--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-11(Tue)

風邪…

4月11日(火)
朝37.0℃・夜37.1℃、体重67.40kg
夕べはソファに仰向けになってる分にはいいが、目の玉を右や左に動かすとくらくらするという状態。立ち上がるとふらふらするので、夜は11時過ぎに早々に布団に入った。夜中何度も目が覚めたが、何とか朝は11時ころまで寝られた。起きて検温すると、なんと37度。朝の体温としては過去最高。やはり風邪だろう。気のせいか、喉もちょっと痛い気もする…と思ったら喉の方は夜に乾燥しただけだったようで、洗顔などした後は咳も痛みも出なかった。朝はスープナシでカフェオレとトースト1枚のみ。昼過ぎにペリカン便が連れ合いが大学で使うノートPCを持ってきた。取り出してみると思ったより小さく、しかし思ったよりバッテリをつけると重かった。これでは連れ合いが京都往復にいつも持つというのはちょっと無理かも知れない。さっそく無線LANの設定や各種ソフトのインストール、設定などを行い、全部終わると4時過ぎ。集中してやっている間はいいが、風邪のせいか終わるとへっとへとでふらふら。風邪をひくまでは便秘がちで腹が張り、体重も過去最高レベルまでかなり上昇していたが、風邪をひいて食欲が無くなったらてきめん減ってきた。それにしても熱が高いままなのが困る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。