--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-23(Fri)

突然の次女一家来訪サプライズ!

11月23日(金)

朝は10時過ぎに起きる。今日は曇りだったがその後はいい天気になると予報では言っていた。気温も冬らしくなった昨日までよりはぐっと高い。今日は連れ合いのお母さんとお姉さんが東京から来る日だったので、しばらくしてから部屋の掃除にかかる。ソファカバーをはがしてベランダにかけて毛やほこりをはらい、床に掃除機をかけてクイックルワイパーで拭き掃除。疲れたがまあ今のところこまめに綺麗にするよう心がけていたせいで、以前の家に比べたら綺麗だし掃除も楽なものだ。
その後連れがコンビニへおにぎりを買いに行き、昼食はおにぎり2個と茶のみで済ます。その後疲れたので二人とも脱力してちょっとうとうとしてしまう。すると1時過ぎに「京都駅に着いた」とお姉さんから連絡。お菓子買ってから行くというので1時間ほどさらに待つと、下のドアフォンに着いたと連絡。上がってきたと思ったら、何とその二人に続いて連れの次女Yちゃんの顔が。続いて孫娘のM、Sがひょこっと顔を出したのでビックリ。Yちゃんの旦那も久しぶりに来訪。聞くとこのサプライズはお義母さんの仕掛けだったそうで、Yちゃんに「あんたのお母さんをビックリさせようよ」と持ちかけたそうである。
連れ合いはお気に入りのMを抱きしめて、ちょっと泣きそうになったと喜んでいた。前はYちゃん一家は車で小1時間ほどのところに住んでいたので、何かと気を使って買い物の手助けに車を出してくれたり、単純に孫を連れて遊びに来たりと、しょっちゅう顔を合わせていたのだが、こちらが京都へ越すにあたり、連れ合いは実は一番Mたちに会えなくなるのが寂しかったようだ。
そんなこんなで久々の再開の感動も束の間、ダーッと居間に人がなだれ込む。我々夫婦を入れて8人である。初めてのYちゃん夫婦にベランダから景色を見せたり、二階に上げて松ヶ崎方面の「妙法」を見せたり。Yちゃんは俺たちの住環境が余りにひどかったので、今度のところはどうかと心配してくれていた様子だったのだが、今回の新居を見て「いいところだねえ」と羨ましそうに言っていた。
それからしばらく部屋でくつろいで、義母と義姉は3時半ころ「ホテルにチェックインしてからちょっと休む」というのでいったん先に出て行き、俺たちはその後4時過ぎに散歩がてら近くのショッピングセンター「カナート洛北」まで歩いて行くことにする。
カナート内の書店でMらの絵本をゆっくり物色する間、俺も光村推古書院『京都・観光文化時代MAP』を見て思わず買ってしまう。あとは「新しい階級社会 新しい階級闘争」「下流志向」などを買った。何俺はこんな時にカタい本買ってんだ、と思った。
その後M・S姉妹に手袋を連れが買ってやったりした後、高野川へ降りてみる。もう薄暗くなりつつある中、前に猫たちの骨を流した亀石のところへ行ったりして、川っぺりを歩いて高野橋まで出て、上がる。高野川左岸、川端通りは物凄い渋滞だ。観光客が紅葉目当てに全国から押し寄せているという。お腹が空いた、ということでお義母さんたちが休む宝が池のホテルまでタクシーで行こうと思うが、何せ川端は物凄い渋滞。北大路沿いに高野方面へ戻ろうとすると、何とか途中で空車が拾えたので、全員乗ってホテルへ向かった。
待ちきれずに絵本を読むM。5時半過ぎに部屋でいったん皆で写真撮ったり話したりしたあと、6時過ぎに下へ降りてホテルの中華料理店へ向かう。お義母さんが個室を予約しておいてくれたので、皆で大人はコース、子どもは焼きそばをたのみ、ワイワイガヤガヤと久しぶりに賑やかな夕食というか宴会となった。俺とYちゃんの旦那は二人ともビール好きなので、二人で生を何10杯(といっても一杯300mlだが)飲んだか覚えていないほど。
9時ころまで飲んで食べて笑って、いったん部屋まで戻った後、俺と連れだけタクシーで自宅へ帰ってきた。俺の腹の調子は何故か奇跡的にこの日は膨満というか圧迫感が全く無かったのが不思議である。きっとご先祖様が「今日はゆっくり楽しみなさい」と言ってくれているのだろう。


京都・観光文化時代MAP (Time Trip Map-現代地図と歴史地図を重ねた新発想の地図-)
新創社
光村推古書院

このアイテムの詳細を見る


新しい階級社会 新しい階級闘争 [格差]ですまされない現実
橋本 健二
光文社

このアイテムの詳細を見る


下流志向──学ばない子どもたち、働かない若者たち
内田 樹
講談社

このアイテムの詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。