--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-27(Wed)

教え子からのクリスマスカード

台風のような暴風雨が夜通し続いていたが、昼ころには青空。だが郵便を取るため玄関を開けると、もの凄い風。風は凄いが生暖かい、この時期としては気持ちの悪い陽気だ。フェーン現象とやらのせいだ。
郵便物を取って戻ると、教え子のNさんからのクリスマスカード。こないだはOさんからも近況報告の手紙を貰ったが、この二人と数人の教え子たちがこないだ集まったという報告だった。みんな元気だそうで、ひと安心。
Nさんは新しい彼氏が出来ました、とプリクラが貼ってあった(笑)。ひと安心。
二人ともときどきこうやって近況を報告してくれるのが嬉しい。一度縁あって関わった先生と生徒、関係を切るのは俺の側からではない。俺の方はみんな全部ずっと教え子であることは変わらない。なのでこうやって思い出してくれるというのはまだつながっているからであり、それはやっぱり嬉しいことである。
ていうか彼女たちはすこぶる優秀な生徒たちであったが、もっと心配な子らがたくさんいるんだけどなあ(笑)。
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。