--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-21(Fri)

イタリア料理・アンティコ

9月21日(金)

新しい環境へ引越をすると、近隣の探索がけっこう楽しみなものだ。特に「飲食」についてはその後の生活にも直結してくるので、実は引っ越す前に入念にリサーチしておいた。洛北の飲食店はネットで探せる限りチェックをして評判の良いところ、良さそうな店はマップファンのブックマークにしておき、あとは実際に行くだけ…という状態であった。
この日はそれを見て、東大路沿いのイタリア料理店・アンティコ(京都グルメサーチ イタリア料理 アンティコ【高野】)に行くことにする。
5時ころに念のため「6時に予約」の電話を入れて、頃合を見てマンションを出る。てくてく歩いて行くと6時前には店を発見。隣はコテコテのお好み焼き屋だが、アンティコ自体はオシャレなイタリア料理店という風情だ。市の中心部、繁華なところではなく何てことはない普通の住宅街なのに、こういう本格的な店がそこここに普通にある。つまりはそういう店を支える客がちゃんと存在しているわけで、京都というところは凄いなあ、と思う。
店に入ると小さなカウンターのほかはテーブルが5卓ほどで、小ぢんまりとした店だ。真ん中のが禁煙席らしく、俺等はそこに通された。客は奥のテーブルに夫婦が二人座っており、間もなくその娘らしい大学生くらいの女の子が合流した。俺たち夫婦はコースだと食べきれないなと思い、まず俺はエビスの生と白ワインのハーフボトルを頼み、前菜に鯛のカルパッチョ、続けて無花果&モツァレラ&生ハムを頼む。味付けは上品な薄味で、なかなかうまい。それらをゆっくり食べ、続いて近江黒鶏のグリル・バルサミコソースを頼むが、これもまた絶品だ。皮がパリパリで、しっかり味がついていて、鶏は噛むごとに味が染み出るうまさ。最後は茄子とトマトのパスタ、もちろんうまい。デザートは連れ合いがアイスクリームのエスプレッソがけを頼んだが、ウエイターがテーブルでアツアツのエスプレッソをアイスにかけてくれ、その香りが何とも言えぬいい感じ。ちょっと貰って味見してみると本格的なうまさで、思わず半分パクついてしまった。満足したが会計は1万ちょっとという値段で、味やクオリティで言えば値段相応だろう。だが値段よりこちらの気持ちは大満足。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。