--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-09-08(Fri)

消費税は上げるな!

9月8日(金)
曇天。朝はまた工事の騒音で叩き起こされる。この国って「騒音」を撒き散らすことへの規制が甘すぎないか。そして撒き散らす側の意識も低すぎないかと思う。今住んでるところは不動産会社に騙され、住宅地だと思ったら準工業地域だったというお粗末。こっちがマヌケだったと諦める日々。

ニュースでは、いよいよ自民党総裁選挙の告示とかで、「小泉後」に焦点が移っているとの報道。まあ「ハンカチ王子」を追っかけまわすよりはまだマシなのだが、やはり結局は出来レース。安倍さんが次期総裁となり次期総理となることは規定路線だろう。世論調査の結果なども各局、各紙公表して何やかやと分析をしてみせている。次期総裁に取り組んでもらいたい優先課題は何かという問いでは、どの調査でも大方が景気対策、年金、財政問題、高齢化対策、医療費や福祉などの「身近な問題」であり、憲法改正問題は国民としては余り優先度が高いとは思っていないことがわかる。外交では米国や北朝鮮との問題よりも、中国や韓国との関係改善を望む声が多いようだ。
さて消費税問題なのだが、いくつかのニュース番組やワイドショーをはしごして見ていて、愕然とするような映像が度々、それも複数の局で流れるのを目撃した。どういうことかというと、
「消費税は上がるのはしょうがないと思う」
という意見が、国民の側から出ている映像だ。
本当かよ。その理由としては、
・財政が立ち行かないのなら、痛みは分け合うべきだ
・福祉や雇用対策に使われるのならやむを得ない
・他の欧米諸国などはもっと高いから
 というような、一見もっともらしいもの。何も知らない小学生や中学生がこうした意見を真顔で述べるのは苦笑して「あのねえ…」と教えてやればいい話だけど、こういう「意見」の多くはイイ年をした大人の口から出ているのだ、信じられないことに。

財政が立ち行かないのはなぜなんだ? ちょっと考えれば、国内が不景気のドン底にあえいでいる時に国債を乱発し、一方ではハコモノを相変わらずダラダラと作らせたり特殊法人を温存し天下り官僚に高給と退職金を与え続けるのを放置し、外国には相変わらず(一時よりは減ったとはいえ)援助金をバラ撒いてきた結果じゃないか。
さらに福祉や雇用対策のために使われるのならやむを得ない、って何を寝ぼけたことを言ってるんだか。我々納税者に、租税立法に参加できる権利は、ない。さらにむしり取られた税金の使いみちをはっきりと解るかたちで公開してもらい、それを監視し、誤りを正したり責任を追及できるようなシステムも、ない。あるじゃないかという意見を言う御用学者や政治家もいるが、税金を使う側はあの手この手で開示する際に粉飾と改竄を加え、市民の監視の目をくらませるのは昔からの常套手段だ。今話題になっている地方自治体でボロボロ出てくる不正問題を知らないのだろうか。
最後に、他の国はもっと高いからって、もうこういう意見を聞くと「じゃあお前だけ払っとけ」と言いたくなるのだが、海外の消費税のパーセンテージだけを見れば、日本より高いところはたくさん、ある。だがしかし、それらの国では低所得者向けに生活必需品や食料品などを非課税か、低率に抑えているところがほとんどだ。世界的に見れば、日本のように金持ちも貧乏人も十把一からげにして一律に課税している国の方が遥かに少ない「異端」なのは常識だと思うが。
ちなみによく引き合いに出されるようだがアイルランドの消費税率は21%と確かに高い。だが食料品は非課税。イギリスもオーストラリアもメキシコも日本より消費税率は高いが、いずれも食料品には、消費税は、かからないんですよ。何でかって、「食べること」は生きることに欠かせないことだろう、それには金持ちも貧乏人も関係ねえからだろうが。あとこれも有名だけど、北欧諸国の高消費税も、高福祉国家とセットだからこそ国民が納得していることだ。医療費や教育費がほとんどタダ、なんですよ。「他の国はもっと高いし」とかマヌケな顔で抜かしてるおっさんたち、お前だけ15%黙って払っとけボケ。
前の記事「想像力」を引き合いに出して申し訳ないけど、役人どもはてめえらの不正は庇い合い助け合ってごまかし、せっせと日夜いかに税金で自分らがうまい汁を吸うかを考えてるだけで、「国民のためにはどうしても消費税を上げないと」なんてこれっぽっちも考えちゃいねぇんだよ。
もっと言えば、これまた有名な話だが、株取引という「不労所得」で得た収入にかかる税金は一律10%なのに、サラリーマンをはじめとする勤労所得は最高50%。何だよこの国。
かねがね、俺ら貧乏人は「ベンツ税」「宝石税」を作れと言っている。大金持ちは税率が20%だろうがベンツやランボルギーニだのを買う。宝石の値段なんてあって無いようなもんだから、税金が多くかかろうが買う奴は買う。ぜいたくをする奴から贅沢税を取れ。
もう一つ、公務員や政治家の汚職は一般国民の窃盗や詐欺罪よりも重罪にしろ。ヤツらは「国家から国民の金を盗んだ」わけだろう。その罪は極めて重いと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

激忙一段落

>Bunさん
「ネット世論」もねえ(笑)。テレビで今日紹介してた総裁選の話題。ヤフーのアンケートでは、次期総裁にふさわしい人のダントツ一位が麻生さんで、拮抗して谷垣さん、安倍さんはかなり離されて3位…って。日テレだったすけどね。アナウンス効果狙ってのことでしょうか。ちなみに数日前に見たアンケート投票の結果では、ダントツ1位が安倍さん、かなり引き離されてるが検討して意外な谷垣さん、麻生さんはずーーーーっと引き離されて3位だったす。
あと高級住宅税に賛成(笑)。

>幸ちゃん
そういえばアレでしたね(笑)。でも教育現場の大変さは誰もが知っていること。一所懸命やればやるほど貧乏くじをひくと、知り合いの先生も言ってます。管理教育が生徒だけではなく教師にまで向けられるとは世も末だと…。
それより墓参り、行ってないなあ…。母方はお袋がこないだも行ってくれたんだけど、父方は…。まあでも感謝の気持ちは忘れてませんが。

>龍さん
お役所仕事のお気楽ぶりには腹が立ちますなあ! まっとうにやってる人が気の毒…という気持ちになるけど、待てよ、まっとうに働く方が「普通」であり、決して偉くはないんだということに気付きますな。

まあ

公務員全てが悪いわけじゃないのは言わずもがな、当り前なんですよね。ついでに言えば真面目に仕事をするということが大前提で、当り前なわけで。あと民間と違うのはやっぱり税金を使っているということと、給与体系も手当も民間とは比較にならないくらい優遇されているということでしょう。それだけに、真面目にやって欲しいという思いが我々にはある、と。
手当や給与に見合う仕事量という意味では先生なんかかなり恵まれていない方の公務員だとは拝察いたしますけど。それでも、僕ら民間から見ると役場関係は楽チンに見えて仕方がないし(ていうか勤務実態を見ているとそう思う)、民間ならもっと少人数で効率的に短期間かつ低予算でやれるぜ、ということを大人数でダラダラやってるのも事実。
民間も公務員も、真面目に仕事をしている人の方が多いってのはあったりまえのこと。それゆえに、昨今の公務員どもの続発する不祥事・・・てか、「発覚が続発」していることに腹が立ちます。

函館日帰り

自分アレなんで、ちょっと書きにくいかな・・・w。
彼岸前にってことで、昨日、日帰り強行墓参りに単独で行ってきました。
配偶者は日曜出勤しているし(無給)、自分も仕事が混んでいてどうしても予定取れないんで、小雨の中を、往復9時間ほどで行ってきました。
雑草がかなり生えているし、お墓の土台がけっこう傷んでいましたが、現状確認だけで、対処する時間は無かったですわ。
墓地から見下ろす海だけは、変わらない風情で、ここんとこ叩かれてばかりでギスっていた心が、少し洗われました。
国縫まで延びた、儲けの少なそうな高速道路に、今回は感謝してますぞ・・・。

世論って云うけど

マスコミのニュースで流れる「街角の声」が絶望的に信用なりませんよね。
かと云って、別に「ネット世論(笑)」を盲信している訳でもないんですが。
ただネットで情報を漁れない立場のオジちゃんオバちゃん達はそんな
意識操作受けてる自覚なんて全然自覚がないから恐いですね。
(先日の親王誕生に際しての男系女系に関する意識調査@テレ朝でも
大々的な数字の操作があったらしいですね)

まぁマスゴミの話はこれくらいで。
消費税に関する考えは大体同意ですねー
まずは節約が先だろうが、あと金利を(特に消費者金融の)どうにか
しろよまったく!とか云いたくなりますイヤ云わせろ!
(云ってるけど)
高級住宅にも税金かけて欲しいっすよねー
地上××階以上の部屋に住むヤツには特別課税、とか。
そうすれば住宅地に高層マンションが建ちにくくなって、日照権の
問題とか減るかも。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。