--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-26(Sun)

ゾンビ鴨川を歩く

2013年05月26日(日)
_1000501.jpg
今日も30度超えの京都。
カーーーーッと暑かった。

ちょっと仕事に使うイメージ画像の撮影がどうしても必要で、2時過ぎに電車で五条、鴨川の河原へ降りる。
ロケハンで川っぺりを散策しているだけで、もう汗がダラダラと噴き出し、マスクのせいもあって眼鏡は曇り、シャツもぐっしょり。
川に落ちたのか、という風情。
何とか写真撮影を終え、三条まで抜けたら膝は腫れる、滝のような汗、めまいまでした。
情けない。

とりあえず三条京阪の地下は涼しいので、ド○ールへ。
店長(?)らしいおじさんが「いらっしゃ…いませ…!?」みたいな感じで俺を見てギョッとしたような顔。
客商売で露骨にそういう顔をされるほど俺は不審なのか、あまりに暑いのでマスクを外したというのに。
で昼飯のテイクアウトを頼んで金を払い、「すぐ取りにきますし」と言っていったん出る。
で駅中のコンビニで足らんものを買い、戻ってテイクアウトを受け取り、地下通路を歩く。

途中に、証明写真を撮るボックスがあって、そこに小さな鏡がある。
そういえばなぜギョッとされたんだろうと思って自分の顔を確認したら、
まるで死人のようであった。
そいつが真っ青な顔で滝のような汗をかきつつ入ってきたので驚いたのだろう。
大丈夫、俺まだ死んでないから。

その後、どうにも膝が痛くて、昼飯を食った後横になって休んでいた。
すると足が痙る。痛いこと痛いこと。
片方の足が痙る、逆方向にしても激痛なのでどうしようもない。
そのうちもう片方が痙る。筆舌に尽くしがたい激痛。
挙げ句、足をつかまえている両手の指まで変な痙り方をして、思わず
「イデデデデ」と声が出た。

すごい発汗、そのうえ膝が腫れ(停滞)、メシを食えば下り(放出)なので、こりゃ脱水だ。
スポーツ飲料を飲みながら横になると、体温が37.6℃。
おいおい救急に行くのはもう勘弁してくれよ…という感じ。

明日からモーレツに忙しいので、今日はもう寝ます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

もう1週間半以上も前の記事にコメントです。
記事の中で「明日から忙しくなるから」とありましたが、それ以降いかがお過ごしですか。
私は4月下旬から夫が腎不全・心肺不全と3つの臓器をやられて入院。今はやっと退院して、介護リハビリホームに入園して1週間という段階。
かなりよくなっていますが、今後一生酸素チューブと抗凝固剤のお世話になりそうです。今は作業療法なので体力をつけて、一人で家の中を歩きまわるくらいの筋力を戻すリハビリ。
そんな中、これを読んだものなので、白鳥さんの大変そうな様子がすぐに思い浮かんでしまったんです。

いかがお過ごしですか。この記事が最後なので、それ以降どのような状況なのか、FBやこちらでアップされるのを待ちますね。

Re: No title

ひえ~すいません。
どうしてだか全然わかりませんが、貧乏な上に暇無しです。
たぶんそういう風に世の中が出来てるんだとしか思えません…。

病気が無かったらたぶんへっちゃらだと思うんですが、やはり
普通の人が普通に出来ることが出来ないか、おそろしく非効率的
だったり出来なかったり、大変です…。

そちらもご主人リハビリ大変ですね。
でもリハビリは前向きなこと、自分も忙しくてきついですが、
仕事があるということは有り難いと前向きに考えています。
ご心配おかけしてすみません。どうかご夫婦ともに、ご自愛下さい!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。