--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-12(Mon)

寝過ごして銀閣寺

5月12日(月)
精華大講義日。「ガロ」の創刊についてびっちり。長井さんの話では、学生たちも大笑い。長井さんの満州話ってやはり最強ですなあ(笑)。俺も若い頃、直接長井さんから何度も聞かされていて、そのたびに笑わせてもらったものだ。大学の帰りはスクールバスで国際会館まで行き、5番のバスで白川通りを南下…って寝過してしまい、ハッと起きたら銀閣寺道だった。目が覚めたら銀閣寺ってのも何か物凄いが(笑)、慌てて降りて昼飯はラーメンを食べた。かなりこってりのとんこつ味。
満腹になってバス停へ行き、白川通りを北上するバスで戻ろうと思いバスを待つ。なかなか来ない。京都の市バスは「ポケロケ」と言ってバスの接近情報がモバイルで見られるので…と思ったら、携帯が無い。この日も夏のような日差しで、暑いのでラーメン屋でジャケットを脱いだのだが、その時に胸のポケットに入れておいた携帯がカウンタ下の棚に落ちた…らしい…ていうかそれ以外だったらもう不明、バスで寝たときか、じゃかなりマズイ、いやしかしその時はネックストラップをつけていたとか、ぐるぐる頭の中で瞬時に考えつつラーメン屋へ戻ってカウンタ下を見たらあっさり発見。店主に「すいません、忘れ物したんで」と言って携帯を無事取り戻した。
携帯って無い時は無いなりに過ごしていたのに、使い始めるともう無いと何も出来ないことに気付く。もちろん電話帳にもなるしメモ機能もあるし、電卓にも簡易辞書にもGPSにも音楽プレーヤにもワンセグテレビにもゲーム機にもなるし、もちろんボイスメモも簡易メモにもなるわけで、手帳も持ち歩かなくなったし、「そんなもの無くても構わん!」という人はよほどの変人か単に機械が苦手な人=使えないだけ、というわけである。
そんなことを考えつつ5番のバスが来たので乗り込んで家へ戻る途中、また寝てしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。