--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-21(Thu)

「日本沈没」とかについて

いや昨日の記事を見てね、「日本沈没」を良かったと褒める匿名の人、まあ多分ジャニオタか何かの人かと思われますが、「最後まで見ていないくせに批判するのはおかしい」という意見がございました。
ふうん。あの映画、最後まで見られたんだあ。偉い偉い。
ってこういう態度はアレですが、前作との比較はこの際やめましょう。ただ、小松左京の原作をこれだけ愚弄するとは、黙っておれません。自分は筒井康隆やヨコジュンが「ハチャメチャ」だった日本SF小説黄金期の作品をたくさん読んできました。小学生にも解りやすく面白かった星新一から、小松、石川、筒井、横田…と兄の影響もあってずんずん読んでったものです。もちろん「日本沈没」も、さらに「日本以外全部沈没」も当然読んでます。ちなみに原作に一番近かったのは前の映画ではなく、よく言われるように小林桂樹と村野武範や由美かおるが主演したテレビドラマだった。あれの放送時はまだ小学生だったけれど、小説の世界がそのまま再現されたかのような緊迫感に、子供ながらに夢中になったのを覚えてます。
で今回のリメイクですが、よく言われるようにCGはなかなかたいしたものであった、とは思う。思うが、これは技術の進歩によるもので、取り立てて監督の演出だとか、脚本の妙、役者の演技などとは無関係。もっと言えば映画の出来不出来とも無関係(とも言い切れないが、本作の場合は)ところでこの映画の脚本家は…何をやりたいのか意味不明だ。(ちなみにあのドラマ版の脚本には、石堂淑朗氏が参加している)監督の演出はもっと意味不明だが。こんな甘ったるい恋愛模様なんか盛り込む必要あったか? 昨今のテレビボケしたジャニタレにキャーキャー言ってる日本映画の観客どもにはこの程度で充分と思ったか。とにかくよく言われてるように、日本が沈没すると解る、そのことは文字通り国家存亡の危機である、それなのに「対策」があの程度か? 何故草薙はあの状況下でうろうろと自由にのほほんとうろつきまわっている? ちょっと見ただけでもあまりに場面転換が多くてクラクラしたものだ。
俺たちが見ていられたのは、ミッチー(ちなみに及川光博のいつもと違う静かな演技はまだマシであった)が海底に爆弾突っ込みに行って失敗、トヨエツ(この博士一人が対策を考えるって設定もどうよ?)が一応悔しがったりするが、自分が行くわけでもなく、次の人を待つみたいな部分まででアウト、でした。
この後の成り行きと感想は多くの最後まで見た人たちのご意見から伺うしかありません。だけど、概ね俺が見たところまでの俺の感想と同じ意見が多かったし、それ以降に関しても「活火山の多い日本列島で、それも磐梯山や安達太良山、吾妻山といった有名な活火山がある福島だけ震災の被害がなかったのかが不思議」とか、「映画を見せる」以前の問題が多々ある、つまりは「ヤッツケ」的な制作体勢そのものに問題があるという指摘が多かったと見受けられる。
つまり、テレビで人気の、というか巨大事務所の力で露出させまくって「人気である」「才能がある」とごり押しされて勘違いさせられている能無しタレントを安易に起用し、そのテレビの力でまたガンガン宣伝し、阿呆どもの「感動しましたぁ〜」なんて感想をタレ流し、あとは二次使用三次使用で儲けよう(DVDとかね、でも誰が買うんだろう)という魂胆がもう丸見えのスッケスケ。どうせアホでもタレント使って映画撮ろうってんならさあ、せめて、そのタレントに合わせてキチンと個性が出る、ファンも納得させられる脚本を「一から作ってあてがう」くらいの努力とオツムは使えよ。過去のヒット作や名作を持ってきて焼き直し、ロクな演出もできねえもんだから学芸会みたいな台詞や演技を直しもせず、説明的なテロップを多用し、感情移入する間もなくテレビのバラエティのように場面が転換し、中途半端なロマンスやお涙頂戴を原作を冒涜するかの如く脚色し、あとはCG技術でそれっぽく仕上げれば、バカな大衆は「大作だぁ」「感動したぁ」ってか。
別にテレビとタイアップしてるから、ジャニタレ使ってっから、ってそれだけの理由で批判してるんじゃないんですよ。昔はアイドル歌手でもタレントでも、その子らを本気で売り出そう、魅力的に撮ってやろうっていう映画人のプロ根性ってもんがあったんすよ。今はテレビの堕落した手法をそのまんま、映画にも持ってきてるし、観客ももうそのレベルに堕してるので何ら疑問も持たない、そんな状況に絶望しとるだけです。
じゃあどんな映画を評価するのか、ということに関しては例えばこちらをどうぞ。
教祖誕生
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。