と、いうわけで頑張りました。いや本当に。
色んな人にお世話になり、助けていただいて、無事終えることが出来ました。
ネットでも応援や励まし(ごく一部相変わらず「早く死ねよw」という嫌がらせ)ありがとうございます。

で、頑張ったのはいいんだけど、頑張りすぎて体がやばいことになりました。
引越前日から当日にかけてほとんど何も食べず、僅かな水分だけでほぼ立ちっぱなしで作業を続けたこと。
何だかんだ言っても、追い詰められて尻に火がつき、「離れがたい場所」から去るというストレス。
基礎疾患がある上にそれらが重なり、気がついたらほとんど排尿していなかった。
引越の日で、一回。次の日も無理やり二回。
全身がむくんできた。そういえば以前知り合いが急逝腎不全(大事には至らなかった)になったことがある。
炎天下に熱中症になってもおかしくないような状況で長時間重労働し、水だけがぶがぶ飲んでたそうだ。
どう考えても自分には思い当たるところありすぎる。

全身のむくみはまず、肝臓や腎臓などに重大な異常を来した場合を想像してしまう。
この倦怠感はハードな引越の後だから当然としても、尿の出の悪さ、むくみが重力で立っていると足に、寝れば下部に出るということ、引越前日までは普通(といっても免疫抑制中の癌患者だが)だったのに、引越日を境にこうした症状が出たということなどから、腎臓だろうか。一時的な事もあるし、体質もあるだろうし。昔から自分は長時間歩くと足の指先に水ぶくれが出来たりしていた。
もしくは肝臓だが、俺普段酒ばっかり飲んでると思われがちだけど、実は量的に(最近は)そんなに飲んでいない。人と会って外で楽しく飲む時は底なしに飲んだりするけれども、家での一人飲みは、たまーに缶ビール5~6本いっちゃう程度(おい!!)で、普段は多くて2本・通常1本。しかも350ml缶で、週一で休肝日も作っている。俺もずいぶん酒量が減ったものだ。
だからこのむくみは、肝臓がやられて起きたわけではないと思う。何のために毎月採血してるのか、ということだ。肝硬変なら先月の数値以前から異常が発見されているだろうし、引越の日に突然、という事を考えるとやはり一時的なもので、最悪腎臓ではないか。
素人判断は禁物だし、どちらにしても月曜は病院なので、ちょこちょこと座ったまま出来る軽作業以外は基本、ソファに横になっていた。

なんたって健康体でもやりすぎだよ俺…。

夜はグラタンとソーセージパンをチンして食べ、その時についうっかり発泡酒の缶を開けてしまった。
あ、いけねえ、と思ったのはグビグビと飲んだ後だった。うまいんだなこれが。
相変わらずむくみがあり、両手両足の先がチリチリと常に痛い。あちこちの関節もズキズキする。
ちょっとしばらく休養しよう。
…というわけで、週末まで三日ほどはほぼ休養にあてた。
とはいえ買い物に出たり、ちょこちょこ座って出来る開梱作業などはしたが、基本的に休んでいた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。