--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-08(Mon)

入院は「執行猶予」

2013年04月08日(月)
今日は朝から病院。金曜の夜中にとうとう39度6分の高熱が出て、タクシーで救急外来へ行った。
その時の採血の数値より悪化していれば即入院。
改善されていても「出来れば検査入院を勧める」と言われて、なかば無理矢理帰宅したわけで…。
結果から言うと入院は回避、というより「執行猶予」だった。
もう数値読んで書くのとかくらくらするので簡単に。
(だいたいこの記事のほとんどは、病院の処置室のボックス内でカリニ肺炎予防薬を吸入中に吐き気をそらすためにスマホで必死に記録、Evernoteに転送したもの)

白血球数が700が600(誤差範囲?)
血小板は37が40(これも誤差範囲か、5年前ならガクブルしていたがもう慣れた)
肝臓関連だとGOT230が130に改善、GPT175は190とやや悪化
ほかLDHは610が431に改善、ALPは630が701に悪化

そして炎症反応CRPは11.9が2.4に改善…

これらと、高熱との関連、問診、肝臓の数値と炎症反応ほかを鑑み、
「感冒ではなく何らかの感染症」だと思われ、それが肝臓に悪さをしたと推察される。
が、普段常用していない抗生剤クラビット500mgで撃退出来れば、それほど厄介な相手ではなさそうだし、
実際こうして解熱剤+抗生物質で、一応熱も引きつつあり食欲も回復基調にある…

というわけで、抗生物質を引き続き服用、通常一ヶ月後の採血を二週間後に。
そして、その時点で判断しましょうということになった。
…やれやれ、即入院は回避されました。

血液内科のK先生も
「来られた時の状態でしたら、入院だろうな~と思ってたんですが」と苦笑。

ありがたい、ありがたい。
ほんとうにこの病気を得てからはすさまじい難行苦行だが、
まだ生きろと言われているんですね。

2時ころ、会計も済んでふらふら。
病院のレストランでひさびさに「ちゃんとした食事」を食べることにする。
幸い食欲も今なら、ある。
タイミングを逃すと食欲も逃げてしまう。
病気をすると、いろいろなものに逃げられていく。
タイミング、チャンス、運、縁、何でもいいが、頼りな~いうすら細いこよりのようなもので、社会とかろうじてつながっているという実感。

レストランのオムライスキノコソース680円、うまかった。
完食できた。

これでしばらく抗生物質を飲み、安静にして肝臓の数値が平常に戻れば、入院はとりあえず回避できる。
今は執行猶予だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。