--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-29(Sat)

組み立て地獄

9月29日(土)
夕べは「イロモネア」を録画しつつ途中から追っかけ再生して見て、その後12時過ぎに寝た。朝は9時過ぎに起きて、フェンウェイでのBOS-MIN、松坂の先発試合を見つつロールケーキの小さいの6つを連れと3つずつ食べた。松坂は8回を2失点で何とか切り抜け、9回はパペルボンが締めて15勝目を勝ち取った。メジャー1年目での15勝は13勝の野茂、14勝の石井を超えて日本人では最多だ。ただ負けが12と多いのが不満ながら、一年間ローテーションを守り、怪我もなく、200イニング投球と200奪三振を達成したのは素晴らしいと言わねばなるまい。ただ地元のファンやマスコミを納得させられる数字かというと、「1億ドルの男」としては物足りない、と言われるかも知れないが。この時点でボストンの地区優勝マジックは1となったが、NYYがBALとやってた試合は途中までNYYがリードしていたので、優勝はお預けかも知らん。
その後通販で注文してあった下駄箱が届いたので、組み立てにかかる。家の中でやると段ボール箱のゴミやらが出るし暑いので、玄関先で最初はやろうとしたが、通路をふさぐとご近所に怒られるかもと思い、途中から非常階段の踊り場へ移動して作業をする。しかしこれが安かったのはいいが、分解状態の板やら金具やらを組み立てる、物凄い工程を自分でやらねばならず、しかも途中で安物のドライバが壊れたりで、へっとへとになる。ドライバは前に左京区役所の帰りに100円ショップで買ったやつだったのだが、ドライバがないと手も足も出ない。しょうがなくいったん中断して、自転車でイズミヤへ行き、4Fで工具箱、ペンチ、トンカチ、ドライバセットを買って戻り、組み立て継続。汗だくになるわくたびれるわでもう嫌になってきた。
それでも何とか組み立てを終えて玄関にセットすると、寸法はさすが買う前に測っておいたスペース通りのを買っただけあって、三和土にドンピシャではまる。さっそく靴を入れるが、俺の靴は3、4足だけであとは全部Mの靴だ。通勤で消耗するようになってから、靴はけっこう多い。それらを整理するとようやく引越以来雑然としていた玄関がちょっとすっきり。そうして一服してるとドアホンがまた鳴る。何だと思ったら、今度は別サイトに注文してあった仕事部屋用のリクライニング椅子2脚。どうでもいいがドアホンは接触が悪く、「ピンポーン」のはずが「ひんがほんがふんがほんが…」と鳴るので夫婦で鳴るたびに爆笑。
届いた椅子もまたまた組み立て式なので、また玄関外で組み立てを始める。これまた金属部品が多くて重いわ組立も部品数が多いわで意外と大変で、またもや汗だくのくったくたになる。途中連れが昼飯を買いにキッチンとまと畑へ行ってくれ、炊き込みご飯、麻婆豆腐、とりから揚げの甘酢がけなどで食べた。その後疲れたので居間でごろりとしてるうちに眠くなってしまい、ちょっとだけうとうとしようかと思ったら今度は電話が来る。家具のインテルナウエダからで、前に注文した食器棚を持ってくという。5分ほどで到着し、食器棚を冷蔵庫の横へ置いてもらうが、こちらも寸法ぴったりのを選んで買っただけあって、ドンピシャのサイズ。ちなみにこの食器棚は組立不要の完成品だったので、ちょっと安心。
その後食器類の段ボール箱を開けては棚へ入れたり。不要な食器は捨てたり要るものは洗うために水に漬けたりするが、これまたけっこう大変な作業。5時前にようやく落ち着き、一休み。ニュースを見ると何とNYYが逆転負けを喫し、BOSTONの地区優勝が決まったということだった。6時ころ夕飯はくたびれたからコンビニでいいやと、二人でゴミ捨てがてら出て、俺はおにぎり、連れは稲荷、あとは二人でおでんを選んで買う。その他ドリンクやヨーグルトなどを買って帰宅。今日は日中も涼しく、晩は6時にはもう暗くなってきて、ちゃくちゃくと秋が深まってきている感じではある。しかし近くの山々は依然青々としており、紅葉まではほど遠い感じ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。