--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-13(Thu)

米原万里さんが亡くなる 追記・癌と生きるうえで

全ての代替療法が詐欺ではない、にしても。
自分の体の中の細胞は日々、ストレスにさらされており、癌細胞への変化の危機にさらされているそうです。健康な人でも、毎日数千の細胞が癌化しています。体の免疫作用によってそれらは退治されますが、次から次へとその戦いは繰り返されています。当然、いつか「癌化の勢いが免疫力を上回る日」が訪れても不思議はありません。問題は生きているうちに出来るだけ「その日」が来ないように暮らすことなのでしょう。強いストレスを感じない暮らし方をする、難しいですがそうなったらなるべく心身を休ませ、ストレスは溜めないようにする。喫煙や過度の飲酒、暴飲暴食を避け、不規則な生活を改める。こういった当たり前のことで、「その日」の到来を先に延ばすことが出来るのだと思います。
それでも、不幸にしてまだまだ人生先が長いと思われる時機に、「その日」が来てしまった人が、癌患者です。
ですが、「その日」が来たからといって、それがただちに「死の宣告」ではありません。
いわゆる余命宣告にしても、それはそのまま放置した場合の話であって、「その日」から癌細胞が何らかのタイミングで確認されるまでのタイムラグが小さければ小さいほど、治る確率は高くなります。早期発見が出来れば、ほとんどの癌は治ります。
一部の例外(発病してしまったら早期に発見できてもあまり意味のない癌=つまりその部位なり腫瘍そのものを取り除くということが出来ない、血液の癌と言われる白血病や悪性リンパ腫など)を除けば、早いうちに発見された悪性腫瘍=癌そのものは、それを物理的に除去=摘出できれば治癒の可能性が極めて高いことは、すでに現代医学では常識ですし、数多の臨床例によって証明されています。そしてその手術も薬剤にしても、日々確実に進歩しているのです。あの黒澤明監督の映画『生きる』の時代、「胃癌」が発見された段階でもう「死刑宣告」と同様に思われていた時代とは隔世の感があるでしょう。
もちろん、幸い初期の癌を早期発見でき、それを摘出できても、患者は次に再発せぬよう注意しなければなりません。大体の人はこの段階で、先の「その日」をいかに遅らせるかということに気づいて、不摂生を改め、自らの健康に気を配るようになるはずです。
いずれにしても、癌患者は常に死の影におびえている人がほとんどです。前向きに明るく癌と戦っている人もたくさんおられますが、どんな人でも、癌を宣告された日から、そういった心境に達するまでには、恐怖と葛藤があったはずです。自分もそうであったように。
現代医学では、癌を完全に消滅させる、進行度に関わらず完全に治癒させるという決定的療法はまだ発見されていません。
したがって、患者さんたちの中には、ご自分が現在受けている治療による痛みや副作用に苦しんでいる、それでいて目の覚めるような改善効果が得られない等など、満足がいかない、不満がある、心配である、その他さまざまな不安定な状況に置かれていると思います。
そこへ、魅力的な「第四の療法」が提示されます。
そのほとんどは、手術、化学製剤、放射線照射という現在主流の療法の欠陥…副作用や痛みなどの欠点が「ない」かあるいは「軽い」ことを謳います。
今現在、苦しんでいる癌患者がそこに魅力を感じることは必定です。当然、興味を持つでしょうし、中には自ら試してみる患者さんもおられるでしょう。
ですが、そういった「第四の療法」のほとんどが、「極めて高額」であります。
もちろん保険が適用されないということがその理由ですが、それにしても、それほどの金額が必要であるのか疑問な療法もかなり多いのもまた、事実でしょう。
そうして、それらの極めて高額な療法を勧める人たちの多くは「現代医学の限界」を声高に叫び、欠陥をあげつらい、それに気づく人がまだまだ少ないために被験者すなわち患者も少なく、治療費が高額になるのである…という巧みな言説を使って勧誘するものです。そしてそれは結構な説得力を持つものです。実際に、そういった療法の中には、医学の現場から支持する人がいるものもあったりするので、患者を混乱させます。

先日、たまたま雑誌を整理していたら、亡くなった米原さんの「私の読書日記」が掲載された『週刊文春』が出てきました。今年の2月のものです。ほんとうに、何も意識せずにぱっと開いたページが米原さんのページだったので、思わず読み返してしまいました。「癌治療本を我が身を以て検証」と題されたその文章は、米原さんの癌との闘いの様子が、その真剣さが、鬼気迫るものとして伺えるものです。
抗癌剤治療による副作用の余りの激烈さに「死にたい」とさえ思ったこと。その二年半前に卵巣癌を摘出、さらに一年前には左鼠蹊部リンパ節に転移が発見されてからは、何とかして体へのダメージが大きい従来の手術・放射線・抗癌剤治療を避けようと、代替療法を探しては挑戦し続けたこと。そうしてそのほとんどが「弱みに付け込んで犯罪的に高価であった」こと、そうして自らの「再発によって全く無効であることを確認できた」こと…。
米原さんは結局、壮絶な戦いの後、今年の5月に亡くなったことはここでも触れましたが、たくさんのことを遺してくれました。もちろんご本業である様々な実績もそうですが、こうした赤裸々な自らの癌患者としての戦いの記録の中で自らの実体験を元にした「安易に詐欺に引っかかるな」という教訓もその一つだろうと思います。
必要なのは、こうして乱立するたくさんの第四の療法、民間療法を適切な方法で「評価」する公的な機関なり民間のネットワークでしょう。何よりも、実際に体験した患者の生の声、治癒率などの客観的かつ公平なデータの集積と公開です。その裏づけのないものや、改ざん・隠蔽するような療法は、もはや療法とは呼べない、ただの「商売」かあるいは「悪質な詐欺」でしかないでしょう。この場合は、ことが命に関わることであり、癌に苦しむ患者から高額な金を巻き上げるという意味において、極めて悪質であると言えるのではないでしょうか。
しかし、現実にどれが本当に効果があり、どれが詐欺であるかということは、先に述べたような評価機関やネットワークが確立されていない現状では、癌患者からは見極めにくくなっています。そして、詐欺師たちはそこに付け込んでくるのです…。
もちろん、全ての代替療法・第四の療法が詐欺であるなどと言う気は毛頭ありません。
例えば、キノコなどの菌類が免疫力を高める効果があることは医学界でも認められていることですから、それを意識的に摂取することで免疫力が高まり、結果的に癌の進行を遅らせたり、縮小させたりということがあるかも、知れません。それが事実だとしても、だからといって「キノコで癌が治る!」というと言い過ぎでしょう。同様にサメ軟骨だの何とか乳酸菌だのといったものも、全て「健康食品」として日々の健康増進にはいいかも知れませんが、それによって「癌まで治る」と謳えば、詐欺に近いグレーゾーンへ入ることになるでしょう。つまり、「ビタミンCは体にいい」というレベルと同じだと考えれば、おのずとその効果も、適正価格も見極められるのではないでしょうか。
また、活性化自己リンパ球療法なども、「現時点で三大療法を凌駕するには至っていない」とキチンと謳えば、あとは高額でも試したいという人は自己責任でやればいいわけでしょう。ちなみに米原さんは温熱療法(癌細胞は熱に弱い、だから高熱環境下に自分を置けば癌だけが死ぬ…という理屈)も実際に自分で試されたのだが、余りの高熱に苦痛を訴え疑問を呈したところ、医師から罵られ、金を返すから二度と来るなと言われ放逐されたといいます。
さまざまな「療法」「健康法」「健康食品」などが、従来の三大療法では食い止められない癌に苦しむ患者の前に提示される、そしてそれらのほとんどが高額かつ詐欺的であるという「現実」。
そういったものの「効果」に関しては、「だって私はこれで治ったんだから」という「臨床例」が宣伝役になり、口コミだったりネットへの書き込みだったり、かつまた書籍などへ登場することで「普及」に一役かったりします。ですが、この臨床例が実在し本物であったとしても、その効果が本当にその療法や薬品・食品摂取によるものかは検証不可能なことが多く、もっと言えば、実在しないこともまた多いのが現実です。手口は巧妙なのです、何せ「詐欺」ですから…。
何を信じ、何を実践するかは患者本人の選択の自由であっていいでしょう。ですが、今現在、信頼できる医師からキチンとした説明を十分に受け、自身も納得してその方針なり治療なりに委ねている場合なら、心穏やかに今のままいること。それが心と体の平安につながるでしょう。その心と体の平安は自己免疫力の向上になるわけですから、ヘタに高額な「健康食品」だの薬剤に手を出す必要はありません、無料ですし。
もし今現在、治療を任せている医師なり病院が信頼できず、心の平穏が得られずに体も苦痛な状態であるなら、それは大変不幸なことです。その不幸な状態での判断と行動は、大変な困難を伴います。健康な人でも病院や医師選びは難しいうえ、癌という困難な状況に置かれた患者は、心身ともに本当に尋常ならざる環境にあるわけですから、周囲のご家族や友人がよき相談相手になってあげることが重要でしょう。そうして十分な意見聴取と調査の上、速やかに転院されるのがいいと思います。
実は、病院や医師が信頼できるかできないかの見極めは、比較的簡単です。医師である前にまず人ですから、普段からの態度…表情や言葉遣いである程度人間性がわかりますが、その上で

・自分の疑問や質問に嫌な顔をせず、真摯に答えてくれるかどうか。
・セカンドオピニオンを求めたいという希望に、積極的に協力してくれるかどうか。


この二点だけを注意深く確認してみるだけで、かなりの部分、判定が可能です。
患者は最大の情報源です。何しろ、その病気を罹患している本人なのですから。ちょっとした小さなこと、些細な報告でも、本当に治したいと思う医師であれば聞こうとするはずです。繰り返しますが、患者がその病気の最大の情報源なのですから当然でしょう。
同じ理由で、他の医師の意見を求めることにも快く同意するはずです。本当に治したいのなら、自分以外の医師の見解も知りたいと思うのが当然だからです。
いまだに患者を見下しふんぞりかえってるような「センセイ様」はその時点で失格です。医師としての技量など、しょせん素人からは判定不可能ですから、まず人間性から判断してみましょう。そうした上で、他の患者さんの評判やキャリアなどを調べられればベストです。ちなみに自分の場合、タクシーの運転手さんの口コミが以外と正確だったという経験を持っています。病院に患者さんをよく運ぶからでしょうね。

ともかく、まずは従来の医療法の中で、最も自分に適した環境を選択すること。このことに最大の努力を払うべきです。それが、米原さんの遺して下さった貴重な「教訓」なのだと思います。その上で、信頼できる医師を見つけ、代替療法に興味を持ったらその医師に聞いてみればいいと思います。自分も、そうしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

可能性

巷に溢れる「代替療法」は、確かにレベルが低すぎますね、現実に。というのは、おっしゃるように基本的な、本当に初歩の臨床データを提示できない、しっかりしたエビデンスではなく仮定の上に仮定を積み上げて結論を導き出すという「詭弁」を弄したり、何を言いたいのか結局科学的な根拠はないまま「とにかく効く」というものまで、もう本当に調べれば調べるほど「ウンザリ」というのが本音です。
ここで改めてもう一度お伝えしたいのは、
「全ての代替療法がインチキだとは思わない」
ということで、その上で、だがそのほとんどが余りにも…ということなのです。
>現在医学、科学と違う方向性がある可能性は高い
結局はそういうことなんだと思います。巷にインチキが溢れるのも、そのことを理由というか論拠にするものも多いですし。
つまり、真贋を見極めるためには使う側、試す側の見識とか(笑)、調査とか、そういう広く深く大変な努力が必要だということになるんですよね。
そんな時間、もったいないというのも本音ですが…。
ともかく、残念ながら亡くなられてしまった米原さんは、ご自分で出来うる限りの代替療法を試し、調査し、自らの体をもって実験したということがどれだけ我々癌患者にとって有益であったかということ、もっと知られるべきだと思います。

うちの母親は、息子が癌になったと知るや、一箱数万円(1.5g×90本 合計135g入り)もする「生源」というスティック顆粒の「乳酸菌培養エキス食品」だか何だかを「知り合いの医者に勧められた、だから間違いない」という理屈で数箱買って送ってきました。もちろんもういらない、やめてくれと懇願してやめさせたんですが…。
別の機会には、水道水に「特殊な波動」を与えた、だから万病に効くというただの「水道水」の2ℓペットボトル1本で数千円というのも買わされました。それは成分表示にちゃんと「水道水」って書いてあるんですよね(笑)。従って詐欺にはなかなかなりにくいという巧妙なものでした。

人の弱みに付け込む、そうして金をいくら稼いでも墓に持っていけるわけではあるまいに、ましてや胸を張って生きていけるわけでもあるまいに、神仏を信じず否定し、自己の内部に戒めを持たぬ恥知らずな連中が多いことに唖然とします。

うーん

結局、
・invivo(生体内)とin vitro(試験管内)
・経口摂取と、静脈注射と組織内注射
などの比較検討もされぬまま、in vitroの試験だけで効果を歌う物が多いですよね。

また、たとえば細胞内で代謝に関連しているから体に良い訳ではないんですよ。だから、脳内物質を対外から摂取したところで殆どは使われない可能性が高いわけです。(蛍光マーカーかなにかを使って、体内吸収の比率と比率を明確に提示してくれればまだ納得しますけども。

まあ、現在医学、科学と違う方向性がある可能性は高いし(なぜなら科学とは一つの分析方法論の集大成に過ぎないから)それはそれで期待したいのですが、巷に流れている代替療法はあまりにも低レベル過ぎて、唖然とちゃいます。

なるほど

先日のコメント失礼しました。
よく、わかります。僕もおおむね賛成です(白取さんに。)
でもリンク先のサイト、すごいですね! 例の史輝出版の詐欺事件は記憶に新しいっす・・・出版も堕ちたもんですよね。「歴史に輝く」って、違う意味で名を残しましたね・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。