--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-20(Sat)

連れ合いが自転車に挑戦

10月20日(土)

朝は夫婦二人とも10時ころ同時に起きて、朝食には進々堂のパンをトーストして2枚ずつ食べる。進々堂は京都では有名なパンのチェーン店で、レストランも何軒か運営している。ここのパンが東京にいる時から、連れの京都出勤のたびに買ってきてもらうほどのうまさだったから、こうしていつでも食べられるというのは嬉しい。
ベランダに出るシマ
その後はいい天気だったのでベランダを開けて、猫たちも出してやる。しばらくウロウロした後、シマもユキも日向で毛づくろいをしたりして幸せそう。陽射しは暑いくらいだが、風がひんやりとしている。すがすがしくていい気持ちだ。
その後は2時前に買い物がてら連れの自転車も買って、それで散歩でも行こうということにする。京都は自転車があると非常に便利な街だが、実は連れは自転車が苦手な人である。大人になるまで乗れなかったが、子どもたちが生まれて幼稚園の送り迎えをするにあたって必死で覚えたというから、かなり心もとない。だいたい片手運転なんか信じられないというから、こちらとしても心配で、何年か前には転倒しないよう三輪車を買ったくらい。しかしその三輪車も結局ハンドルが取られるというので、引越を機に知り合いにあげてしまった。
自転車屋でいろいろ物色すると、20インチの折り畳み自転車で連れ合いにもよさげなのがあったが、店は客の対応で忙しそう。なので後にしようと出て、連れがシャンプーしたいというので美容室へ一緒に行く。俺もずいぶん伸びたのでカットしてもらおうと思っていたが、見ていると一人の客への時間が長い。良く言えば丁寧なのだろうが、とても俺の短気には合わないと思い、連れのシャンプーとブロウがたんまり時間かかって終わったところで「俺はいいから今度にする」といって出る。
自転車屋へ戻り、自転車とカゴ、ライトと鍵、防犯登録と1年の盗難保険をセットで19000円くらい、んで1時間くらいかかるというのでいったん部屋に戻る。3時半には出来上がると言ってたが、陣内や徳井ら若手5人がタイへ行ってドッキリやらバンジーやらやる番組を見て笑ってしまったので、45分くらいに下りる。

関係ないが、東京と関西では微妙に、いやかなり番組が異なる。いつも楽しみに見ていたテレ朝系「爆笑問題の検索ちゃん」はやってないし、テレ東系=テレビ大阪はノイズで視聴不可能だから、「テレビチャンピオン」「開運!なんでも鑑定団」「ガイアの夜明け」ほかが見られず、かなり辛い。
ただ日テレ系=よみうりテレビは午後のワイドショー「ミヤネ屋」が4時まで続き、何も見るものがなかった時間帯が埋まったし、何といっても朝は「なるトモ!」が見られるのがいい。関東ではほとんど見ることのない芸人が大活躍していたり、関西のサービス精神満点の内容と進行が面白い。この「なるトモ!」、一瞬関東でワンクールほど流れたことがあったが、なぜかまた消えてしまった。関東には朝からあのテイストは合わないと判断されたのか、それとも最初から「つなぎ」の放映で予定調和だったのかは不明。ってどんだけテレビ見てんだ俺たち。
ともかく関西に来ると、陣内(智則)が異常な働き者であることが解る。吉本の芸人たちは大車輪の活躍だ。いつか東京進出、というのが夢でギラギラしている風情も見受けられるが、逆に関西にどっしりと根を下ろして落ち着いている芸人の方がやっぱり見ていて面白い。メッセンジャーの黒田なんかは関西でずっとやるべきだと思うがどうだろう。

さて自転車を受け取り、サドルとハンドルの高さを調節して、裏の駐車場で連れに「試しに乗ってみな」と試乗させるが、何と20インチの小型自転車でも満足に乗れない状態で、これではとても公道には出られないと判断。何せペダルを満足に漕ぐことが出来ず、ハンドルも切れないから、ヨッタヨッタと足で蹴りながらやっと直進だけするという感じ。しょうがないので俺は一旦一人で左京郵便局へ郵便物を出しに行き、戻ってきてしばらく練習を見るが、今日は無理と判断。結局自転車は置いて、歩いて「ル・ボンディ」へパン、セブンイレブンへヨーグルトなどを買いに行って、4時過ぎに戻った。うーん自転車、二人であちこち行けたらいいのだが、身の安全の方が大事か(笑)…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。