--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-01(Wed)

クソガキとバカ親

11月2日(木)
今朝も8時ころ脇にユキが啼きながら起こしに来て、なでてやっていると人の腕を甘噛みしたりゴロゴロとひとしきり甘えては出て行き、ヤレヤレとうとうとするとすぐ戻ってきて…の繰り返し。結局その後しばらくしてから起きた。夫婦二人とも寝不足気味で、テレビを見ながらうとうと。小仕事がこまごまとあるのだが、気力が出ない。連れ合いは連れ合いで、通っている大学のこまごました用事がけっこうあって、一日に数回はノートPCに向かっているが、今日はやはりだるそう。今日はうす曇りで気温は昨日より低い。午後、連れが次の分の新幹線の切符を買うというので、3時ころ買い物もあるので二人で出かけた。
駅前まで歩く途中、埼京線のガード下で猫を見つける。ガード下はタクシー会社の車庫になっているが、その隣にある倉庫のような雑然としたところのネットごしに茶トラ猫が寝ていた。前にいつもいた猫たちではないようだった。連れがファミマで金をおろし、切符を買う間、俺はマルエツ脇にあるDOMDOMでベーコンエッグバーガーとクリームソーダを頼んで窓際に座って食べはじめる。だが店内が異常に騒がしい。幼稚園児くらいの女の子二人がギャーギャー騒いでおり、走り回るは椅子の上に載ってくるくる廻るはで、周囲の客も眉をひそめてはいるが無視している。見るとその親らしい20代後半とおぼしき女二人は別のボックスにおり、とうに食い終わっているのにベチャクチャとガキほったらかしでくっちゃべっている。死ねばいいのに。それよりこの今うるさいクソガキ二人をどうやってブチ殺そうか妄想しつつハンバーガーを食う。食い終わったころにガキとその親をブチ殺す妄想が本当になりそうになったので、「オイ、お前らこのガキども何とかせえよコラ!」と怒鳴ろうと立ち上がったら、連れ合いが入ってきた。こちらを見たのでトレイとゴミを下げつつ「ダメ、最悪だから出よう」と言って出る。「(ハンバーガーが)まずいの?」と聞くので店内を指で示すとすぐに納得。
その後マルエツで買い物をして帰宅。その帰路に野良にやろうと買ったちくわをちぎって連れが茶トラにやるが、寝ていた茶トラは金網ごしに投げ入れられたちくわに囲まれてキョトンとしていた。食ったことがないのかも知れない。こういう野良にエサを与えることをキーキー怒る人もいるが、猫を捨てた人間に文句を言え。「今ここにある命」に罪はなかろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。