--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-18(Wed)

「ガロ」再末期伝説の4コマer「ぼくは16角形」が復活(?)

YellowTearDropsのローリングクレイドルさんから教えてもらったニュース。
ななななななんと、「ぼくは16角形」さんがぼくは16角形ブログで作品を公開!
ああビックリした。
…えーと「ぼくは16角形」て誰? という人は、本家サイトの「4KOMA GARO」をご覧いただいた上で、今年の春に書いた拙文「4コマガロのこと」をどうぞ、って面倒くさいでしょうが大事なことです。世の中には下らぬと思われがちであっても、とても大事なことがございます、ええ。

夕べはちょっと片付けなきゃいけない仕事が重なって遅くまで作業をしていたんだけど、今朝起きてメールをチェックしてみてビックリ。そしてローリングクレイドルさんのサイトを見てすぐ、「ぼくは16角形」さんのブログへ飛んだ。
懐かしい作品が再び、掲載されていた。再末期の「ガロ」の、それでもまだ何とか俺と古山啓一郎君が担当していた名物投稿コーナー「4ガロ」の、紛れもない「最後の天才」が彼であった。当時、もし完全にシラフというか健全な状態でアレらの作品を描いて投稿していたとしたら、これはもう誰が何と言おうと本物の天才だ、と断言できた。でも俺と古山っちは、恐らくはこの人は精神を病んでいるのかも知れない…と、感じていた。ていうか見ている人たちもそう感じていたと思う。それでも我々は掲載した。
どうしてかというと、作品が誰のものよりも我々にとって「面白かったから」。
どんな状態の人が描こうと、作品として我々の目前に突き出されたものは、作品それ自体で評価されるべきだと思っていた、いや今でもそう思っている。(余談だが全くいいとは思わぬ絵や軸が「大家(たいか)の作品だから」という理由で高く評価されることは愚かだとも思う)
もう一つは、もし精神を病んでいる、あるいはそこまで行かずとも、何かを抱えている人にとって、掲載されるということで幾ばくかお役に立てるのではないかとも思っていた。これは本当だ。実際、新人編集者時代から始めてずっとやっていた「4ガロ」は、そういう役割も果たしていたのだということを後からずいぶんと感謝されたものだ。これは自慢だけど、誇っていいと思うので堂々と自慢する。

改めて、当時の「ぼくは16角形」氏の名作群を見て、今もってしても全く古びず、オリジナルだけが放つ光に満ちていることに驚く。皆さんもそうだろう。ちなみに名作ぞろいながら、あくまで個人的に一番好きなのは
コレです。
どうすか、タコがキュートでしょ。コメントにもありますが角度も最高です。実相寺監督かと思いましたよ。作品としては最も大人しい、普通の部類に入る小品(笑)なんで一般の方にもとりあえず楽しんでいただけるのではないかと。

ともかく、今後新たな作品をまた発表していただけることを、強く期待します。ああ、生きてて良かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。