--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-14(Mon)

精華大で初講義

4月14日(月)
朝は7時ころ目が覚める。この日は精華大で講義を開始する初日。なので枕元に携帯をアラームにして置いて寝たのだが、アラームの8時40分よりだいぶ早いので朦朧。実を言うと枕元の携帯がブーブーと振動したので、目覚しと思って起きたらまだ6時前。何と出会い系サイトからの迷惑メールの鳴動であった。これで起こされてから寝られなくなったので起きてしまったというわけ。頭に来たので総務省のサイトから迷惑メールを通報してやるが、どうせアドレスを変えてまた来るんだろう、と思いつつせっせと報告作業。
連れは8時半ころ起きて来た。俺はソーセージパンを食べてカフェオレで朝食を済ませ、10時過ぎに叡電茶山駅から電車に乗る。しかしこれが八瀬行きだったので宝ヶ池で降ろされて、しばらく待つと鞍馬行きが来たはいいが、これが学生で満員。そのまま大学前まで行き、アーチ状の跨線橋を渡って、精華大の構内に入る。いったん教務へ行き、教務課のMさんに挨拶をして、資料配布用にコピーを頼んでおいた「ガロ」の年譜やイラレで作った概略図などを受け取る。それを抱えて出勤簿にハンコを押し、講師の控え室を教えてもらうのに案内される。教務課のある棟の裏側にある階段を上がった建物を入り、その中のけっこう奥まったところに非常勤講師の控え室がある。当り前だが狭い部屋を他の非常勤の先生と共同で使うので、案内はしてもらったものの、まあここではくつろげないしな、というのでそのまま一緒に戻った。
んで荷物を置いていったん下のトイレへ行ったりしていると10時半になったので、Mさんに講義をする教室を案内してもらう。まだ前の先生や学生がいたが、マイクやプロジェクタなどの説明を受け、そのまま教室に残って時間が来るのを待つが、ガヤガヤしていた教室からは学生らがドッといなくなり、始業のチャイムが鳴っても残った学生は10人弱。うち2人は聴覚障害者の学生N君のノートテイカーで、話している途中でN君が来ないので途中退席した。入れ替わりに2人ほど遅れて来た子がいたが、結局10人足らずの学生しか来なかった。
この日は「お試し」というか、いったんどんな講義なのか聞きに来て、次回以降選択するかどうかを決める講義時間なのだとMさんが言っていたから、これ以上大幅に増えることはなく、むしろ減るのだろう。
俺が今春から精華大で受け持つコマは「作家研究」という、マンガ学部のストーリー学科とプロデュース学科両方から選択可能な、3回生の講座である。実技系ではなく座学の講座なので、まあよほど知的好奇心があるとか、シラバスを見て「ガロ」に興味を持ったとかいう奇特な学生しか来ないだろうな、という予想はしていた。10人程度というと人気教授のゼミよりはるかに少ない人数だろうが、俺にすればジャナ専時代の30人という教室でも「ちょっと多いかな」という感じだったから、逆にやりやすい。
学生は少ないが、それでもこちらは手を抜かず、自己紹介から作家研究における「作家とは」、あるいは「ガロ」のことなどをびっちり話した。
12時15分くらい前に、最初なので質問とかネーム見て欲しいという人がいたら受け付けると言って終わる。ストーリー学科からという男の子一人が「ガロ」のことについて質問してきて、もう一人プロデュースの女子学生が原稿用紙に書いた原作を読んで欲しいというので順番に対処。原作の子には漫画も描いたことがあるというので、じゃあネームを先に作ってそれから文字を起こすと解りやすいと教えると喜んでいた。
12時10分ころ、教務へ戻ってMさんに「10名ほどでした」と言うとびっくりしていた。あまりに少ない、ということらしい。まあ今どき「ガロ」なんて誰も知らないし、知らないことなど興味もなければ聞きたくないよな、と思う。挨拶して出ると連れ合いから自分も学校着いた、とメール。電話すると研究室にいたが、連れの研究室がある棟は教務の棟から遠いし、坂を登っていく形になる。俺は終わったので疲れたし先に帰る、と言って叡電精華大学前駅へ降りる。修学院で降りて、白川通りを下がって、昼食に「魁力屋」へ入る。前からちょっと気になっていた店で、カウンタで「特製醤油ラーメン」というやつの、味玉つき、麺ふつう、背油少な目というのを頼む。醤油スープがなかなか美味で、チャーシューやメンマもうまい。しかしながら、やはり京都ラーメンの常か、麺がストレートなのが残念だ。これでちぢれた中太の卵麺だったらかなりいい線だったと思うのだが…。
食い終わって清水町のバス停から、北8のバスに乗ってでまっすぐ帰宅。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。