--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-01(Fri)

ご馳走になりました

2013年02月01日(金)
こないだの30日、中野晴行さんと小学館クリエイティブの川村さんが上洛され、久々に「明青」さんで飲んだ。
いやー、6時過ぎから12時近くまで飲みました。
いえ、ご馳走になってしまいました。

8時過ぎに中野さんは翌日どうしても学生さんの採点作業があるとのこと、残念ながら途中で東京に戻られた。
「夏は(精華大で)集中講義があって何日か泊まりになるので、その時また」と言われて見送った。
漫画の話や落語の話などなど、いろいろと愉快でした。またぜひ。
川村さんとは、まあここには書けない(いずれ書くかも)話も含めて、いろいろと時間を忘れて楽しい時間を過ごさせていただきました。
しかもごちそうになり、しかも帰りのタクシーで三条まで送っていただいて、ありがたく、かつ申し訳ない限りでした。ありがとうございました。
さらに川村さんには、今の仕事でちょっとご無理をお願いしたりしており、俺ってどこまで人に厄介かけるのかと、情けない。情けないけど情けは十分にありがたく頂戴し、感謝しかありません。

去年、取材仕事があるので新調したミラーレスデジカメ(LUMIX GF5)、長く人に貸していたのが戻ってきたが、この日忘れたのでスマホにて、締めの「近江牛の握り」。
nigiri.jpg

味は決まってるでしょう、聞くのは野暮というものです。

ああ、このために生きている、生きてて良かった、またこのために生きよう。
そう思えるものがあって幸せだと思う。
そういう場を作って下さり、こちらが困れば親身になって助けて下さる方々に囲まれている。
これもまた、「生きなきゃ」という気持ちにつながる。
それにしても…本当にご馳走様でした!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。