--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-01(Mon)

元日です

あけましておめでとうございます。

癌告知を受けてから2度目の正月を迎えられたことに、素直に感謝したい。去年はまだまだ自分がどうなるのか判らずに不安が一杯のまま迎えた正月だった。今年もその状況は変わっていないが、去年一年は気分的に白血病をはじめとする同じような血液腫瘍のニュースをよく目にしたような、いわゆる「血液の癌」で亡くなった有名人が多かったような気がした。芸能人だと一昨年の本田美奈子の報道がまだ続いていて、年末はカンニング中島で終わった…というか。同じような病気で若くして死んでいく人たちを知ると、不安にならないと言えばウソになる。だが人それぞれ、運命というものがあるのだろう。

相変わらず自分が血液の癌であること、幸い進行は遅いものの治療法も治療薬も決定的なものはないこと、いったいいつ癌が暴れ出すかということなどが判らないままだ。そんな中で去年と今年で違うのは気持ちの持ちようかな、と思う。
自分が病気であることは認識し、なるべく不摂生はしないこと、感染症に気をつけはするが、必要以上に病人意識を持たないこと。つまり精神的に暗く落ち込まないことだ。いつ死ぬのか判らないということは普通の人と同じじゃないか、という考えに転換したことで、ずいぶん楽な気持ちになった。前向き、じゃあないと思うけれども、少なくとも悲観的ではなく、後ろ向きでもない。それでいいや、と。

出版社にいたころに比べるとずいぶん少なくはなったけど、年賀状をたくさんいただきました、ありがとうございます。
今年も年賀状は寒中見舞いとして近日中にご挨拶申し上げます。
皆さんにとっても良い一年でありますように!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。