--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-12-22(Mon)

M-1グランプリ2008

えーとM1グランプリについては毎年ここに書いちゃってる(20062007)ので、今年も一応。
まず今年の決勝に残った7組の顔ぶれを見て思ったのは、決勝常連が比較的少ないな、ということ。笑い飯、ダイアン、キングコングの3組だけで、あとは敗者復活組を除くと初決勝ばかり。敗者復活戦の会場からの中継をチラと見たりしていると、麒麟やオリラジなど、すでに売れっ子にも関わらず「あの場所」にいることに違和感のある顔も見られる。
M1グランプリが、今やテレビに出ている頻度でも事務所の大小でもなく、ガチで「漫才」で勝負する大会…と一般に理解されるようになって、「権威」となった。であるからして、出場資格があるにも関わらず決勝まで残れないとか、毎年敗退しているとか、取りたいと切望し普段から公言しているのにいつも落ちる…ということはどうにも芸人にとって具合が悪い。
コント形式が得意、フリートークが得意などいろいろ芸といってもそれぞれの持ち味があるだろうが、「漫才」という喋りだけで勝負するM1に関しては、腕もそうだが運や度胸、そして審査員受けなど色々な要素がかみ合って、あの日あの場所でそれらが一番だった組が優勝する。しかし解ってはいても、普通の人たちは敗退した者らの顔ぶれを見て「何やコイツら、結局腕は無いんやな」とどうしても思ってしまいがち。従って、売れている連中ほど「切望」することになる冠ではある。

さて決勝ラウンドを見た感想では、いやなかなかレベルが高かったと思った。この大会は結成十年までしか出場資格がないという意味で、M1が権威になり始めたあたりで腕のある奴ぁもう10年超えてたり、取るべき連中は取っちゃったりしたから、まあそろそろ腕と運(と度胸)がそろった芸人も尽きてきたんかなあ、と思っていた人もいると思う。他ならぬ大会提唱者の紳助でさえ、総評でそう述べていた。
一応見る前の予想としては浅草で鍛えた実力派のナイツ、なぜか毎年異常な執念で優勝を狙うキンコン、あとは個人的に応援している笑い飯あたりが取るのかな、と思っていた。正直言ってNON STYLEは文句なくうまいんだけど、石田のボケの過剰ぶりがどうしても個人的についつい続けられるたびに醒めていくので、好きになれなかった。個人的に好きという意味においては、U字工事の栃木弁漫才が大好きで、しかも方言が面白いんじゃなくてちゃんと漫才、芸としても腕があるところが良いと思っていた。
なので本命はキンコン・ナイツで対抗が笑い飯・NON STYLE、一応注意でU字工事と敗者復活…という感じで見ていた。…のだが。
<ここからネタバレなので、見ていない人は注意>
1番手はダイアン。去年のシュールなネタをやめ、直球勝負で笑わせてはくれたが、確かにエンジンがかかるまで遅かったか。サンタクロース知らん、で引っ張り過ぎた感じ。
2番手は俺的には一番取らせたかった笑い飯。こいつらはもうホントに、漫才もツボにはまればダブルボケのパワー炸裂で無敵なんだが、何せ一番おもろいのはこいつらの「普段」だもんなあ。去年も敗退の時の哲夫と決勝前の西田の映像が一番おもろかったというだけに、今回こそはと期待したがやはり…。車上荒らしとネタを合体させたのはいいが、オチに闘牛士を持ってきてくれれば爆笑炸裂だったと思うので、残念だった。

それにしても敗者復活がオードリー、というのにはビックリしたが。番組途中でその報を聞いたサブ司会の上戸彩ちゃんが思わず「ウィ!」と春日の真似を小さくしたのに、残念ながら今田はスルー、というか気がつきませんでした。吉本以外の芸人には疎いのか今田。

3番手はモンスターエンジン、例の「神々の…」「遊び」というちょっと需要があるのか不明なネタがけっこう好きな二人ではあったのだが、今回はコントではなく漫才。どうかな、と思ったら面白かった。ただ宇宙人が寿司を握る、というところをオチに持ってきたらどうだったかなあ。ちょっと弱かったかなあ。
4番手は優勝候補の呼び声高かったナイツ。実は見る前から、なんだかんだいっても審査員のほとんどは関西芸人。そしてなんと言ってもそろそろ吉本芸人にまた取らせるんだろうな…みたいな穿った見方が無いわけではなかった。だってキンコン、今回あれだけ本気やと言ってたし、実際メンツもあるだろうし、ナイツだナイツだとなぜか下馬評が高かったのは、浅草で培った「場数」がきっとモノを言うのだろう、という「何となく」感であったと思う。
そのナイツはいつもの通り、塙の淀みない言葉ボケの連続で、息つく暇もない笑いをかっさらって文句なくダントツで1位。尻上がりに笑いの感覚が狭まっていく、独特の感じが発揮出来ていた。優勝かな…とも思った、早かったが。
5組目はU字工事で、栃木弁でのしゃべくり漫才はスピード感もあり息もぴったり。漫才という点で言えば文句のつけようがない面白さであった。ただネタとしては栃木という県の自虐ネタ、北関東・東北の哀愁みたいな部分からどう脱却してくれるのか、決勝が楽しみだと思わせた反面、不安もちょっと持ったのは事実。しかしまあこの「期待と不安」「決勝ではどう変えてくるのか、変えないのか」というのがM1の醍醐味ではある。
ここまででダイアンとモンスターエンジンが脱落したが、今回ここまででは納得の結果か。
6組目はザ・パンチ。若手だと思っていたら十年選手だった。しかしガチガチの緊張ぶりが目立ち、パンチ浜崎のキャラを活かしきれなかった感あり。「お願い〜、死んでぇ〜」から入ったが、それが一番面白かったか。
そして7組目がNON STYLEだった。ここまで見てきて、非常にレベルの高い決勝ラウンドだと思ったし、百戦錬磨でストリートで鍛えたと言われるNON STYLEであっても、じゃあ浅草で鍛えたナイツとどっちがどうなのかとか、あるいは吉本的思惑から言えば笑い飯やキンコンに何らかの作為が働かないのかとか、まあいろいろな思惑があったにせよ、彼ら自体はいいリズムで思う存分上がりもなくやったと思う、だが、その分、こちらとしてはもう「好き・嫌い」で見てしまうしかなかった。ゆえに、彼らの「漫才」は自分にとっては過剰なボケが「ウザい」もので、申し訳ないが好きにはなれなかった。単にそれだけの問題。これがナイツを上回った評価は、いかがなものかと思わざるを得なかった。
そうしていよいよ8組目がキングコングである。周りの誰もが、そしてお笑いを継続してここ三十数年見てきて、その上でM1を見ていた者なら誰もが、ここはキンコンでもしょうがないな、と思った年であっただろう。実際俺はキンコンは好き嫌いで言えば好きではないが、それでも、今年は取らせてやってもいいな、と思っていた。だってそれだけ、彼らは超「本気」であったからだ。しかし彼らの凡庸ぶり(7位と惨敗)は尋常ではなかった。キンコンは去年サンドウィッチマンに優勝をさらわれて男泣きをし、その日からリベンジを誓ったという。西野はそのナルシストぶり(?)でネットではすっかり叩かれ男ぶりが板についてきている感があるが(笑)、今回は本当に、相当に本気でヘコんだことだろう。なぜって、本当に普通にキングコングの漫才であった、ただそれだけで、そうして負けたのだから。中田カウスが「うまいんだけど頭で漫才していてハートがついてってない」みたいなコメントをしたが、果たしてそうだろうか。ハートが空回りをして、彼ら本来の「うまさ」さえも封印したような気がするのだが。
いよいよ最終9組目が、敗者復活枠のオードリーだった。オードリーは勝ち上がってきた段階、登場した段階ですでに観衆をつかんでおり、春日のキモさとキャラが空回りすることなく、ネタのスピードも良くて笑わされた。審査員の松ちゃんが「春日そのもの」にハマっているのも、見ていてすごくよく解った。結局思わぬ結果となった。何とトップの得点を獲得し、最終決戦進出が決まる。このオードリーに点数で負けたNON STYLEとナイツの焦りは尋常ではなかったと思うし、見ていた誰もが去年のサンドの優勝の再現を頭に浮かべたと思う。
そして最終決戦に残った3組はナイツ、NON STYLE、オードリーの順で決戦を争うこととなった。オードリーは決勝の点数1位で選択権があったのだが、迷うことなく3番を選んでいる。
最終戦、ナイツは残念ながら、決勝ラウンドの芸風そのまま、むしろパワーダウンした印象を与えて終えた。決勝8組での、あの怒濤の言葉ボケがこっちで発揮されていたら…とも思ったのだが、どっちが先でも後でも、全く内容というか芸風に変わりなく、そのことが「何かを見たい」という期待を裏切った感を与えたと思う。自分がそうだった。
SMAPのメンバーの名が全員別人になる、しかもその選択が実におかしかったし、芸としては本当にうまいし超一流だと思う、だがそれが「まとまっちゃってる感」にもつながった。最終決戦では何を見せてくれるのか。決勝ラウンドから、変えてくるのか・変えてこないのか。ナイツは、「全く同じもの」を見せてきた。面白かったが、寄席で笑わされているような妙な安心感があった…というのはちょっと言い過ぎかな。ナイツはとにかく場数を踏み、芸を観客に見て貰うことで鍛えてきたコンビなだけに、どれだけの引き出しを持っているのかに過剰な期待があり、それがきっと相乗効果を産んで、彼らの戦い前からのある意味「過大(なまでの)評価」につながったのだと思う。いや、「過大評価」というのは彼らに大変な失礼ながら、とにかく、M1のあの舞台で、「2つのネタを続けてやる」ということを、もうちょっとちゃんと考えてやって欲しかったと思う。
次はNON STYLEだったが、ホラーネタというか病院での肝試し的な展開を笑いでどんどんつないでいくというネタであったが、とにかくこちらは見ていてやはり過剰なボケの連続が鼻についてしまい、そこでその都度醒めてしまい、笑えたものの「何だかなあ」感が残ってしまった。笑わされるたびに、あの過剰ボケ(自分へのツッコミ)で引き戻された。あれ、いっそいちいちやらない方が…いやいや、好みの問題かも知れないが。
決戦ラウンド最後は敗者復活のオードリー。ちょっと前、何かの番組で彼らのネタを見たが、ボケの春日のキャラが立ちすぎ、しかもネタが終わってもそのキャラが持続するので見ている方はどう対応していいかも解らず、空回り感が非常に目立っていた。なので、M1の決勝に残ったこと自体が意外ではあったものの、決勝では本当に面白いネタをテンポ良く展開していた。なのでこの3組による最終決戦で、どういうネタをやってくれるのか、M1特有のドキワク感というものを感じつつ、期待して見た。
最終決戦でのオードリーのネタは、ツッコミの若林が「街頭で選挙演説をしたい」というものに、若林が何か言うたびに春日が観客の声を代弁してツッコミを入れていく。それが、ドッキリ映像やよくある面白ビデオのように、早送りで聴衆が去ったり、瞬時にそれが戻って集まったりする…というのを「言葉で見せる」というもの。明らかに8組での決勝戦で見せたネタとは違う、つまり我々が(いや俺が?)まさしく「次は何を、どういう風に見せてくれるのか」をバッチリ体現して笑わせてくれた。オードリーは、変えてきたわけだ。なので、この段階でまずナイツは3位確定で、あとは審査員の判断つまり好き嫌いで優勝が決まるだろうと確信した。

そうして、結果的にはナイツ0、オードリー2、NON STYLE5という結果でNON STYLEの優勝が決まった…というわけだ。ちなみに、開票順は中田カウスがオードリー、大竹まこともオードリーで、見ている方は「オオッ!?」と思った後の、残り全員NON STYLEという結果だけを見れば「圧勝」ではあった。
しかし、オードリーが決勝と最終決戦で見せた「変化」に比べ、NON STYLEは完成されてはいるものの、あとは石田のあの過剰なボケの連続を「どう思うか」であり、それが「好き嫌い」を分けるのだと思う。俺はどうしても、あのボケがうまいとは思えず、笑える箇所も少なかった。申し訳ない。石田が優勝決定直後から滂沱の涙を流しつつ相方に「泣きすぎだろ」と突っ込まれた後、「俺の涙腺!」と例のスタイルで自己ツッコミを入れていたが、俺があれで笑えたのは唯一、そこだったなあ。好みの問題です。

ともあれ、NON STYLEは路上でのお笑いストリートライブを数多くこなし、熱狂的なファンも多く、そうして間違いなく地力もあるコンビだと思う、なので上沼恵美子が言うように、あとはネタではなくフリートークの腕を磨けば、いわゆる「売れっ子」芸人にすぐなれるだろう。

しかし笑い飯は…。頑張れよ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

広告
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
プロフィール

シラトリチカオ

Author:シラトリチカオ
白取千夏雄/編集者。1965年函館市宝来町生まれ。元青林堂「ガロ」副編集長、97年よりフリー編集者・ライター・Web構築・管理他なんでも屋と、専門学校・大学講師など。
2005年夏、白血病告知・余命宣告を受けるが「慢性リンパ性白血病」に近いタイプと判明、無治療・対処療法、2014年より抗癌剤治療、巨脾へ放射線など治療開始。2015年夏左上眼瞼にメルケル細胞癌発症、眼瞼切除、再建手術、16年にかけて放射線も耳下腺に転移、郭清術、放射線治療中に再発、左眼球ごと摘出・皮膚移植。転移再発治療中ながらまだ生涯一編集者として生息中。
二十余年の東京在住ののち、07年から京都在住。09年5月、愛妻=漫画家・やまだ紫を脳出血で失った。
やまだ紫クロニクル

シンプルアーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。