--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-09(Mon)

人間は顔、らしい

林真理子が週刊文春の連載で「人は顔である」ということを書いていた(07/07/12号)。グッドウィルの折口会長、ミートホープの社長の悪党面と、宮内庁の侍従長を退職する男性の品のいい顔を比較してのことだが、「中年以降の働いている男の顔は第一印象を決して裏切らない」と言っている。
ふむ、まずい。
俺の顔は連れ合いにいつも「そんな怖い顔しなくてもいいでしょ!」と怒られたりする。何か聞かれて普通に受け答えしただけなのに、そうやってキレられたりすることがしょっちゅうだから困る。普通にコンビニへ行くのに歩いてるだけで職質されることもよくあったから、よほどの悪党面らしい。ということは、じゃあ俺は悪党なんだ、そうか、そうだったのか、あっはっはっは、と思ったがそういう自覚は今のところ、ない。まあ俺が悪党かどうかの真偽はともかく、連れ合いも常々、やっぱり醜いことをやってきた人間は顔に出る、と言っている。
安倍内閣が組閣された当初、我々はその顔ぶれを見て「あ〜あ、これはまたポンコツばかり集めたもんだ」と嘆息した。本当である。その後すぐに事務所経費問題で佐田行政改革担当相が辞任、「女は産む機械」発言の柳沢厚生労働相は居座ってはいるが、一連の疑惑で松岡農相が自殺、「原爆しょうがない」発言で久間防衛相が辞任…と、まあ見事な「第一印象通り」のポンコツ内閣ぶりではある。
ところでミートホープ社の田中社長は島田洋七似だと最初から思っているが、島田洋七も悪党なんだろうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。