--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-02-28(Mon)

ハル・ベリーがラジー賞主演女優賞でアカデミー賞と二冠(?)達成

「キャット・ウーマン」、格好良かったと思うんすけどね。残念ながら、今年のゴールデン・ラズベリー賞=通称ラジー賞の主演女優賞を見事ゲットしてしまいました。
 このラジー賞、普通は本家アカデミー賞を受賞した大物俳優なんか、絶対受賞式に出てくることはないんだけど、ハル・ベリーの偉いところは、TVの映像で見たところ、左手にアカデミー賞のオスカー像を持ち、アカデミー賞を受賞した時と同じ衣装で現れた。さらに、受賞時のコメントも全くオスカーを受けた時と同じリアクションで、言葉を時折詰まらせたり目や口を大きく見開いて感激を現してみせたりと、サービス満点。女優ってこういう人のこと言うだよなあ。
 ちなみに主演男優賞には見事、「華氏911」での好演(?)が光ったジョージ・W・ブッシュ合衆国大統領(笑)。助演男優賞は同じくその相棒、ラムズフェルド国務長官(当時)とのことだった。
 ゴールデン・ラズベリー賞、最近ようやく日本でも話題になってきたけど、実はもう25周年で、今年はそれにちなんだ「特別賞」も発表されている。例えば最悪男優部門はアーノルド・シュワルツェネッガーに通算8回のノミネートを記念して贈られた。いやまあ辛らつというかシャレがキツいというかシャレもマジメにやるとここまで権威に近づいてきたというべきか…
 それにしても左手にホンモノのオスカー、右手にもらったばかりのマヌケな金色の木苺を持ち感激のコメントを演技するハル・ベリーは最高に輝いておりました。

 その他の詳しいノミネート作品・受賞作品などはこちら。
ワースト映画賞、ゴールデン・ラズベリー賞決定!【Moviewalker】
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

やはりな…

あれそっくりさんだったら俺そっくりさんでもいいわ、何が?
それにしても「目覚ましニュース」、マヌケだなあ。TVでそう「報道」すりゃ見た方はそう思うよ。無理もない。
なので、そっくりさんへの3000点はそのままさらに倍、でハル・ベリーに6000点。

やっちまった・・・・・

どうやらラジ―賞に出てたハルベリーは本物見たいです。お騒がせしてスイマセン・・・・。
言い訳じゃないんですがフジの「目覚ましニュース」で「この人はソックリさんです」ってコメントを鵜呑みにしちゃって・・・。
ホントスイマセン・・・。

ラジー賞

もちろん一種の愛、だと思いますよ。映画を愛するがゆえに、名優と誉れ高い人であっても、ヒドい脚本の映画に出れば叩かれるし、外した演技をすれば「受賞」の栄冠が待っているわけで。ある意味お祭りでありながら、厳しい「別の目」もあるわけで。

イーストウッド、イーストウッドしかできないという意味においては大根かも知れないです。でも笠置衆も若い頃から笠置衆だったし、大滝秀治もしかり。それに最近戦中の原節子の映画を立て続けに何本も見てますが、原節子はどの映画でも原節子だもんなあ。難しいっすねそのあたり。

ハル・ベリーがそっくりさん?マジすか?俺ラジー賞受賞シーン見てたけど、あれが本当にそっくりさんならそのそっくりさんに3000点。

Unknown

本家の(?)アカデミー賞はクリントの独占でしたね。
でも流石にイーストウッドは主演男優賞を取れ無かったみたいですね。話によるとアチラではイーストウッドは「大根」って評判みたいなんですけど、どうなんでしょう?

あと、本当に生意気言って申し訳ないですが、ラジ―賞でスピーチをしたのはどうやら「ソックリさん」みたいです、ほんとに生意気言ってスイマセン・・・・。

ラジー賞

おこんばんわ、お久しぶりです

ハル・ベリー、すごいですねー
というのは、あの授賞式に行ったことが。
普通、ラジー賞もらっても授賞式には
トロフィーもらいには
行かないですよね。

イグノーブル賞とともに
(イグノーベルでした?一寸自信ないです)
アメリカのお茶目な国民性を現す賞ですね。

ちなみに私の大好きなプリンス殿下は
3回映画を撮って3回とも何かの部門で
ラジー賞をもらってます

愛の反対は無関心ということで
ラジー賞も一種の愛でしょうか?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。