--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-24(Mon)

風邪治り胆石の疑問は残る

4月24日(月)
前の晩は12時ころ寝たのだが、いつものように右脇で丸くなって一緒に寝ていたシマが、夜中に舌をベロンベロンと出して首をしきりに振るので目が覚める。舌が痛いのだろうか、それとも何か口内炎のような出来物でも出来たのだろうか。しきりにやるので背中をなでてやっているとそのうち大人しくなったので、そのまま俺も寝てしまった。
朝は8時前に携帯の目覚ましで起きる。シマの様子は特に変わりなくご飯も食べていたので安心。眠り足りなかったせいか、朦朧としたまま起きて支度をする。日課であるバイタル測定の後、着替えて8時20分ころ外に出た。今日は20度を越えるという。天気は曇りで、気温はまだそれほど高くはなく、薄いシャツの上にジージャンを羽織ってちょうどいい感じ。
浮間舟渡駅方面へ歩いていくと、初乗りが安い三洋タクシーが来たので拾う。17号が渋滞してたら坂上からときわ台方面へ逸れて向かってくれと頼んだが、何故か17号がスイスイと流れたのでビックリ。環七を越えたあたりで運ちゃんも「今日は空いてたねえ、17号は読めないなあ」とボヤいていた。豊島病院前仲町経由で病院へ着くと9時10分前、早かったし料金も2500円かからず。小型で初乗りが安い車だったとはいえ、助かった。
すぐに内科受付で連絡表を貰い、採血。受付番号は15番。ソファに腰掛けると間もなく呼ばれて2本採血。終わってレントゲン受付へ行き、また前と同じ裏側の12番の前で10分ほど待ち、胸部撮影。前と横から。終わって受付に戻ってフィルムの現像を待ち、受け取って内科へフィルムと連絡表を渡す。そうして売店で週刊誌と珈琲ミルクを買っていつもの1階ソファに座ると、9時半ころ…という感じだった。
今日はなぜか病院内はいつもの月曜日に比べると、若干外来の患者も少なめ。新患受付カウンタの混雑も、いつもの月曜ほどではない。何でだろうと考えつつ、結局考えても理由も不明なのでそのまま週刊誌を読んで時間が経つのを待つ。アッという間に10時20分になったので、内科の診察室前へ移動。ここもいつもなら立ってる人もいるくらいなのに、1番診察室前は丸々全部椅子が空いていたし、3・4番の前もガラガラで、すぐに座れた。前に呼ばれた若い女の子が10分足らずですぐに出て行き、予約時間の10時半ちょうどに呼ばれる。
診察室へ入るとU先生、「やっぱり風邪だったみたいですねー、今回(の採血データ)は元に戻ってましたよ」とのこと。なるほど血液のデータでは前回異常値を示していた炎症反応=CRPが5.89から0.29とほぼ正常値近くに戻り、LDHも255と高めとはいえ、前回の481から前々回までのレベルに戻っている。白血球数なども同様だ。あと前回何度もやり直しされたMARK、骨髄の方だが、異常細胞=癌に犯された細胞が7割ほど。また増えたのかと思ったら、取る箇所にもよるし、誤差ももちろんあるので、骨髄、抹消血、触診、問診など全体的総合的な所見としては「変化なし」ということだそうで、ホッとした。
前回、風邪もあったのだろうが胸部の激痛と嘔吐などで、「ひょっとしたら胆石の発作の可能性はないですか」と聞くと、「ああ、その可能性はありますね、確かに」と言われる。ただ、血液のデータを見せてもらって解説していただいたところによれば、もしあれが胆嚢炎や胆石だった場合は、T-Bill(総ビリルビン)やALP、肝臓の数値なども連動して高くなるはずだという。しかし炎症反応とLDHが一時的に高値を記録したものの、その他の数値はほとんど反応していないので、これはやはり感染症つまり風邪などの可能性が高いと。血液内科の専門家が言うのだから、素人の出る幕ではあるまい。
…まあいただいた風邪薬と抗生物質で微熱・頭痛・目眩などは治ったわけだから、普通の人なら大丈夫な風邪でこんなに苦しんだのかも知れない。胸部の痛みは、今回のレントゲンでも肺炎の兆候もなく、水も溜まっておらず、腫瘍の大きさも変化なしということで、「異常なし」のお墨付き。胆嚢には確かに去年石が見つかっているので、胆石の反応も考えられなくもないが、自分の場合は脾臓が巨大化して、胃だけではなくその他の臓器全てを圧迫している。胆嚢も当然圧迫されているので、暴飲暴食…とは普通の人にとっては言えないまでも、食べすぎや油こいものを摂ったりすると、普通の人よりは負荷がかかりやすいのは事実だろう。胆石の痛みは人によって強さも出方もまちまちで、一概にこうだとは言えないし、自分の場合明らかに石があることは解っているので、いずれにしても「普通に」気をつけるようにしないといけないのだ。U先生も「神経質になることはないですけど、まあ消化のいいものとか、普段通りに普通に気をつけていればいいですよ」とのこと。
俺の場合、例えば食事をたくさん食べた後は脾臓の腫れのせいで苦しいからとすぐ仰向けになったりすると、逆流性食道炎を起こしやすい。これも胸部に激痛を伴うものだから、そういう可能性だってあるわけで、まあ普通の体じゃないんだから気をつけましょうということだろう。ともかく、病気の進行は大きくはないということ、風邪とおぼしき症状からはほぼ回復完治したこと、あとは胆石の発作の可能性はあるものの、普通に消化には気をつけて食べすぎに注意、みたいな感じであった。
次回、予定通りだと5月15日(月)なのだが、その日は連れ合いの京都精華大学でいただいた部屋に設置するパソコンの設定やらプリンタ接続その他もろもろのため、京都へくっついて行かねばならない予定。あまり時期が遅くなると俺が行けなくなってしまうかも知れないし、パソコン環境は早く整えておかないと学校の業務上もよろしくない。他人に頼んでもいいが、プライベートなデータの設定もあることだし、出来れば身内で済ませたいのだ。俺はこういう病気なので、半年や一年先どうなっているかが読めないから、まあ早めに予定は組んでそれをモチベーションにするということもよろしかろう。
なので、では次回診察日はその前にするか後にするかということになると、U先生は「じゃあ22日(後の方)にしましょう」ということになった。ということは今回から一ヶ月空くが、大丈夫なんだろうか…と一瞬思った、だが先生が俺のデータを見て進行具合なども見ながら決めたんだから、きっとそれでいいのだろう。前向きにそう考えることにする。
20分ほどで礼を言って診察室を出る。会計を済ませ、病院の外に出ると11時ちょい前。うす曇の中少し陽射しが出て、シャツ一枚でもちょうどいいくらい。

大山ハッピーロードまで歩き、商店街を大山駅方面へ歩くと、人だかりが出来ている。何かな、と思ったら(レイザーラモン)HGがあのいでたちにレースのエプロンをつけ、神妙な顔で中年女性の料理の先生みたいな人に料理を教わっていた、路上で。収録前の段取りを打ち合わせ中かリハ中という風情で、HGはハイハイと小さな声でテンション低く、先生の指示に従っていたのが面白かった。周りを取り囲んだ野次馬はケータイを構えたりするが、ADたちに「すいません、カメラやめてください」と止められていた。俺の前を通っていた自転車の母子は、後ろの荷台に座っていた3歳児くらいの子に母親がケータイのカメラを渡して撮らせていた。子供が荷台からケータイを構えてカシャリとやると、子供にはさすがに注意できず、ADらも黙認。やるなあ、この母親と思った。
帰宅後は夕方まで仕事。ニュースによれば高田馬場でレールが隆起し、山手線や埼京線が止まっているという。たった5cmほどの隆起であわや大惨事とかで、緊急停止の上乗客は線路を歩かされて駅まで戻るという状況、病院はこれのせいで空いてたのか…って関係ないか。夕飯は7時ころスパゲティを茹でてもらい、キュウリのサラダとミートソース。突然外では大雨が降り、雷が鳴る。まるで夏の夕立みたいだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

すみません

>まりさん、タミオさん
「5月分更新について」で書いた通りでした。もう痛みはほとんど克服しているので、またぼちぼち再開しますので。

ここんとこ

書き込みがなくて、スゴク気になってます。
とはいえ、無理して書けとも言えません。
問題ないことをお祈りしてます。

屁理屈御免

「自分の免疫力で癌を退治できたら、そもそも癌は発生しない」
か。う~ん、だとしたら、「風邪が治るのなら、そもそも風邪はひかない」てことにもなるのだらふか。
進行癌でも手術や化学療法、放射線療法などで一定の数以下に癌細胞の数を減らすことが出来れば後は自前の免疫力で
始末できると聞いたことがあります。
また、そのような治療をしなくても、自前の免疫系の活性化による以外説明のつかない治癒機転(前に御話したイッセルズ・セラピーなど)もあります。
本来悪性度の強い癌でありながらしばしば自然消退することが知られている癌もあり、その抗原などが研究されています。

同じことを繰り返し書くことになりますが、「その人の免疫環境のツボにはまる何か」に出会えば大逆転が起こるのだろうと私は思っています。

ご無沙汰してました

実は家のメインマシンが成仏されまして、自作することにしたんですが凝り出したらキリがなくって・・・(w)、って詳細は略します。

文春の米原さんの記事、読みました。といっても白取さんが前に書かれていたので興味を持ってなんですけど、確かに印象深かったです。「免疫革命」の安保理論の説明のくだりは、なるほど!と目からウロコでした。ただ、癌を現在実際に患っている患者さんたちには確かに非常に魅力的な<理論>なだけに、そこへつけこむ輩も多いのではないかと推察します。
僕の先輩は「自分の免疫力で癌を退治できたら、そもそも癌は発生しないじゃないか」と笑い飛ばしていましたけど・・・
でも自己の免疫力を高め、日々前向きに考え生きることは癌にとってどうとかではなく、いいことであることは間違いない。白取さんにもそうあって欲しいと願っています。

保険適応漢方

飲んだらすぐ効け!というような乱暴な人には向きませんが(笑)、漢方の考え方には納得できるものがあります。
あ、「価格が高いので胡散臭い」の部分ですが、価格が高いもの全てが胡散臭いというわけではないです。医学的、エビデンスが得られていないために保険適用外になっており、その結果高額になる…というものはたくさんありますもんね。
そういえば白血病に効く!という驚異の漢方薬もあって、それはそれは高額なのでドン引きしましたが、要するに「第四の治療法」でも漢方でも何でも、巷の健康食品でも、玉石混交なんでしょう。その玉か石かを見分けるのは難しいし、おっしゃるように全てを自費で確かめるのもこれまた難しい。
よって、米原さんのレポートは非常に貴重かつ興味深いものといえるわけなんですよね。生への執着と、自分はガンを絶対に克服してやるという強い意志、そのためなら何でもやってやるという行動力と精神力。凄いの一語に尽きます…。

やっと春

白取様
当地もやっと、ほんとにやっと春らしくなりました。今年は4月になっても何度も雪の日があって、悲しくなるような寒い日が続いていたのですが、この連休は少なくとも日中は暖かく、ようやくキルティングのももひきを脱却できました。

代替療法等による、いわゆる「奇跡的な治癒」について、自分は次のように考えています。

1)自前の免疫系ががん細胞を効果的に叩くためには、自分のがん細胞の面構えをしっかり知っていて、それとタイマンを張れる特定の免疫細胞が、十分な数に増える必要がある。

2)免疫系のシステム自体が非常に複雑な上に、患者さんの体内環境が一人一人さまざまである。

3)その患者さんに1)の現象が起きるための条件は患者さん一人一人で全く異なっている。
一見科学的根拠に乏しく思える治療法やほかの人には無効であった治療法でも、その方の「つぼにはまる」ものであれば「奇跡的な治癒」が起こる。

リンパ球を活性化して体内にもどす、などという一見よさげな方法が必ずしも計算通りに行かないのは3)のような事情があるためと思います。

なので、米原氏のようにいろいろ試してみるというのは正しいやり方だと思います。期待した効果がなくても希望を捨てないことも大切だと思います。

ただ、よほど経済的に余裕のある方はともかく、高価なものを次々試すのは(少なくとも自分には)なかなか難しい。
「価格が高いので胡散臭い」という点に関しては、これも難しい。心無い悪徳商法が存在する一方で、価格破壊的なものは品質にも非常に問題がある物が多いのだそうです。

私が保険適応漢方が好きな理由はそのへんにあります。
十全大補湯のように消化器の悪性腫瘍の転移抑制にエビデンスが蓄積されつつあるものもあるし、保険適応漢方だけで根治はできなくても、副作用の軽減や症状緩和に貢献してくれます。

例によって御喋りが長くなりました。

白取様のブログが更新され、「経過観察」という文字を拝見するたび、免疫系が厳しく睨みを利かせている様子を思い浮かべています。今は「にらみ合い」でも、大逆転のチャンスが必ずあることも確信しています。

白取様を応援するつもりが、いつも逆に暖かい御言葉をかけてくださり、本当に有難うございます。
私のほうこそ、いつも感謝しています。








最近ちがい

お腹にいい最近を飼い
はもちろん
お腹にいい細菌
の誤変換であります(笑)。失礼しました

まり 様

いつもありがとうございます。
おなかを丈夫に、という部分がまさしく自分には鬼門だったわけですね…。何せ「特急」ですから。
乳酸菌がいいとか、いろいろ母親も送ってくれたりもしてます。良いも悪いもいろいろうわさになっている「生源」も送ってくれたんですが、価格が高いので逆に胡散臭いような気がしています。理論的にはお腹にいい最近を飼い、結果的に免疫力を高めるということは間違ってはいないと思いつつ、それで癌も治すとか何でも治る、みたいな言い方をされると違うような気がしますし。
ロシア語通訳で作家でもある米原万里さんが、週刊文春の「私の読書日記」にローテーションで連載されてるんですが、ここ数ヶ月はご自身の転移ガンとの戦いについて、壮絶かつ赤裸々に書かれています。
民間療法も含め、これがいいと言われれば試し、ダメだったらダメだったと、具体的に病院やスタッフの対応も含めて克明に書かれています。これは物凄くためになるし、インチキにひっかからないような啓蒙にもなると思って見ています。
米原さんの記事を読んでいていつも思うのは、民間療法といわれるもののほとんどは、保険がきかない=高額になるということを悪用し、末期がんや転移がんに冒されワラにもすがる思いの患者からバカ高い「治療費」をふんだくるインチキ療法だということです。
一時話題になった高温で癌を殺す温熱療法も、あまりの高熱に熱いと訴えると「あんたのような患者はもう来るな」と追い出されたといいます。仮に効果があるにせよ、対応の仕方というものがあるでしょうし、適性な費用というものもあるでしょう。
だまされないようにしつつ、いいものは試したいと思います。

漢方薬局の情報、ありがとうございました。以前送っていただいた漢方のど飴(板藍根)の薬局さんですね。その際もこちらで検索して、実はサイトを拝見していました。サイトに書かれていることを見れば、そこが誠実なところかどうかが透けてきますね。いつもいろいろ情報をいただいて、本当に助かっていますし、励まされています。ありがとうございます。
ていうか、まだそちらは寒いですか?まりさんもご自愛くださいね。

追伸

私がよく行く漢方薬局がHPを開設したので、アドレス書かせていただきます。老舗の漢方薬局をやめて独立した方で、店頭に置く商品は全て自分で飲んでみるという誠実な先生です。

http://www.e-ichiyoshi.jp/index.html" target=_blank>http://www.e-ichiyoshi.jp/index.html

白取先生、やまだ先生御二人とも御元気で過ごされますようにお祈り致しております。

私ならそうします。

もどかしい御気持ちと存じます。何か自分で出来ることがあったらしたいですよね。

自分なら、ずばり、おなかを丈夫にするような対策をとります。

十分食べているのに血液検査で「もっと栄養のあるものを摂って」と助言があったということは、腸管の栄養吸収が良くないことも考えられます。栄養吸収が良くなれば、当然体力がつきますよね。

また、御存知のように胆石にはコレステロール石の他にビリルビンカルシウム石などがあり、これは腸からの大腸菌の逆行感染などが原因となってできます。腸管免疫を整えればこれの予防にもなりますし、全身の免疫系にも必ずやプラスになると思います。

では具体的にどうするかというと、おなかを丈夫にする漢方の中で自分にあったものを飲みます。
例えば、補中益気湯、(加味)帰脾湯、啓脾湯、建中湯類など。(全て保険が利く)。
体力が低下している方の場合、少量から服用されるといいでしょう。
因みに胆石のせん痛発作には対症療法として芍薬甘草湯を用います。
(ただし、痛みが収まっても油断せずに、痛い時に早めに受診される方が安心と思います)

あと、昔からあるエビオスとかも意外といいのかもしれない。多少値は張りますが腸内細菌叢を整えるよい健康食品も出ています。日常の食事では、おなかを冷やすものを避け、暖めるものを摂る。

以上、以前書き込んだことと重複する点もありますが、なんでもいい、とにかく、おなかにいいことをする。

わたしなら、そうします。

すいません

コメントいただいてレスが遅れまして。
ここしばらくバタバタしていたもので…って、もちろん家の中のことでいろいろやることがあって。

>龍さん
どうもです。自分の場合37くらいからガタガタあちこちガタがきたような気が。って細かく刻んでアレですが(笑)。よく30越したらとか40過ぎたら、みたいに言うけど、実際それほどキッチリ10歳刻みで健康状態が変化するわけでもなく、当り前ですが人それぞれってやつで。まあお互い若くないってことですか…とほほほ。

>Mさん
いつもありがとうございます。暴飲暴食というか、普通の人が想像するそういうのとは全然違うんですがねえ…。弱ってるんでしょうか。気をつけます。気をつけましょう。

それにしても急性前骨髄球性白血病の再発・二度目の抗癌剤治療から復帰した市川團十郎さんの体力と気力には感服しましたね。二度目の治療はそれはそれは過酷なものだったと想像に難くないです。一回叩いた癌細胞が増殖したんだから、前の強さじゃ効かないってことですから、それはもう強い治療をされたんでしょうに。
俺の場合は進行がゆっくりな分、叩くわけにもいかず。どうすりゃいいんですかねえ。

お大事に・・・

免疫が低下されているわけですから、ちょっとしたことでも重篤な状況に陥りやすいと思われます。風邪もまたしかり、ほんの少しの過食もしかり、なのかも知れませんね。お大事になさってください。

風邪

だったみたいですね・・・でも暴飲暴食まで行かなくても、油こいものや消化に悪いものには気をつけてください。
僕みたいな健康(?)な人間には、脾臓が巨大化して内臓を圧迫しているという状況が想像できません。なので、付き合いで痛飲しちゃったりついついコッテリ焼肉食べすぎちゃったりしてますが、自分も四捨五入すれば40歳です。「普通に気をつける」、いい言葉だと肝に銘じます。

HG・・・エプロンでしたか。実際の本人がクレバーで性格もよさげな人というのが透けて見えるので、あの芸風でブレイクしたのは痛し痒しじゃないでしょうか(w)、もう最近ではちょっと痛い感じでもありますし・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。