--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-30(Fri)

井坂さんご夫妻と京都観光

5月30日(金)
哲学の道昨夜楽しく飲んだ井坂さん夫妻とは、今日は昼に拙宅へ来ていただくということになっていたので、こちらも掃除などして待つ。11時ころマンション前から着いたとお電話いただいて、連れ合いが下に降りる。俺はベランダから顔を出すと、下のバス停前にお二人がいるのが見えた。まもなく連れがお二人を部屋までご案内。
部屋を見せて近所の眺めを見ていただいたりした後、昼は近所のイタリア料理店・「アンティコ」へ行くことにして、散歩がてらぶらぶら歩いて向かう。ここは定番のパスタやマルゲリータなど料理もうまいのだけど、食後のデザートの「バニラアイスのエスプレッソがけ」が絶品。料理のあと、2つ頼んで夫婦で1つずつ食べることにする。目の前にバニラアイスが3つ乗ったガラスの器が運ばれ、その場でアツアツのエスプレッソをそのアイスにたっぷりかけてくれる。コーヒーの香ばしい匂いとバニラアイスの甘い匂いが混じり合い、もうこの世のものとは思えぬ至福の味と香り、である。うまいうまいと堪能。

若王子神社その後タクシーで銀閣寺へ向かう。この時期残念ながら銀閣さんは修理中で、足場が廻りを囲んであって全貌は見られない。なので庭を楽しんでもらおうと、庭を廻った後山にも登って景色を見たり…としたそうだが、俺は膝に水が溜まると怖いので、下でずっと座っていた。この梅雨の前の新緑の時期、本当に緑に囲まれた東山周辺は気持ちがいい。しかし修学旅行のバカガキどもはうるさい。
悟さんがぜひ哲学の道を歩いてみたい、というリクエストがあったので、銀閣を出た後、参道で買い物をしたりしつつ、若王子さんまでゆっくり哲学の道を歩く。空気もよく、体にもいいだろうなあと思いつつ、ゆっくり時間をかけて1時間ほどで若王子神社へ。そこでお参りして一服。そこから今度は鈴虫寺へ向かう。鈴虫寺はなんと言っても住職さんの「語り」が愉快なので、俺たちも初めてではないが一緒に上がって拝聴。お茶とお菓子をいただきつつ、鈴虫の音色を聞き、お坊さんの法話(?)を楽しんだ。
それから四条新京極へ戻り、ぶらぶらした後、うなぎ屋に入ってちょっと早めの夕飯、ビールで乾杯。新幹線の時間の前に買い物をして行くというご夫婦と、四条通りで別れた。楽しい時間はアッという間だなあ、と話しながら、俺たちはぶらぶら買い物をして帰宅。次は俺の誕生日がきたら、鈴虫寺にいただいたお札を返しにまた行かねば。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。