--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-10(Sun)

「規制緩和」の果て

介護サービス大手のコムスンの問題。事業所指定の不正取得で厚生労働省から指定打ち切り処分を受けた後、親会社の会長である折口雅博会長はメディアに出ずっぱりだ。問題発覚後数日は音なしの構えを見せていたが、その後は記者会見、そしてまるで「お詫び行脚」のようなメディアへの露出ぶりである。田原総一朗に怒られ、桜井よしこに叱られ、なみだ目と落武者のようなヘアスタイルを見ない日はない。
規制緩和とか「官から民へ」などといった掛け声で、とうとう介護までこうして「資本の論理」に組み込まれるようになった結果がコレだろう。数年前に「介護」が「ビジネス」になるというこうしたニュースと流れを見ていて、連れ合いと「あ〜あ、これから介護医療の現場は大変なことになるよ」と話していたものだ。
そもそも介護も含めた医療や福祉というものは一番商売というものから遠くあるべきものだろう。もちろん医療だってそれで食ってる人たちがいるんだから奇麗事は言わないが、介護福祉って公共サービスの最たるものだったはず。役人に仕事を与えているという意味しか持たない規制は緩和すべきだが、民に丸投げすりゃいいってものじゃないだろうに。だいたい介護福祉の場に商売、資本の論理がどっかりと中心に入ってくるとどうなるか。利潤の追求、コストダウン、効率重視なんでもいいが、本来の目的から乖離してくることは目に見えてわかっていたはず。だが、国に任せておくとどうなるかというと、例によって仕事しねえんだなコレが。役人やコーム員連中はホンットに、サービスという概念をわかっていない。では規制緩和で民に移管すればどうなるか…って、こうなったわけだよ。
民間で出来るサービスは民へ移譲するのはまあいい、であれば役所は何をするの? 許認可と監督でしょ? 本来てめえらがやっていた仕事をただ丸投げして、お役人たちが楽をすることが「規制緩和」の正体である。バブルに踊り狂い、介護福祉が規制緩和と知るや「儲けたい」と公言してはばからぬ、そして今問題の人材派遣という名の「口入れ屋」をやってワーキング・プアから小銭を巻き上げて太るような連中に介護サービスを任せること自体、厚生労働省は間違っていたのだ。(何度も言うけど役人どもは「生きさせろ!」を熟読しろよ、頼むから。)そういった意味では、今回の異例とも言える迅速かつ厳しい対応は、役人にしては珍しく目をみはる素晴らしさではあった。
ワタミやニチイといった同業他社がコムスン撤退後の受け皿として浮上、というニュースが最近出てきているが、思い出すのはISPの規制緩和時のことだ。かつて、十数年前にインターネット接続業への規制緩和で異業種からの参入が容易になった際、われもわれもとプロバイダを名乗り、全国で中小零細さまざまなISP(インターネット・サービス・プロバイダ)が林立したことがあった。当時はそれこそ土建屋から金余りのお百姓さんまで(本当の話だ)、プロバイダを名乗って接続契約を争った。そもそも当時はネット回線自体インフラが脆弱だったし、当然回線はまた貸しならぬまた借りなんかもザラで、トラブルも非常に多かった。もちろん今では大手数社に収斂されたわけだが、規制緩和の後はこういうことがしばしば起こる。だがネット接続ならまあそれほど社会問題にもならずに済んだものの、ことが人の健康や命に関わることになる=介護や医療福祉となると別だろう。商売、効率重視、カネカネカネ…そんな論理が一番、介護の現場には不要なもののはずなんだろうに…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。