--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-16(Mon)

新潟、長野で震度6強

7月16日(月)
買ったばかりのメガネが壊れてしまい、プラスチックレンズの割れた細かい部分を必死で瞬間接着剤でくっつけようとするが、なかなかうまくいかない。そうこうしているといつの間にか商店街にいて、突然戦車が突っ込んできて暴れまくる。乱射される機関銃弾やこちらを向く砲身に右往左往。
そんな阿呆な夢を見ていたら、10時過ぎにゆっさゆっさと地震で部屋が揺れる。連れ合いは先に起きてトイレに入っており、こちらに「地震!」と叫んでいたが、こちらは寝たまま「揺れてるなあ、震度3くらいかな」と冷静。左手の箱の上にはユキが丸くなって寝ている。耳が聞こえない猫だが地震の揺れにもビクともせずに寝ていておかしい。
テレビをつけるとさっそくNHKで速報番組に切り替わっている。ご飯を食べながら見ていると続々と詳報が入ってくる。新潟県柏崎、長岡両市と刈羽村、長野県飯綱町で震度6強、新潟県上越、小千谷両市、出雲崎町震度6弱の揺れだというが、6強って一体…と驚く。だんだんと空撮などの映像も入ってくる。それらをずっと見ていて思ったのは、やはり瓦屋根の木造家屋の倒壊がほとんどだ、ということだ。
つい先日、夫婦で能登へ旅行した。ご存知のように能登地方もこの春、大きな地震に見舞われたばかりで、いまだに風評被害があると地元の観光関係者も話していた場所である。こちらは一度地震エネルギーの放出があったんだからしばらくは大丈夫だろう、ぐらいな気持ちで応援の意味もあって出かけた。タクシーの運転手さんと世間話をしていて、「この辺は立派な瓦屋根のお宅が多いですねえ」と聞くと、「そうですね、昔はこの辺はいい土があって瓦の工場もたくさんあったんですよ。でも最近は名古屋方面から安い瓦が入ってきて、地元のはすたれてしまってずいぶん減りましたけどね」と話していたのを思い出す。
日本は地震国ゆえ、その耐震建築技術は世界一だという。なのでもちろん、81年以降強化されたいわゆる「新基準」以降の、特に阪神大震災以降の建造物はかなりの耐震強度を持つそうだ。だがそれ以前の、それも木造・瓦屋根という日本古来の家屋の強度はどうなんだろうか…なんてその時思ったものだ。何せ、木枠の骨組みの上に、あれだけの重い瓦が大量に積んであるのだ。
映像でも、同じ棟続きの建物でも、瓦葺の棟がぺちゃんこに潰れているのに、トタン葺きの棟からは倒壊を免れているという光景が見られる。もうちょっと重い瓦をドカドカ載せるのはどうなのか、考えるべきなのかも知れない。
そういえば、先日京都の二条城本丸御殿のうち2棟が「震度6強以上の地震で倒壊する恐れがある」と市の調査で判明したという。京都市は春・秋に実施していた特別公開を今秋から中止、本格的な調査に入ると決定したそうだ。再開には5年以上かかる見込みらしい(本丸御殿以外は通常通り見学可能)。これも実はもともと創建当時のこけら葺(ぶ)きから、屋根を瓦葺きに替えたことで結果的に屋根への加重が増したことが原因ではないか、と言われているが真偽のほどは不明。ただこの「対策」はもともと阪神大震災によって玄関などの一部に傾きが出たりしたために、移設して補修したことの一環であった、というのが皮肉ではある。

はくたかの切符、車内にてテレビの映像はヘリによって被災地をなめるように映し出す。能登〜富山〜新潟にかけての海岸線には日ごろ見かけない震度の数値が表示されている。柏崎の原発の火災は一時は黒煙をあげていたので、「おいおいおい」とか思って見ていたが、幸いすぐに消し止められ、放射能漏れなどの懸念はないそうだ。ヘリの映像で、海岸線を走るJRの線路が土砂崩れで寸断されているのを見た。
また田園地帯ののどかな風景の中、「特急はくたか」が停電で立ち往生している映像も見た。「金沢行き」と表示されていたから逆方向だし時間は違うけれども、つい先日連れ合いと、能登からの帰りに金沢経由で越後湯沢まで乗ったのがこの「特急はくたか」だった。映像で映し出されている場所は当然その時に俺たちも通過した場所のはずだ。停まった列車の窓には不安そうな顔をしたおばさんと、窓のヘリにはお茶のペットボトルが2つ置かれていた。電車は停電しエアコンも止まってるのだろうか、気の毒になあ…と思う。何か人ごとではない感じがした。
迅速で効果的な被害者の救援と被災地の復旧・対策を望む。

★夜11時半の追記
まだ余震が東京でも何度か感じられているが、被災地では明日雨になるというから、二次災害が心配。
上に書いた瓦屋根・木造建築の日本家屋の問題は、NEWSZEROでも建築士が指摘していた。いわく日本の家屋は「台風に強い建物」を作ろうとしてきた、その結果重たい瓦を、屋根が吹っ飛ばないように載せた。しかしこの構造は地震には全くもって逆効果である、と…。素人が見ていて普段感じていたことだが、やっぱり専門家から見ても正しかったというわけだ。
やっぱり瓦屋根、立派だけど考えた方がいいだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。