--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-01-02(Tue)

初詣

1月2日(火)
蓮根氷川神社今朝は連れ合いが先に起きて居間の掃除をしている気配がして起きる。今日は次女のYちゃんが昼ころにはこちらへ来るとメールで聞いていたので、二人で雑煮の支度、机周りの片付け。
今年のおせちはカンタンなもので、連れが京都で買ってきた栗に市販の栗きんとんをあわせたもの、やはり京都・丹波の黒豆、あとは紅白のかまぼこにいくらと数の子。それに昨日になって連れが大根とにんじんでなますを作った。
支度が終わってテレビを見ていると、1時前くらいにYちゃんがくる。今日は旦那が親戚たちの集まりに子ども二人を連れてったそうで、Yちゃんは久々に実家へ来たというわけ。子ども二人は向こうにお泊りなので、いつものように夕方のお迎えまでに慌しく帰ることもなく、ゆっくりしてられるようだ。
大晦日に連れ合いが鶏ガラから作ったスープをベースにしょうゆ味の雑煮に、京都で買ってきたもちを焼いて入れる。しばらく煮込むともちがトロトロになり、食べごろになったところで食べる。具は鶏肉、ほうれん草、白ネギ、椎茸、仕上げに三つ葉。柚子は今日は散らさず。冷凍してあったカニ足も出して、テレビを見つつ食う。
ユキは遊んでもらえるので大はしゃぎで飛び回ったり甘えたり。俺たち夫婦二人だと日ごろあまり長い時間は遊んでもらえないので、ここぞとばかりに走り回っている。
夕方4時ころ初詣がてら買い物に行こうということになり、3人で支度をして出る。Yちゃんが来ると車があるので、大きな買い物などがあるときは大助かり。二ヶ月ほど前に、近くのドイトに枇杷の苗を取り寄せてもらっていたのだが、土や鉢を入れると大荷物になるのでなかなか取りに行けなかったが、今日はチャンスと思い寄ってみると正月なのに開いてた。枇杷の苗、土12kg、鉢、シャベルなどを買う。それらを積んで、蓮根の氷川神社へ。
この小さな神社は蓮根に住んでいた頃…92年ころから99年ころまでは毎年のようにお参りに行っていたところ。神社横にある駐車場に着くころにはもう暗くなっていて、たった2つ出ていた出店も店じまいをしていた。お参りをして、無事にこうして正月を迎えられたお礼と、今年の健康を祈る。境内のおみくじを買うと「吉」。運勢としては普通ではあるが、「病気(やまい)」の項目には「強く願えばなおる」とあり、嬉しかった。
その後スーパーへ寄ってもらい、夕飯用の持ち帰り寿司、菓子類、Yちゃんちの買い物をして帰宅。夕飯はその寿司で、これはかなりネタが良く美味だった。俺は昨年知り合いにお歳暮にといただいた缶ビールを久しぶりに飲む。350mlと500ml1本ずつ。家でこうしてビールを飲むのは退院後初めてじゃないかな、生きてて良かった…と思う。ただずいぶん酒には弱くなったようで、その後二人がネットでいろいろ検索したりしているのを見ている間にうとうと。すると寝ているマヌケ面を写真撮られて笑われる。まあ楽しいお正月、という感じです。
また来年も平和な正月が迎えられるといいなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。