--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-10(Tue)

選挙には、行く。

年金・社保庁問題が今回の参院選の争点であるかのような印象を持ちがちだけど、この問題って与野党でどっちがどうするとかいう問題じゃないはず。むしろ社保庁に限らず、この腐った「親方日の丸」体質で税金を食みぶくぶくと太り続ける連中=公務員どもをどう再教育するかということを、それこそ超党派で考えるべき問題じゃねえのか?
日本は戦後、いや戦前、いや江戸時代からずっと「お上」つまり「お役人」天国であった。ただ昔はちょっとは国の仕事をしているという自負と責任感があったかも知らんが、とにかく民百姓に食わせてもらっているという意識は皆無、バカに代わって政をしてやっているという感覚ではなかったのか。もっとも教育が普及せず、そもそも近世まで歴然と「身分制度」があった世の中では、そういう部分は致し方ないという側面もないではない。しかし民主主義の世の中になり、役人すなわち公務員は、国民の血税で国民のために奉仕する「公僕」となったはずだが、意識だけは相変わらず「お上」のままらしい。
税金を集めておいて、それらをいかに無駄に使うかを日夜知恵を絞って考えている。嘘だというなら何故、あれだけ無駄な特殊法人がざっくざくと転がっている? それらをすぐにでも全て統廃合するなり、無駄を徹底的に暴き国家に対する背任なり詐欺なり窃盗なりでつるし上げないのか? 行政改革だと言いつつ、こういった部分には全く何ら手をつけずに、よくもまあ消費税を上げるとか抜かせるものだ。
こういった特殊法人が無くなれば、そこに勤める膨大な数の人間が失業し、その家族ともども路頭に迷うという。知るか。民間ではもっと厳しい「自由競争」にさらされ、その中で皆必死に経費節減に努めているではないか。もちろんそのために、いつでも切られる都合のいい働き手として「派遣社員」が使われ、非人間的な労働環境下でコキ使われて不要になれば捨てられている。ほとんど全ての大企業が末端ではこういう非人道的なことを平気で行い、その結果日本は今「景気が回復した」と言われている。
それに比べてコームインどものぬるま湯体質はどうなんだ。今回、社保庁は解体される。なぜかというと、国民の目にも解りやすいミスが続出したからだ。年金を預かり管理し給付するという、国民と近いところ、体面するところでこれだけひどい「仕事のしなさぶり」が明らかになれば、親方に怒られるのは当り前だ。というより、親方も国民の手前何らかの処分をしなければ済まされない、と判断したからに過ぎない。
だが国民がなかなか目にすることの出来ないお役所はどうだ? 地方・国家の違いはあるが、近くの区役所や市役所の窓口で、チンタラやってたり態度が悪かったりすれば、それは市民にすぐ指摘され糾弾される。だが本当の悪党は衝立の奥で鼻毛を抜いてる奴だったり、いや、そもそも勤務実態すら怪しい連中だ。天下りで特殊法人の役員になったジジィどももそうだが、日本全国の役所という役所で、いくらでも仕事をしていないコームイン様を見つけることが出来る。そして、そういうグータラ役人が多い自治体ほど、いや親方日の丸体質が強いところほど、分不相応なほど立派で豪華な庁舎をブッ建てている。こいつらを一度全て勤務評定を民間レベルで見直し、徹底的にリストラをし、不要な役所だの特殊法人だのを廃止すれば、消費税値上げなんか金輪際しなくて済む。いやひょっとしたら廃止できるかも知らん。
こんなことを書いているとお前は民主党支持か、いやさ共産主義者かと言う阿呆がいる。民主党の有力支持団体に自治労があるのは衆知のことだ。このバカどもだ、社保庁にコンピュータ導入の際に団交でキータッチ1日5000タッチ制限、45分キータッチ5分休憩などのバカげた条項を主張し、さらにパソコンが触れない=無能な人間を絶対にリストラしないように要求したのは。民間なら…と言うことさえもうバカバカしい。敢えて言えば、民間ではいったいどれだけの人が、勤める会社でパソコンが導入されたあの時代、お父さんたちが会社から帰ったあと必死でパソコンに向かい、人差し指雨だれ式でキーボードを叩き、それこそリストラされぬように死に物狂いで勉強しただろうか。それがコームイン様は親方日の丸だから、どんだけ無能でもクビにならねえ、ってか。呆れてモノも言えない。
今回の参院選挙だが、与党にも野党にも魅力ある政党がないのが実情だ。強いて言えば、共産党の主張だけはいつも正しい。ほんとうに、いつも共産党だけが「真の野党」だと心からそう思っている。だから、ダメなのだが。共産党は「真の野党」いや「永遠の野党」であってこそ真価を発揮するのではないか、とさえ思える。

安倍首相は「改革を進め、経済を成長させ、美しい国づくりを進める約束を果たす」と言い、民主党の小沢党首は「年金問題、子育て、農業政策」を「3つの約束」とし、今回の選挙を政権交代への試金石と位置づけている(9日)。安倍首相は特に「誰が首相にふさわしいかを選べ」とも言っている。誰もふさわしい顔はないのだが。それにしても、「改革」というなら「社保庁」や「年金」だけではなくこの国の公務員制度、税金無駄遣い(特殊法人、談合問題など)の構造的な改革だろうが、と重ねて思う。
拝金主義が横行し階層化が進む世の中がとても「美しい」と俺は思えない。働かない人間を甘やかすな、という乱暴な論理があるが、ワーキングプアの人たちは働かないのではない、「働いても働いても、いくら身を粉にして働いても、貧しい」のだ。最低賃金の低さ、派遣労働者をモノのように使い捨てる労働環境そのものをそれこそ「改革」してくれなければ、片方で(税制上も相変わらず優遇され続けている)大企業ばかりが太り、一方で貧乏人はどんどん貧乏になっていく。サラリーマンの給与はここ数年下がり続けているのに、社会保障は下がり続け、所得税減税で相殺だというレトリックによって住民税がバカみたいに上がった。現実には定率減税は廃止され、物凄い増税になっていることはよほどの馬鹿以外は皆知っていることだ。
ここまで国に馬鹿にされ、踏みにじられ、虐げられ、搾取され、一方でぶくぶくと太っている奴らがおり、そしてコームインは高楊枝だ。「選挙に行ったって何も変わらない」と言っている人間がいる限り、こいつらの思う壷であり、そして本当に「何も変わらない」。

とにかく投票には必ず行く。
全くもって虚しい権利行使ではあるが、行かない人間に政治や税金への不満を言う権利はないと思うからだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。