--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-05-29(Tue)

「死んでお詫び」はできない

昼にテレビを見ていたら昨日の松岡農水大臣の自殺に続き、今日は談合で今問題になっている緑資源機構(の前身、旧森林開発公団)の理事が自宅マンションから投身自殺したというニュースが入ってきた。どいつもこいつも悪事がバレたら死ねばいいと思ってやがる、とバス停でおっさんがいまいましそうに言ってたのを聞いたことがあるが、言い方はともかくまっとうな考え方だと思う。
談合というのは国民からの税金の不当な搾取つまり窃盗である。それも一般の盗みではなく国民が稼いだ税金というカネを掠め取る、極めて悪質で卑劣な窃盗なのだ。このことを有権者はもっともっと自覚すべきだし、怒るべきだろう。そして罪も極刑とは言わぬが一生台無しにするくらい重くしろ。そうすれば政治家や官僚を志す人間はもう少し「本来すべきこと」を志す人間が増えるだろうに。
松岡大臣はこわもてで豪腕な、典型的な族議員として知られていて、とかくその強引とも言えるような露骨な利益誘導の手法はまあ言ってみれば旧来の自民党議員の典型でもあったわけだ。そんな松岡氏も小泉政権末期〜安倍政権にかけて、彼なりに旧来型の手法が通用しなくなりつつあることを自覚したようで、あくまでも「彼なり」に改革の必要性を安倍官房長官(当時)に訴え、安倍氏は次第に信頼を寄せるようになった…というのが「定説」。
そういう成り行きはどうでもいいが、要するに金まみれ、相次ぐスキャンダルで松岡氏の一般庶民からの評判はコミカルなほどに地に堕ちていた。コミカル、というのはもちろん例の「ナントカ還元水」のことである。今回の緑資源の談合問題と、そこから献金という名でカネを吸い上げてきた構図が見えると、もはや松岡氏をこのまま閣内に、いや国会議員にさえとどめておくこと自体がどうかという段階に国民の意識は来ていたのに、安倍総理は更迭を避け続け、庇い続けた。
もちろん任命責任を問われることを避けるためもあろうが、それにしても、そのことで松岡氏が苦しみ、その煩悶の果てに…というのが自殺の真相だとすれば、安倍総理の責任は単なる総理としてのそれよりも重いと言わざるを得ない。一人の人間が命を捨てなければならないところまで追い込まれるということ、それも政治家というある種強心臓でなくては勤まらない職業で、その中でもこわもてと言われた人間にして、だ。その苦悩はかなりなものだったろう。
だがよく言われるような、「犯した罪の重さに苦しんだ」のではないだろう、もしそうだとしたら最初から「ああいう政治家」にはなってないはずだ。すべてを打ち明けて謝罪した上で出直しをしたい=つまりよく政治家が言うところの「禊」をしたい、そう思っても任命者を含めた周辺が許さない。その間も国民や野党や、最近では身内からも責任を追及する声が高まる。どうすりゃいいのよ…という板ばさみの苦悩の果てなら、理解できなくはない。
それにしても身内の自民党議員からは「志半ばで無念だろう」という声もあるようだが、「志」って何だ? 「もっと儲けたかっただろうに残念だったな」という意味か? この場合だって是々非々であり、「亡くなったこと」は残念でご冥福をお祈りすべきだが、彼の政治家としての責任の追及は、それを許した体質や制度そのものも含めてキッチリと行われるべきじゃないのか。日本人は死ぬと神や仏に祭り上げられ、水に流すとかいうことを美徳とする場合もあるが、悪事を働いた(のはほぼ確実)人間の、負の部分をすべてなかったことにするというのは単なる思考停止でしかない。命を捨てることは責任を取ることではない。今回松岡氏のことを黙って腹を切ることを美徳とした侍呼ばわりする声もあることに驚きを禁じえないが、何かそういうことで感傷的になったり思考停止したり、はたまた過剰な美化を行ったり、つまりは正確な判断を失うのは情緒豊かなニホンジンの悪いところでもある。死んでお詫びをする、というが死んだことで真相究明がうやむやになり、関わった人間で何人かはホッとする奴がおり、またそういった「国民の税金の窃盗」という構図が温存される…ということでは、極めてタチが悪い「解決方法」ではないか。


ところでこういうことを言うとお前は民主党支持か、いやさ共産党員かという下衆の勘ぐりが多いので嫌気がさすが、自分は特定の支持政党は持たない。小泉前総理が自民党をブッ壊すと言って改革を訴えたときは、支持さえした。つまり当たり前だが是々非々、である。それはそれ、これはこれ。ずっと一貫してそう生きてきたつもりなんだけどなあ、と。石原都知事の政策にも支持すべきところは支持している。だが東京オリンピック誘致には大反対、と以前述べたところ、どっかのバカがあちこちのブログのコメント欄に、その記事へのリンクを俺の名前で俺が貼り付けたようにしている。当然右方面からは嫌がらせや脅迫が殺到する。こういうことは犯罪にもなるはずだが、とめる手立ては今のところないので、「自分ではない」としか言いようがない。以前にもこういうことがあったが(2ちゃんねるで俺の名を語って投稿した奴が出た)、俺は自分の意見は名前を出して述べる。その場合も名前だけ書いてアンカーだけを貼るというような無礼な真似はしない。(…とこう書くと今度は名を語ってでたらめなことを書く輩が現れるのだろうが、もういい加減にipの開示請求は本人の名を語られた場合や名誉毀損の疑いのある場合は認めて欲しいものだ。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。