--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-01-29(Sat)

やまだ紫が京都精華大学芸術学部の講師に

■どこよりも速いニュース!(当たり前か…)
やまだ紫が京都精華大学芸術学部の講師に

 本年1月末日、漫画家・やまだ紫氏がマンガ学科のあることで有名な京都精華大学芸術学部講師に就任することが決まった。正式な就任は2006年度(平成18年4月〜)からで、週2回の講義を隔週で行う予定。
 京都精華大学は1968年開学の、人文・芸術系の大学。2000年度から芸術学部にマンガ学科を開設したことで知られている。教授には小学館でコミック誌の編集を多数手がけた熊田正史氏、漫画家の竹宮惠子氏らが、講師陣には村上知彦、ひさうちみちお、山田章博氏ら多彩な顔ぶれがおり、ユニークな教育を行っている。
 やまだ紫氏に講師就任を依頼した同大の熊田教授によると、
 「やまださんには好きにやっていただきたい。学生たちにとっては堅苦しい講義よりも、多彩な才能、個性ある作家に直接触れ合うことで、さまざまなことを学び取ってもらいたい」
 と期待を寄せている。
 やまだ氏は「何年か前に某学校で、コミックや水彩、詩画の表現を一般の方に講義をして欲しいという依頼があったのですが、先方の財政事情で頓挫してしまいました。その頃から若い人たちと触れ合って、新鮮な感性、意見に触れたいと思っていましたから、いいタイミングと思ってお引き受けさせていただきました」と語っている。

 やまだ紫氏は1948年東京生まれ、「COM」「ガロ」の二大カリスマ雑誌でデビュー、代表作に『性悪猫』『しんきらり』などがある。鋭い感性で人間、とりわけ女性の内面を描き出し、その独特の世界は詩やエッセイでも高い評価を受けている。再近著は『愛のかたち』(PHP研究所)、公式サイトはやまねこねっと

【転載自由・白取特急検車場 2005/01/29】
(あえて転載しやすい文体にしてみました(~_~))


【追記・修正 2005/06/25】
やまだ紫が京都精華大学マンガ学部の教授に
京都精華大、全国初の「マンガ学部」来春開設 : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
 「芸術学部マンガ学科」から、来年度より発展的に「芸術学部・デザイン学部・マンガ学部」の3学部に新設・再編が行われる模様です。またやまだ紫は講師ではなく専任教授に就任することが内定しました。
 これらは正式決定までは発表を控えておりましたが、大学HPでのリリース京都精華大学 : 学部・大学院、先の読売新聞の報道などがありましたので、追記として補足しておきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ご無沙汰してます

何か、白取さんの激忙ゾーン突入・ブログ更新停滞と、自分の仕事の激忙ゾーンが重なっていまして、面白いなあと。こちらのゾーンはもう脱したんですが、白取さんはまだのご様子、ゆるりゆるりと更新お待ちしております。。

ところで「マンガ学部」設立の話題なんですけど、ネット上の一般の方々の意見を見ていると、どちらかというと「マンガなんてそれほどのもんかあ?」「マンガ家養成ならアシスタントやるとか出版社に持ち込む方が早いんじゃないの」的な「学部設立そのものの否定」意見と、「教授には竹宮惠子くらいしかいないからどうなんだろう」みたいな、学部の指導体制への疑問にだいたい別れてるようですね。
後のほう、「教授の顔ぶれ」については白取さんがもう述べられてる通り、竹宮先生という誰でも知っているビッグ・ネーム以外にそれではどんな顔ぶれがいるのか、を学校側がマンガ学部の教員名をまだ正式にリリースしていない段階でウンヌンするのはいかがなものかと思います。実際、白取さんが挙げておられた現在の講師陣の顔ぶれは大変な贅沢さなわけで、そこからでも十分魅力は伝わるんですけど。まあ漫画を読むといっても少年ジャンプとか有名どこ(白取さん言うところのマス・コミック)だけツラーっと読んでるのか、ガロ系までおさえてるかでは全然違いますし。

あと「マンガ学部そのものの否定」みたいな異見に関してなんですが、どこかで誰かが「今の時代、マンガに芸術性とか学問的な価値を誰も求めていない」と言っていました。そうでしょうかね。白取さんはお嫌いだったと思いますが、「BSマンガ夜話」みたいなコンテンツはそれなりに人気なわけだし、長谷邦夫先生や呉智英先生らの「マンガ学会」の研究も非常に興味もあり、かつ有意義だと感じています。
マンガを単なる消費物、娯楽だと読み捨てていく人たちにとっては「別に学校で研究せんでも」と思うでしょうが、マンガを愛する、マンガを表現として楽しむ者にとっては遅すぎるくらいだと思います。
アメコミと流れを異にする日本独特のマンガ表現のスタイルが、優れた表現手法だとして世界中が認知しているわけだし、学術的な研究でいえば、ヘタすると外国の大学の方が進んでいるとさえ言えます。(フレデリック・ショットさん、今は日本におられるジャクリーヌ・ベルントさんなど)
日本のマンガやアニメは世界に誇る文化だコンテンツだアートだと言ってるのに、日本ではアカデミックな場で全く研究や教育がなされていなかった、そのことの方が異常だったと思うのは僕だけでしょうか。。。
それにしてもBLOGなどをたどっていくにつれ、上っつらだけの「自称マンガ読み」が多いことに呆れはて疲れはてました。こんな時間になっちゃったし。

漫画って

奥が深い、です確かに…。
コメントありがとうございます。
以前米沢嘉博さんのお宅に取材でお邪魔した際、米沢さんは自分のところには商業出版社から漫画雑誌はもちろん単行本などもたくさん送っていただくのだが、その数たるや膨大なもので、とても全てに目を通すことは出来ない。さらには送られてこないものもある。その上、(主宰する)コミケでは毎回物凄い数の同人誌が生まれている。今、全ての漫画を網羅し語ることはもう不可能ではないか、というようなお話でした。
奥も深いですが、数も膨大で…自分だって全くほとんど全然ちっともフォローできてないです。若い教え子に面白い漫画を教わったりもしていますが、全ては読めないんですよね…。

漫画って奥が深いですね

はじめまして、こんばんは。
トラックバックありがとうございました。
白取さんやほかのかたのコメントを読ませていただき、漫画の世界は奥が深いものだなあと改めて思いました。
では。

マンガ学部

連れにいただいた京都精華大学の案内冊子(立派なものです)を見せてもらったんですが、現マンガ学科の教授には竹宮惠子先生のほかに、講師陣も凄い顔ぶれでビックリしましたよ。本年度までの顔ぶれでも、村上知彦さんやひろき真冬さんやひさうちみちおさんや山田章博さんなど、錚々たる顔ぶれ。特急板にも書いたけど、本当に今どきの学生がうらやましいっす。

ただ、今どきのお子ちゃまや「マス・コミック」などの売れ線マンガしか知らない人たちにとっては、ビッグネームの漫画家がいなければすなわち魅力がない=勉強にもならない、と短絡的にとらえる向きがあるようですね。
あるブログを見ると「竹宮惠子以外(知ってる人が)いない」とか誤解を受けてるようで、そりゃアンタらが勉強不足なだけだ、っつーの(笑)。

漫画家になるには(そういうビッグネームの)アシスタントになるのが近道だ、という理解が一般的なようでもあります。ただマンガというものを一つの表現として捉えれば、他の誰でもない自分という作家の個性、作家性みたいなものを持たない漫画家は作家ではなくマンガ屋みたいなもんで、それを目指すのなら確かにアシさんになるとか、地道に編集に持ち込みをして顔と名前覚えてもらうとかした方がいいかも知れないっすね。
マンガというものをどう捉えるか、ということを世間一般の見方のみでしか見られなければ、そもそもこの学部の意味は理解できないだろうし、大量生産・似たような絵のマスのコミックだけを見てればいいんじゃねえか、と思うわけです。
表現とは何かとか、作家性とはとか、生の作家・先生に身近に触れ、考えに接して指導を受けられることがどんなに素晴らしいことか…。システマチックに産業化されてしまったマスのコミック世界でも、結局ピンからキリまでいるんだし、絵画やイラスト、その他の表現と同様にアカデミックな場所で漫画が本格的にとりあげられるということそれ自体が、朝日新聞と精華大学のシンポジウムで呉智英さんが述べていたように、大事なことなんですよね。

なるほど…

権威にならないことで学会そのもののハードルが低い、質が低い、というつながりになると困りますね…ある程度の水準を保ちつつも、「漫画」という庶民の安価で手軽な娯楽を体系付けたり比較したり、また国際的にももっと理解を深めていく、という作業は外から見ている以上に困難なのかも知れません。
我々編集者の側はもっともっと勉強せねばならないと常々思っていますが、やはり限界があります…。
また編集を目指す学生たちはもちろんですが、大手の「サラリーマン編集者」こそ、もっともっと幅広い漫画作品を読んで欲しいと思うことがたびたびあります…メジャー志向というか、自分の「お仕事」とその周辺には詳しいけれど、それ以外にはてんで無知というのでは編集としてはどうか、と思います。僭越ですが…。なのでウチの学校では、少なくとも自分が受け持った子らはビシバシ鍛えているつもりですが、暖簾に腕押し感も多いのが困り物ですね。

それにしても『漫画の構造学!』は参考になります。いいテキストだと思いますので、改定大変でしょうが期待させていただきます。

どうも

ありがとう御座います。
『漫画の構造学!』(インデックス出版)もかなり
古い感じになってきましたので、大改訂を夏以降に
やらねばと思ったりしております。
大学・文学部の中で講義したりするわけですので
文学との関係なども話したいと思うのですが、
こちらの不勉強で、そこまでとどいておりません。
それと大学が半期授業というかたちのところが
多くなっていて、マンガそのもののことを喋るので
終わってしまうのが歯がゆいということもあります。
マンガ学会~今週末に今年初の理事会です。
今年の大会・総会のテーマ「マンガと戦争」に
ついて討議します。
この学会は最初から「権威」というものを目指さぬ
のが、理事のみなさんの願いでもありました。
会誌の投稿原稿なども、ハードルを低くしたいとも
思っていました。
一方では、掲載原稿のズサンさを、宮本大人さんに
批判を受けるということも起きています。
ハードルの<低さ>が、質の低さにつながってしま
わぬよう、編集委員たちは反省もしています。
この辺はむずかしいですね。

これはこれは!

長谷先生ではありませんか!!お越しいただいてありがとうございます。
そうですか、京都精華大学は雰囲気が良いんですね。というより、マンガ学科を作るということ自体がいい環境であるといえるのではないかと…。
長谷先生も色々な大学・短大で教えられていらっしゃいますが、活字離れ活字離れと言うばかりではなく、マンガをもっともっと教育に取り入れる、いやマンガそのものを文学のように教えるようになってもいいのではないかと思います。いやずっと思ってきましたが、ここ数年いい環境になりつつあるような気がします。
個人的には「学会」は「権威」にさえならなければいいと思っています。
私は専門学校で編集の側を教えておりますが、先生のテキストも参考にさせていただいております。

ばれても

この学校のマンガの教室、なかなか環境もムードも
いいんですよ。
各校でマンガを教える身としてはうらやましい限り
ですね。バレてもいいから、体験されてみては!
そんな自由を許してしまうのがマンガ精神でしょう。
学長は70年代ヒッピーだったんだ~と鶴見俊輔氏が
マンガ学会創立大会に見えたときに、紹介されていま
した。
学園祭のときはジーパンはいた姿も見られました。
ぼくもチャンスがあったら、もぐりこみたいです。

ああ!

な、習いたい。。。もうちょっと、いやもっとずいぶん若ければ。これから受験する人はうらやましいなあ。。。やまだ先生から直接講義が受けられるなんて考えられません。潜入とか出来ませんかね。すぐバレるか。。。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。