--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-27(Tue)

W杯、佐藤錦、夕張メロンゼリー

6月27日(火)
連れ合いが月曜から京都の大学へ出勤中。夕べ寝たのはW杯オーストラリア対イタリア戦を見た後、2時過ぎだったか。日本が早々に離脱してしまったW杯は興味が半減したのは事実だが、イングランドしかりスペインしかり、ブラジルはもちろん、とにかく16強が出揃ってからの試合はやはり純粋に「サッカーとして」面白い試合ばかり。本当のW杯はここからなのだと、はっきり解る。やはり日本はこの舞台に立てるレベルではなかったし、それはクロアチアも同じことだった。試合を見ていればいかにレベルが違うかが、俺のようなド素人にさえはっきりと解るのだから、プロや目の肥えたファンが見たらそれはもう…。それなのに、W杯前にはそのプロの中でも「16強は確実」「8強だって」「いや4強も」まで言っていた人間がいたのには、今さらながら開いた口が塞がらない思いだ。まあ「今回アジア予選ではまあ確かにそこそこやったし、あの中では強かった。でも本戦は別、この組で2位通過は至難の業」とはっきり分析したら、W杯で儲けようと思ってる連中から総スカンを食らうからなあ。それはテレビ局もそうだし旅行代理店も広告代理店も、タレント事務所もスポンサーも、その辺のスポーツバーだけじゃなく「W杯放送中」と書いただけの飲み屋まで、とにかく経済効果に期待する向きは全て、敢えて冷静な戦力分析と日本というチームの客観的な評価を封印したということだろう。
その意味では、オーストラリアは16強にふさわしいチームだった。身体的に強いし、ヒディンクが育てただけあって組織力もあり、個人の技も日本より上だと思った。イタリアが一人欠いてしまった後は特に怒涛の攻撃を見せ、互角以上に責め続けたし、それを(かんぬき)と言われる鉄壁の守備で必死で防ぎつつも攻撃の手を抜かないイタリアの戦いぶりも見ごたえがあり、目が離せない好ゲームだった。結局イタリアは90分で勝負をつけようとし、オーストラリアのヒディンクは延長を睨んでいたのが勝負を分けたと思う。イタリアはロスタイム終了寸前、誰もが延長と思った時にペナルティキックを巧みな「小芝居」で得ると、途中出場したトッティがきっちりと左上隅に蹴り込み、これがもちろん決勝点となった。いや、あれは本当にオーストラリアには酷なPK宣告だった。あれは誰が見てもシミュレーションぽかったし、PKを与えるほどの反則とは言えなかったから、ひどい判定だとは思ったものの、オーストラリアはそれを受け入れ、敗戦後も堂々としていて見事だった。このチームと戦う前に「ここにだけは確実に一勝」と言っていた日本は猛省すべきだろう…。
とまあそんな調子で朝は11時過ぎに宅急便の「ピンポ〜ン」で起こされる。受け取ると、虔十書林の店主・多田さんから、山形のさくらんぼ。毎年ありがとうございます。こういう旬の食べ物は体にもいいことだろう。ビタミンもたっぷりだし。京都の連れにスカイプで通信、京都から何かお返しに送ってもらうように伝えるが、その後思いなおして、夕張メロンゼリーをお返しに送る手配をする。
【楽天市場】ゆうばりめろん城:夕張メロンで作ったメロンゼリーご賞味ください
いや、このゼリー本当に美味いっすよ、オススメです。まるでメロンの果肉を食べているかのような食感と味、一度お試しください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。