--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-24(Sun)

「昼はチリンチリン、夜はベロンベロン」…M1グランプリでチュートリアルが優勝

赤羽に連れと買い物に出る。今は風邪だけでなくノロウィルスもあるから、免疫力の低下している自分は怖い。なのでマスクなどで完全防備。冬物のパジャマ、食品類を買ってタクシーで帰宅、夜7時前くらい。その後は楽しみにしていたM−1グランプリを途中から見る。M1はしょせんは吉本お手製じゃないか、今年は素人で決勝に残った女二人組(変ホ長調)もいるが、それはアリバイじゃねえのか、みたいな謗りもあるものの、構図・構造はどうあれ見せられる「芸」は彼ら芸人が発するものに間違いない。テレビ、何とかチュートリアルには間に合った。M1は毎年見ているが、今年は連れに「チュートリアルが取るよ」と宣言というか予言(笑)していた。そしてやはり予想通り、ぶっちぎりの面白さで1000万を獲得した。
「予想通り」というのはまあ優勝という結果のことだけど、俺が予想していたのは例の徳井が外国人コメディアンをやるネタのこと。しかし今回はそれを封印(?)し、友人が冷蔵庫を買ったというネタで最終決戦3組にトップで進み、麒麟、フットボールアワーとの本決勝は自転車のベル(チリンチリン)が盗まれたというネタを大きく膨らませて爆笑をさらう。結果文句なく審査員全員一致で優勝した。審査員一致というのは初めて見た。去年のブラマヨの決勝も神がかり的な面白さで見事だったが、それに匹敵するというかまさる面白さだった。
実は数年前から「笑い飯」をひそかに応援しているのだけど、何年か前の車を運転するネタの後半、入れ違い加速していく二人の高速ボケが神業的なものだったので注目していたのに、最近はどうもその「加速」にいたるギアチェンジが今ひとつ。今回は意気込みを聞かれたコメントで、狙ったのか私服なのか意味不明のライオンズの帽子にダサいグラサンで「金、欲しいッスよ」と言った西田の風体が一番笑えたという始末。
それにしてもチュートリアルは「コント」ではなく「しゃべくり漫才」の面白さをキッチリと伝えてくれたと思う。4分間という時間の中で、シュールなコントやとっぴな設定での芝居はかなりキツい。よって本当に素の実力、話術、芸が問われると思う。去年のブラマヨもそうだったし、今年のチュートリアルもまさにそこの真髄を見せてくれた。たった二人で、何の設定も小道具もいらず、何ならマイクも使わずに周囲の人たちを引き込み爆笑させる正統派の「漫才」の力を再確認させられた。
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。