--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-23(Sun)

M−1グランプリ2007 サンドウィッチマンが優勝

見事なサンドウィッチマンの敗者復活からの1000万奪取だった。彼らの漫才やコントは過去のM-1予選、日テレ系「エンタの神様」テレ朝系「虎の門」などで何度も見ており、なぜこれまで決勝の場に残ったことがなかったのかが不思議だと常々思っていた。彼らの所属事務所は吉本や松竹などの大手とは違うので、そういう部分で当然TVなどのメディアへの露出も高かったとは言えなかった。
だがもちろん、それと実力、底力は別だ。
そこを、ちゃんとM-1が評価してくれたのが嬉しかったし、苦労がちゃんと報われたことを素直に祝福してあげたい。(ちなみに彼らは決勝ラウンド出場者の中で最年長=年齢では笑い飯と同じ、である)
伊達のヤンキーツッコミと富澤のボケの息の合い方は、コンビが経済的事情からしょうがなくだろうがいまだ一緒に暮らしているだけあって見事なものだ。単に乱暴なツッコミというだけじゃなく(もちろん「口調」が乱暴なだけで芸風)、時折入るツッコミへの自虐的な反省とか、計算なのかアドリブなのか不明なほど計算されているし、とにかくその実力はベテランの域に達していると錯覚させるほどだ。
決勝8組までの顔ぶれはちょっと本命がいるのかいないのか不明な感じで、今年は決勝戦の始まる段階から波乱含みの予感はあった。しかし9組目が決まった後、「なぜサンドウィッチマンが入ってないんだ」という疑問はあったし、それは番組前の夕方に決勝までのドキュメント(というより本番までの引っ張り)を見た後もずっと連れ合いにも言っていた。それが敗者復活で決勝メンバーにすべり込んだことで俄然「決勝はわからんぞ」ということになったわけ。
サンドウィッチマンは元々実力派だっただけあって、決勝1ラウンドを勝ち抜けた際「ネタを用意していない」と言いつつも、最終ラウンドでも高いレベルの持ちネタをちゃんと「持っていた」ことを証明した。何より力が抜けていたし、富澤の「名前だけでも覚えて帰ってくださいね」の繰り返しだけでもう笑わされた。

ところで決勝から最終ラウンドには他にトータルテンボスとキングコングが残ったわけだが、キングコングは参加表明段階から、「さあて俺らもそろそろ本気で取りにいくよ」的な高いところからの嫌〜な態度が見え見え(特に西野のブログなどを見るにつけ)で、もし今年こいつらが取るなら出来レース、という反感もあちこちから買っていたように見える。
キングコングは珍しくネタがちゃんとしていたし、じゅうぶん練習を積んだように見えたから、普通に力を抜いてやれば良かったのかも知れない。とにかく自分らは面白い、実力がある、本気でやればチャンピオン、という根拠のない自信があった割りには「勝ちたい」という気持ちが先行しすぎて力が入りすぎ、ただただ見ている方が笑うより疲れてしまう過剰さが空回りしていた。内容としては決勝1ラウンド目の方がマシだったくらいで、最終ラウンドでの敗退は当然。

トータルテンボスは同じようなトーンで安定感あれど、やはり決勝1ラウンド目のネタを見た後ではインパクト不足だったか。「施工主のバカぁ!」などのワザとらしいストレートなツッコミ、審査委員の大竹まこと同様嫌いじゃないが、2つのネタとも突き抜けた高いところへは行ってなかったような気がする。

あとダイアンは見た目の華の無さが実力に比して人気が今ひとつ…という悲哀を感じさせるものであったわけだけど、今回のネタは悪くはなかったが少しシュールすぎたか。でも「サイドカーの横の部分で来た、途中で切り離されて惰性できた」というのには笑わされた。これも審査委員の誰かが言ってたけど、一回一回引っ込んでまた戻る、その「間(ま)」がちょっと長すぎていちいちリセットされてしまうという難点があったと思う。残念。

さらに決勝にも残れなかった「本命」麒麟だけど、彼らの「漫才」を見ていて「うまいな〜」と思ったことは一度もない。笑わされたことは何度もあるが、「話芸」ということでいうと、田村のツッコミはたどたどしすぎる。
それにしても…毎年応援している「笑い飯」は去年の西田のライオンズの野球帽で「金、欲しいッスよ」に続いて決勝前のレポートで西田が編み笠をかぶっていたのが一番笑えたという始末(笑)。うーんあのボケと突っ込みが入れ替わるスタイルは真似するグループが出ているし、彼らの今回の決勝ネタは果たしてアレで良かったのか、という疑問が残る。
最後に、だからといってその笑い飯とザブングルがハリセンボンに負けたというジャッジはどうなんだろう、という感じだが…。ともかく苦労人サンドウィッチマンの優勝には、M-1が関西系・吉本芸人へのお手盛りではないことを証明するアリバイになった…というひねくれた見方をするより、素直に実力派をその場の出来だけでキチッとジャッジした結果だと、拍手を送りたい。

オートバックス M-1グランプリ2007決勝の結果

<追記>…それにしても、「2003年からのM-1」はうまいこと「権威」として確立されていったな、と思う。紳介ってやっぱり「賢い」とも。
ところで「2002年以前」であるが漫才師としては天才的な中川家はともかく、ますだおかだがM-1タイトル獲得者であるという「歴史」が今後どう総括されていくのかが気になる(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。