--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-10-07(Sat)

スピーカにこだわる?

10月7日(土)
夕べは2時過ぎに寝たが、俺だけ寝られず1時間ほど悶々とする。寝てしまってからは比較的ぐっすり寝られたが、朝8時にはまた工事の騒音で起こされる。もうホンットにほとほと参る。土建屋のやりたい放題か。11時過ぎに腹を立てながら起きるが、こんな生活病気にもいいわけねえよなあと思う。天気は低気圧が去って晴天、気温も上がるというが風はまだ強い。今日は連れ合いが大学での講義資料にする本をコピーしたいというので、板橋区立蓮根図書館へ行くことにする。メールチェックすると仕事のデータが届いていたので、図書館へ出かける前に済ませてしまう。作業は全部12時10分くらいに終了したので、12時32分のバスで行くことにし、MLBア・リーグのディビジョンシリーズ、1勝1敗で敵地へ乗り込んだヤンキースが0−6で完敗したのを見てから出た。
外は風がまだ強いが、気温は26度越えと暑いくらい。ときわ台行きのバスで検車場で降り、歩いて蓮根図書館へ。ここへ入るのはいったい何年ぶりだろうかという感じ。連れ合いが詩画集のようなものはないかというがないので、夢二とか適当な3冊ほどをチョイスし、コピーしている間外で待ち、合流して歩いてデニーズへ。ちょっとだけ待って禁煙席へ通され、昼食。ゆっくり食べて、隣の文教堂で本をいろいろ物色、数冊オタクやサブカル関連の本を買う。連れ合いは京都への通勤時、新幹線車内で読む新書などを買った。帰宅3時過ぎ。
その後居間のスピーカー、テレビの音声が出なくなったのでTDKのアンプ付きのスピーカーをつないで聞いていたのだが、やはり「ドンシャリ」が気になる。座っているとウーハーからのそこそこの低音はいいけれども、立つと高温のシャリシャリした音しか聞こえずに耳障り、さらに中高音部を担当する左右のスピーカがフラットで全方位型なのはいいが、逆に言えばチャンネル分けが明確に出ず、音の広がりが伝わらない。不満ばかり出てきたので、ずっと置物になっていた20年以上前に実家と上京して数年だけ使っていたコンポに付属していた、テクニクスの平面コーンのスピーカをアンプにつなぐ算段をする。これが接続コードの相性で思わぬ難工事になったが何とかうまくいき、AVセレクタをかましてテレビとPCを切り替えできるようにして、ためしにクリエイティヴのHDDプレーヤ、NOMAD-ZenExtraで音楽を聞いてみる。やはり出力ワット数に問題があるので低音はイマイチながら、まあ中高音部の再現はアップしたので健闘だろう。思えば中学生の頃に兄のお下がりでコンポを入手してからしばらくはオーディオマニアだったっけ。その当時を考えれば、CDからmp3に落とした音楽の音質を気にしてるんだから、情けないっちゃあ情けない…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。