--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-01-01(Tue)

贅沢な正月

2013年01月01日(火)
明けましておめでとうございます。
と言いつつも、年賀状は連れ合いが生きている頃から「ああいう儀礼的なことはいいよ」ということで、寒中見舞に替えさせていただいてます。でもまあ、新しい年を無事迎えられた事を寿ぐことは悪いことではない。

今年は大晦日に年越しそばを作って食べ、明青さんにいただいた「感謝の折詰め」を元日前につまむ。
さすがにこういうものをただで頂くのは非常に心苦しいので、実家から昆布をどっさり送ってもらい、届けに行ってきた。
毎年、限られた常連さんに配られるものだけど、俺なんか客としてはほとんど貢献しなくなっているのに、変わらずちゃんと作っていただける。これがまた、正月まで持たない勢いでうまい。
meisei1.jpg
寄りますか。
meisei2.jpg

ところで実家からは、昆布と一緒に素晴らしいまぐろを「正月用に食べなさい」と送ってもらった。
これがまた凄まじくうまいまぐろである。
maguro1.jpg
間違いなく、築地あたりでも大間のマグロ(津軽海峡で取れるので大間の船が揚げれば大間ブランドになる)として高値で取引され、ぼったくり料亭あたりでなくても、数切れで数千円取られるクラスのものが、何と一柵。
寄りますか。
maguro2.jpg

そんなわけで食い物的には幸福な年越しだった。

明けて、今日…元日は昼ころ雑煮を作って食べた。作っておいたスープを暖めて、チルドにしておいたほうれん草と鶏肉に白ネギを加えて少し煮て、焼いておいた餅を2つ投入。それがちょっととろとろになるまで煮込む。
最後に三つ葉を散らし、同僚が「撮影に使ったので一つどうぞ」とくれた柚子の皮を刻んで食べる。
zouni.jpg

我ながらうまい、あまりにうまいのでさらに餅を2つ焼いて2杯食ってしまった、関取か。
こんなうまいものを食えて幸せ者だなあ…と思いつつ、2013年という「年号」にあらためてSF的な戸惑いも感じる。何かもの凄く長生きしたような、未来に生きているような奇妙な感覚。1970年からの20年と、1990年からの20年て全然違う気がするが、単に年齢の問題だろう。平成生まれの若い子らは、当たり前のようにこの「たった20年で激変した世界」を普通に生きている。

夜は適当に、何となくあるものをそれっぽく一つに盛りつけて結局一杯やる。
正月ってこういうもんだし、こういう風にありたい。出来れば来年も。
良い年になりますように。
tumami.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。