--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-15(Thu)

葵祭り

5月15日(木)
今日は葵祭りの日だ。葵祭りというのは

古墳時代後期の欽明天皇(540 〜571年)のとき、凶作に見舞われ飢餓疫病が流行したため、天皇が勅使をつかわし「鴨の神」の祭礼を行ったのが起源とされている。上賀茂、下鴨両神社の例祭で、祇園祭、時代祭とともに京都の三大祭に数えられている。

【京都新聞より】

ということで、名前の由来は祭の行われる毎年5月15日、内裏神殿の御簾(みす)をはじめ、御所車(牛車)、勅使・供奉者の衣冠、牛馬にいたるまで、すべて葵の葉と桂の小枝で飾ったことからきているそうだ。
京都御所を出発した祭りの行列は、お昼前に下鴨神社へ到着し、休憩の後今度は上賀茂神社へ向かう。そのルートは当然通行止めとなり、沿道には市内だけではなく全国から観光客がつめかけて、行列を見物する。去年はまだ我々は東京にいたので見てなかったので、連れと昼前に行こう、と支度をして出る。京都テレビではすでに御所を出発する様子を生中継しており、これから向えば下鴨神社へ入ってくるところは見られるだろうと、叡電出町柳駅前の葵橋へ向かう。
河合橋から西を見るすると11時過ぎにはもう出町柳の駅前から糺の森へ向う道はもう人の山。とても行列なんか眺められる様子ではない。河合橋の欄干に乗って遠望してみるが、警官に「落ちたら危ないさかい、そこ登るのやめといて」と言われてしまう。行列は河原町通りを北上し、河原町今出川から出町橋を渡り、河合橋の手前を左折するかたちで糺の森を通って下鴨神社へ入っていく。なので、ここ(河合橋)から遠望するか、いっそのこと出町橋の東詰、行列が左折するあたりまで行くかと思案。結局連れと二人で人ごみの中、出町橋の東側へ向う。
出町橋東詰しかしそこもやはり大変な人、人、人。しかも信じられないことに、さすがに押しながらとはいえ自転車で通行しようという人がけっこういて、邪魔で仕方がない。しばらく待っていると、ようやく何かが近づいてきた。人が乗った馬だ、と思ったら騎馬警官だった。続いてようやく平安の衣装を来た人たちが到着したが、花で飾った牛車が人の頭ごしに見えたりで、やはりほとんど見えない。手を思い切り伸ばして写真を撮るが、これじゃあ見物とはいえない。目のオッサンの禿頭とか、後ろの人のことも考えないオバハンの日傘とかを見ていてもしょうがないなあ、と後半ほとんど諦めて高野川と賀茂川が合流する南側へ避難。んで出町橋の東詰の欄干へ再び出るとちょうど連れが見えたので合流し、これじゃああかんね、ということで見物を諦めた。
葵祭りは京都市が有料で観覧席を売ったりしているので、道端で見ようと思ったらそうとう早い時間から前の列を取っていないとあかんというわけ。タクシーの運転手さんに聞いたところ、ここ数年雨が続いたりしたけど、席を有料で売ってる分中止するわけにもいかず、「とりあえず何としても下鴨までは行ってくれ」みたいなことがあって、行列させられる方は可哀想やった、ということも聞いた。うーむ、京都の祭りは全国から客が来るからハンパじゃないなあ。
その後は河原町へ出るが、やはり葵祭りを追いかけて客が減ったのか、行列が去った後の河原町六角・蛸薬師あたりの人通りは少なめ。喫茶店で一休みし、二人でカレーを食べた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。