--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-05(Sat)

花火大会

8月5日(土)
朝、向かいの製氷工場の解体の騒音で起こされた。全くこのあたりは平穏に過ごせないことになっているようだ。

休日は静かだったので気がつかなかったが、引っ越してきてすぐに我々は自宅の周囲が工場だらけだったことに気付いた。鉄工所はガッツンガッツン終始金属音を響かせ、製氷所や製本所、印刷所、リネン工場などが騒音と悪臭を日夜撒き散らす場所だということは、不覚ながら平日に見に来なかった我々には気付けなかった。そして越してきてすぐに17号の共同溝工事が始まり、深夜〜早朝ずっと騒音に悩まされている。信じられないことに、この工事は引っ越してきて7年経ったというのに、いまだに続いている。その後隣の歯科一家が建て直し工事を始めて物凄い騒音が挨拶も遠慮もなく日夜響いて閉口した。さらにそれが終わるとその隣にある自動車修理工場の騒音が響き出し、タクシー会社の車庫が隣接していいるが、そこの運転手たちは早朝に下卑た笑い声や大声、アイドリング音を撒き散らす。こうして書いているだけで頭がくらくらしてくるが、こんな地獄のような場所に越してきた自分らがマヌケだったと諦めるしかない。

…その後も朦朧としたまま布団に居続けたが、11時ころフラフラと起きる。連れ合いは今日、明日と会議などがあって京都へ出勤する。なので化粧と支度は済んでおり、そのままソファに横になって休んでいたようすだが、俺が起きると起きて、12時前に出て行った。外は猛暑で、ドアを開けるとムアッと暑い。連れ合いも病弱なのでこの暑さは心配。
その後1時ちょいにメールが来て、「新幹線乗ったら夏休みでガキばっかり!」だと。拷問だなこりゃ、と同情する。今日は荒川を挟んで戸田市と合同で開催される、「いたばし花火大会」の日。7時過ぎからドンドンといい音が響き出し、時折大きな「ドォン!」という音で窓ガラスがビリビリしたりする。
連れは江戸っ子なので火事だの喧嘩だの花火だのというとワクワクそわそわし出して、落ち着かない人である。以前は花火というと一大イベントで、俺も元気な頃は昼前から荒川の土手に敷物を持って場所取りに行き、夜になると友人らと缶ビールやつまみを持って見物に出かけたこともあった。何年か前は友達と合流できず、終わってから飲み屋で落ち合うと、直後にバケツをひっくり返したような大雨になり、店内が水びたしになった…なんてこともあったっけ。
去年の花火の時は癌がほぼ間違いないという頃で、外科でリンパ節を摘出して生検に出す入院手術から退院し、あとはガリウムシンチもやって、結果を待って治療のために入院を待つ…そんな時期だった。とても花火を愉しむ気分になれず、家で夫婦でテレビを見て過ごしたっけ。あれから一年、まだ生きている。良かった。

さきほど9時前、「ドドドドド!」とナイアガラらしき音が最後に鳴り響いた。これにて花火大会は終了、今頃土手から17号のあたりは物凄い人ごみで混雑しているだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

花火大会

>gen様
ありがとうございます。花火は何のことはない夏の風物詩みたいなもんでしょうが、年を重ねるごとに思い出も積み重なっていくので、こうして病気になってからは格別な思いがありますね…。見られなかったですが。

>Bunさん
豪雨になったのはあの焼き鳥屋に入った直後だったすねえ。店内まで水がどおどおと流れてきてどうなるかと(笑)。あそこの店は店長が変わって、仕入れも変わったらしくあの当時の素晴らしい肉ではなくなったみたいです。うちら夫婦も酒を飲まなくなってしまったので(俺はたま~に外でビール程度)、もう一年以上行ってません。時々、でも生ビールをグイとやりたくなることはあります(笑)。

>松本さん
ご無沙汰してます。ノート買いましたか。「なぜかメールが出せない」という部分が気になります(笑)…。今んとこCore2Duoが出ましたがノート用はもうちょっと後みたいだし、出始めは高いのでCoreDuoノートがお買い得だったかと。ってそんな話は別の機会で(笑)。
荒川の土手まで行くと、けっこう離れてても綺麗っすよね、花火。うちはマンションの5階からかなり大きく見られます。暑いけど。

花火大会行きました

こんにちは。
私は近くの土手まで行って見てきました。会場からは遠いんですけど、充分楽しめました。
白取さんもご夫婦で、来年は楽しめますように!

関係ないですけど、ノート買いました。なぜかメールが出せないので、ここでひとことご報告させていただきます。

花火

その節は色々とお世話になりました。
楽しかったっすねぇ。
戸田橋の焼き鳥屋も懐かしいです、ってそんな昔じゃないか(笑)

もう1年になるんですね。これからもよろしくです。

Unknown

おめでとう!
本当によかった。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。