--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-23(Sun)

極楽・山本事件2 欽ちゃんの迷走

極楽とんぼの山本圭壱が(よりによって俺の誕生日に、誕生した地である)函館で未成年との飲酒と淫行に及んだ、例の事件。事態は事件そのものより、欽ちゃんこと萩本欽一による「スタンドプレー」の話題で持ちきりとなり、スポーツ新聞やワイドショーなどへ格好の話題提供&露出となった。これをして欽ちゃんの巧みな演出というのは言い過ぎだろう、何故なら計算された演出にしては、余りに稚拙であり、拙速であり、そして頓馬だからである。
当初欽ちゃんは「大好きな野球だけど、やめることにした」と言い、山本へは「球団、無くなったよ!」と叫んだ。涙は搾り出そうとしてはいたが、残念ながら溢れることはなかった。どうにも口調と表情から通常なら伝わってくるはずの共感や憐憫といったものが、こちら側に浮かばなかったのは、そのせいかもしれない。その日、(山本の所属球団であり、欽ちゃんがオーナーである)GoldenGoldsの公式サイトでは、すぐに球団解散の欽ちゃん発言が訂正され、そのすぐ後には肯定されるという迷走を見せたそうだ。これは見たわけではないが、とあるニュース番組でそう報告されていたし、実際に見たという証言もたくさんあるので事実なのだろう。
ここで「欽ちゃん涙の球団解散発言」の際に感じた不信感というか違和感は正しかったのだな、と確信した。
まあ子供でもなければ、今どきアマチュアの野球チームの運営がそうそう美味しいものではないことぐらい、誰でも知っているだろう。というより、美味しいどころか持ち出し、赤字のクラブチームがほとんどだ。なぜそれでも彼らはやるかというと、「大好きな野球だ」(欽ちゃん発言より)からだろう。アマチュアのスポーツって、そういう純粋なところが発露な場合がほとんどだと思う。でも欽ちゃん球団の場合は、ユニフォームを見れば一目瞭然お分かりのように、いくつかの企業スポンサーがついている。そこから当然、資金が援助されている。入場料など雀の涙であって、こうしたスポンサーからの金がなければ、そもそも遠征など出来ないだろう。そのことは全く異常でもずるいことでも何でもなく、むしろ素晴らしいことだと思う。企業が広告という形であれ、とりあえずアマチュアのスポーツチームを「援助」する形だから、それはそれでいい。
だが、芸能人、テレビなどが絡むと、ちょっと話が変わってくる。欽ちゃんは芸能人だし、チームにも芸能人…山本もそうだった…がいる。マスコミにも取り上げられ、そのことが宣伝にもなっており、球団側は話題を提供することで両者の利害が一致する。それが「世の中の仕組」である。
欽ちゃん球団…GoldenGoldsは芸能人が作り、在籍し、マスコミとも連携し、企業が金を出しており、恐らくは広告代理店が絡み(絡んでないわけがない)、そのようにたくさんの大人たちがうようよと集まっている「組織」なのだ。特に代理店なんかが入ってきたら、あれやこれやと口を出して来ないわけがない。これは俺もイヤというほど経験していることだ。
それなのに、欽ちゃんは「辞める」と一時の感情に任せてメディアの前で発言してしまった。周囲の「大人たち」は大慌てだったことだろう。
そしてたった4日でそれは撤回された。
たった4日でいいのか、という問題ではない。確かにその点だけは欽ちゃんが記者からの質問に激昂した通り、そういう問題ではないのだ。問題なのはたくさんの人が絡む球団の解散だの存続だのという大きな問題を、山本の事件があったからといって腹を立て、さりとて知らんフリも出来ず(未成年との酒席には他の選手も同席していた)、責任を問われる立場としては、ああいう格好で追求の出鼻をくじくしかなかったわけだ。
案の定、周囲は大慌てで右往左往し、公式サイトは迷走し、地元では存続の署名運動が沸き起こり、映像を見たマスコミは欽ちゃんの責任追及ではなく、同情を持って報道することとなった。そうしてそこまですることはない、欽ちゃんは悪くない、みんなもあんなに望んでるのだから、さあ存続へ…というレールが敷かれる。まあ、そんなところであり、それはそれで規定路線・予想通りなのでどうでもいい。
ここで一番可哀想なのはGoldenGoldsでまじめに野球に取り組んでいた選手たちだし、純粋にGoldenGoldsを愛しているファン、特に地元のファンたちだろう。欽ちゃんは「所属選手である山本が起こした不祥事については、監督である自分は責任を痛感している。関係各位には心からお詫び申し上げ、今後こうしたことの起きないように指導を徹底したい。謝罪以上の責任の取り方については、このような球団は個人の一存で決められる規模を超えているので、周囲ともよく相談して決めたい」となぜ言えなかったのだろう。
そこが欽ちゃんのいいところさ、あの言葉に嘘はないよ…という声もよく聞かれる。
そういう芸能人への過度の甘やかしが、こういう事件を招くのではないのか。未成年の買春や淫行に及んでも、シャブやマリファナに手を染めても、素人を殴っても、飲酒運転しても人をはねても悪質な違反で逮捕されても、万引きどころか集団窃盗をしても、もっと言えば「若い頃」暴走族だったりチンピラだったりしてたくさんの犯罪を犯し人に迷惑をかけてきても「やんちゃ」で済ませる、つまり何をしても数ヶ月かせいぜい一年程度の謹慎でしゃあしゃあと何事も無かったかのように「復帰」してくる奴らで、テレビは溢れかえっている。
吉本は今回異例の早さで山本を解雇した。今回のことだけではなく、何度もこうしたことがあり、堪忍袋の緒が切れたのだという説もあるが、とりあえず吉本の会見では「許されざる不法行為」というような表現を使っていた。これが未成年との飲酒と淫行を指すのなら、130Rの板尾やそのまんま東らはどうなるのだろうか。板尾はしゃあしゃあとNHKの番組にまで出演しているし、吉本ではないが東は政界へうって出るようなことを抜かしている。もっと言えば、未成年の少年たちへの長年に渡る「ホモセクハラ」行為で知られるジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長の所業は、それこそ絶対に「許されざる不法行為」ではないだろうか? テレビは全く報道しなかったが、週刊文春が被害にあった少年たちの告発記事を載せ、それをジャニーズ側が訴えて争われた裁判では、結局ジャニーズ側の敗訴が確定しているというのに。(一審は文春が敗訴したが控訴、2003年7月に東京高裁はジャニー喜多川の「ホモセクハラ行為」について、告発した少年たちの証言が「具体的で信用できる」とし、文春側の記事が信用に足ると認定した。この判決が最終的に最高裁で確定している)

山本を庇う気持ちも、ことさらに非難する気もない。「めちゃイケ」などでのキレ(笑)のある芸風はけっこう笑わせてもらったし、キレで言うなら相方の加藤は「狂犬」ぶりで売ってたはずではなかったか。そういえば、欽ちゃんと(坂上)二郎さんのコンビ「コント55号」の全盛期、欽ちゃんはその「キレぶり」が芸風で、それこそ温和な二郎さんを殴る蹴とばす押し倒す、それこそ汗だくで舞台狭しと「キレて」いたっけ。もっともその全盛期も昭和40年代までで、自分とてその最晩年しか知らないから、その後の「欽どこ」や最近の「仮装大賞」などでキャラを転換してからのイメージしか持たぬ人の方が多いのかも知らんが。

朝のワイドショー「スッキリ!」のMCに抜擢されるなど、キャラに合わぬ異例の抜擢を受けている加藤であるが、これまでの極楽とんぼの芸風を見てきた者にすれば、柄に似合わぬ優等生ヅラをしている加藤より、今回こうした不祥事を起こした山本の方が「しっくりくる」と言ったら言い過ぎだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

YouTube

物凄いですな!
加藤号泣謝罪映像もちろん見ましたが、自分はちょっと不憫な気がしました。
でも山本の場合、前科があり過ぎるらしいし、ご乱交もとい乱行ぶりは有名だしねえ。そういや以前「山本自宅マンションで5×5で乱交」事件てのもありましたな。吉本も庇いきれないというところでしょう。
それにつけ、彼の芸人としての才能は惜しいと思いますね。「めちゃイケ」で「奈良の騒音おばさん」に扮したやつ、台湾で台湾人相手にガチンコで笑わせたやつとか、数々の名作を遺してるわけなので、芸人としての再起を願いますよ俺も。
「欽ちゃん球団に選手として再起するのかどうか」は、別にど~~~~でもいいですが。

YouTube

凄いっすね。何か山本さんの過去のコントとかロケの映像と今回の事件報道が絡めてあったりして。
ていうか加藤の号泣映像、彼が本当に相方を愛してたのが伝わって胸がつまる・・・わけねえよ!途中二回くらい声をつまらせるところがあるんだが、(「16年連れ添った相方・・・」というくだりと「・・・解雇という」というとこ)そこがむしろ笑いどころというか。芸人ってああいうところでも笑われてナンボ。業の深い職業でんな。
それにしても「めちゃイケ」とか過去映像を見るにつれ、惜しい才能をなくしたというか。
山本さん、芸能界なんてユルいとこだから、また復帰できますよ! あの田代まさしだって盗撮でつかまった後、一回「めちゃイケ」に出てふざけてたんだし。

Unknown

ども・・
極楽加藤のスッキリでの謝罪映像ですが、YouTubeでアップされるや数百万アクセスあったそうですね。削除しても削除してもアップし直されて、事実上手付かず状態らしい・・・・
確かに、あんな加藤の姿は見たくなかったなあ.
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。