--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-30(Wed)

今日のお茶濁し猫写真 060830

真っ白・青い目の美人、ユキちゃんなんすが…






















こんな顔で寝なくても…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

猫ばかだもの。

>たまこ様
猫ってふだんの顔がキリッとしてるじゃないですか。(一部血統書付きのヘチャムクレ系を除いて)なんで、油断顔とのギャップが大きくていいですね。いいんだか悪いんだかよく解りませんが。
猫って年を経るごとに、賢くなっていくし優しくなっていくし、穏やかになっていくものです。これまでたくさんの猫と共に暮らし、別れを経験してきましたが、実感しますね。
でもユキ、うちではユキチと読んでますが、こいつは耳が聞こえないので、なかなか賢くならないようです。「おいで」という「手話」は覚えて、遠くからやってみせるとピョンコピョンコ跳ねるように来るのが可愛いですが…来たくないときは全く言うことを聞きません。
猫は飼い主に甘えたい時は甘える、媚びたいときは媚びるけど、ほっといて欲しいときは一人がいい…みたいな距離感がいいんですよね。何か対等でいるような感じが。犬も好きだけど、犬はご主人様への忠誠心が強すぎるし、必死な感じが切ないので服従させるのが好きじゃないと、辛いです。だからといって甘やかすと自分をボスと認識して権勢症候群みたいになるし…。
やっぱり自分は猫バカでいいです。

どうもです

>まりさん
いつもどうも~。
8/15のたけしのやつ、見ましたよ。主治医の先生がたはもちろん猫と一緒であることは昨年の入院時から知ってます。
猫や犬を寝室に入れるということは、免疫が低下している人じゃなくても、かなりリスクを伴うことであることも、昔から知っていました。まあ「猫ばか」ですからねえ…それでも寝るよというと「てててて」と走って布団の上に来たり、そろそろ寝るかと思うと鎮座していたりするのを見ると、トロトロになります(笑)。こっちの免疫力アップ効果(?)の方がいいかなと(笑)。猫ばかですからねえ…。
でも気をつけてはいますよ。猫触った後、すぐにその手で口に入れるものをつまんだりは絶対してません。ていうかウエルパスで消毒したりしてるし。自分がわがままをしている、その結果の責任については自分が負うわけで、それならば代償として不便があっても気をつけるところは気をつけよう、と。
いろいろご心配いただいてすいません。空気読めないとか、全然ないっすよ。むしろいつもいつもいろいろ情報をいただいて、ほんっとう~~に、助かっています。ありがとうございます。

べろでてるよん。そこがまたイイのだ。

うちの猫もこんな顔しますよ。くつろいでる時にぺろんとべろがでてることが多いかな。
不細工顔も可愛いよぉん。猫バカだもん。
うーんユキちゃんもうちの猫に負けていないくらい美猫だな。
うちは、おばあちゃんだけどね。 
↑その時点で負けた 

空気読めなくてすいません

かなり前からすごく気になっていたことがあって、でも「おせっかいもたいがいにしなくては・・・」と逡巡しておりました。
もう、ここでコメントを寄せられた皆さんから総スカンをくってもいいので言います。

猫ちゃんとの生活のことです。
詳しくは8月15日放送の「たけしのブラックホスピタル」
http://www.asahi.co.jp/hospital/" target=_blank>http://www.asahi.co.jp/hospital/
を御参照下さい。

猫ちゃんが白取さま御夫妻にとってどんなにかけがえのない存在か解ってるつもりです。自分なんかウサギ飼ってた時親ばかならぬ「うさばか」になりました。
それでも、当面寝室だけでも別にされるとか、主治医の方には猫ちゃんと一緒に生活されていることをお話しておかれるとかしていただければ・・・。

無粋で失礼でえらそうで、本当にごめんなさい。

Unknown

はじめまして。隠れファンのユカと申します。
初コメントします。
夫の転勤で引越ししてやっと落ち着いたところです。
最近インターネットを始めましたが、本当に便利ですね。
ブログもお気に入りです。
もっと早く始めるんだった、って思っています。
北陸に居ながら新居を探せるんだもの。
私もブログに挑戦しようかなぁ・・・
隠れファンのユカでした

ユキちゃん

仔猫の頃はブサイクだったんすが、だんだんと美猫になってきました。でも寝顔が…。半目で寝るのはもう普通、ときどきベロが出てます(笑)。一時、あまりの寝顔のひどさにデジカメで写真とりまくったりしてたんだけど、それがデフォと解ってきたので最近は暖かく見守っています。
夜俺ら夫婦が寝る時は、寝室に入ってきて一緒に寝るんですが、耳が聞こえないので、時々凄い大きな声で「ンニャオゥ!」とか寝言を言ったりします。当然こちらは「ビクリ」と起こされるんですが、本人(猫)は平気ですやすや寝ているという…しかもあの顔で。

Unknown

笑ってしまいました…

うはははぁ

百年の恋も冷めてしまいそうな寝顔ですな(笑)

くくく

すごい「ぶす猫」ぶりですね・・・・
起きてるときとのギャップがすごすぎて・・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。