--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-18(Sat)

アナハイムの奇跡?

3月18日(土)
WBC、アメリカがまさかのメキシコ戦敗戦、日本が失点率でかろうじてアメリカを上回り準決勝進出…とまあびっくりそうですかというニュースで、萎えかけていた興味がまた復活したのでした。

このWBCに関しては、アメリカが「サッカーみたいに野球も世界一を決めようや!」と言い出して始まったわけだけど、そこには巷間言われてるように、色んな思惑が渦巻いていたようです。例えばオリンピックでは正式競技から外されるかも、という状況などもその一端。要するに様々な「危機感」から、野球の生まれた国(©王監督)であるアメリカが、最初からアメリカに有利な日程、方式、審判などもう露骨なほど「俺らが世界一だということを確認し確認させるための大会」をやるぞ、やるからみんな出ろよ、欠席は許さんよ、あとでヒドイからな! というジャイアン的なイベントであった…はずなのに、こんなことになってしまって。いやはや何とお声をかけてよいやら、ジャイアンじゃなかったアメリカさんには。とはいえまあ実際のところは痛快至極ではある。

この大会は本編以外にも話題豊富だった。
メジャーリーガーたちが自国に戻って戦うという大義名分でワクワクし…ようと思ったらスタインブレナーが「この時期ケガでもしたらどうすんの!」と不快感を示したり、それに同調した(巨額の契約更改をのんでもらった)松井が欠場したり、それをイチローが「これくらいでケガするようならその程度の選手」と皮肉ったり、そのイチローが「むこう30年は日本に手が出せないな、つうぐらいの強さで勝ちたい」みたいな発言に韓国がなぜか異常なまでに反発したり…。
さらに本編が始まると今度は二次予選での日本×アメリカ戦での「明らかな誤審」に続き、今度はメキシコ戦でもホームランを二塁打にするというこれまた「明らかな誤審」を、何と同じ審判が行ったという、こういうおまけ話にも事欠かない。
ところでこの「誤審」騒動だが、映像を見ても明らかに審判の間違いなのは言うまでもない。でも間違いは誰にでもある、審判という人間がプレイを裁く制度を導入しているスポーツに誤審はツキモノでもあることも、言うまでもないことだ。
このデービッドソンという人物が極端なアメリカ好きであり、アメリカ至上主義者であり、さらにそんな人物が審判であり、さらには自国の試合をそのような審判が裁く制度があり…と考えていくと、露骨なまでの自国びいきのジャッジは出るべくして出たというか。
まあこういう話題はいくらでもネット上で飛び交っているし食傷気味なんで置いといて。

同じ話題でも、毎日朝鮮日報と日本メディアの報道を比較していると、かなり面白いっす。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。